IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

当業者とは何か? 特許の進歩性の便宜的な考え方

   

当業者とは何か?

初学者が最初の頃に疑問に思うことですね。
当業者とは発明の属する技術の分野における通常の知識を有する者であり、進歩性は、当業者が従来技術に基づいて出願された発明を容易に発明することができたかどうかによって判断されます。

うーん、じゃあこの分野だとA先輩くらいかな。A先輩がこの発明をすることが出来るかどうかで進歩性の判断が出来るかな?
という考えでは、なかなか正解にたどり着きません。

 

今回は、私が昔の上司に教わった当業者の考え方を紹介します。
学術的には多分間違ってるけど、便宜的な考え方としては分かりやすいんじゃないかなと思います。

 

当業者と進歩性の便宜的な考え方

当業者は、知識はないけど組み合わせの天才の人のことです。

そんな無垢な当業者の前に、天からフラフラと引用文献1と引用文献2が降ってきます。その二つの文献を見て、いろいろ思いつく組み合わせの中から、本願発明を組み合わせることができるのであれば、進歩性が無いということになります。

組み合わせの際に技術常識が問題になるのであれば、また天から技術常識の証拠となる文献が降ってきます。

それが当業者であり、進歩性の考え方の大枠です。

そんな天から引用文献を降らせてくる神のような存在は誰か?
もちろん審査官です。

審査官は答え(=本願発明)を知っている状態です。当業者くんが本願発明にたどり着くように、引用文献を与えるのです。

そして当業者くんは、天啓として与えられた引用文献を基に、でも答えは知らない状態で、本願発明にたどり着くことができるかどうかが進歩性の問題です。

当然、材料(構成要件)が無い場合はたどり着くことができないし、組み合わせようと思うだけの動機付けが必要となります。

 

どうでしょう?あくまで便宜的な考え方としては分かりやすいんじゃないかと思います。
この大枠を前提としたうえで、組み合わせられるかどうかという点の判断が難しいので、それはこちらの進歩性について解説している動画をご参照ください。

今回と同じ内容の動画はこちら

 

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  関連記事

今年の振り返りと来年の展望 ~会社を退職して独立開業します!~

今年も「法務系 Advent Calendar」に参加させていただきました!法務 …

2年ぶりの特許フェアの哀愁

特許・情報フェア&コンファレンス行ってきました! 2020年の特許フェアはオンラ …

知財システム・サービス紹介シリーズ 第2回「株式会社IRD」

知財システム・サービスを紹介していくシリーズ、 第2回は「株式会社IRD」が提供 …

企業知財部と特許事務所の違い【知財人材・弁理士のキャリア】

知財人材・弁理士のキャリアとして、代表的なものが企業知財部と特許事務所の2つ。 …

基本特許とは何か。基本特許の例/リスト[弁理士の日記念]

本日7/1は、弁理士の日らしいです。弁理士だけど知らなかった。ということで、ドク …

g
Googleの新しい取り組み”Google Patent Starter Program”は、パテントトロールからスタートアップを守るのか

Googleは最近、パテントトロール対策のための団体「LOTネットワーク」を設立 …

特許を読みながらzoom飲みしよう会 告知&過去ログ

「特許を読みながらzoom飲みしよう会」というのを隔週で土曜の夜に開催しています …

無形資産ではなく、特許のことは特許と言おうぜ

アドベントカレンダーに空き枠があったので、たまにはとりとめのないことでも書いてみ …

平塚三好×IPFbiz ~東京理科大専門職大学院知財戦略専攻MIP~

対談シリーズ第14回目は、東京理科大学専門職大学院(MIP)知的財産戦略専攻、教 …

湯浅竜×IPFbiz ~知財教育と最強の知財マン~

対談シリーズ第13回目は、弁理士の湯浅竜さんです。前回の野崎さんからご紹介いただ …