IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

2021年の抱負

   

明けましておめでとうございます。

一年の計は元旦にあり!
ということで、毎年恒例、今年の目標です。

今年も、自宅中心の仕事生活スタイルは、しばらく続くと思います。そんな環境の中でも多くの人と関わって、積極的な仕事をしていきたい。

ということで、今年の目標は
「情報発信」
にしたいと思います。

ある意味原点回帰な目標で、独立前は情報発信に力を入れていました(そんなに意識はしてなかったけど)。
ブログは結構な高頻度で更新して、Twitterの呟き回数も多かった。ブログでは対談シリーズとかもやって、そういう活動で多くの方に知って頂いていたことも、独立後なんとかやっていけた要因だったと思ってます。

ただ、独立後は、事業を成長させる方に目標を切り替えていきました。もちろんセミナーやイベントに呼んで頂ける機会は増えたけど、日々のラフな情報発信は激減したと思います。

一応言い訳すると、情報発信の気持ち的なハードルって、色んなものが積み重なるほど上がっていくと思うんですよ。あんまり変なこと書けないし、馬鹿だと思われたくないと。
今年はその気持ち的ハードルを意識的にぐぐっと下げて、積極的な情報発信をしていこうと思います。多少変な事書くかもしれないですが、そういう事情だと思って許してください。

 

具体的には、まずTweetの回数を少し増やします。Twitterは11年以上やってるんですが、総Tweet回数2100件って少ないですよね。倍のペースにします。
ブログも出来るだけ毎月の更新を目指します。
少し先だけど、知財のアドベントカレンダーも参加することを先に宣言しておきます。そういえば知財のアドベントカレンダーが出来る前に、法務アドベントカレンダーに知財枠で飛び込んだのが私です。
知財系LTにもできるだけ参戦します。LTも、大坪さんが企画した第1回知財LTに参加したし、なんならそのきっかけになった法務系LTにも知財枠で参加してましたが、最近はめっきりでした。
あと、YouTubeも何かしら始めようと思います。

YouTubeというと、ビジネス系の活用が増えていることは分かっているけど、一部のアグレッシブな人のみが使っているイメージでした。なので、弁護士YouTuberとか弁理士YouTuberとか、いわゆる「ユーチューバー」になるかならないか、みたいな。
ただ実際はもっと敷居が下がっていて、ブログとかnoteとかTwitterと同じ、専門家人材としての情報発信の場(プラットフォーム)の一つと捉えるべきなんだろうなと思ってきてます。日々の呟きはTwitterで、まとまった文字はブログやnoteで、そして動画や配信はYouTubeで、という感じ。

ということで、今年の早いタイミングで、とりあえずYouTube始めてみようと思います。たぶん、最初は知財系ニュース解説とかを配信メインでやると思います。先ほど書いた通り、ハードルはぐっと下げて始めるのでご容赦ください。

よーし、今年は発信していくぞー。

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

invention
職務発明規定 無条件と無対価は違います

職務発明について、特許を「無条件」で「会社のもの」とする、という内容の記事が出て …

no image
独占性と排他性:独占排他権の誤解

特許権は、「独占排他的な権利」であると言われます。 独占的であり、かつ排他的であ …

3i研究会 中間報告

今日は、野崎さんのご招待で、3i研究会の中間報告会に参加してきました。3i研究会 …

IT・ソフトウェア分野、ビジネスモデル特許、UI特許の取得例の紹介

以前にもちょいちょい紹介していますが、最近特に、IT分野の特許出願件数が伸びてい …

【求人】弁理士・特許技術者の募集

1月から正式に安高特許会計事務所を開業しました。見込み客など無い状態で独立を決め …

基本特許とは何か。基本特許の例/リスト[弁理士の日記念]

本日7/1は、弁理士の日らしいです。弁理士だけど知らなかった。ということで、ドク …

攻殻機動隊×知財 【セミナー紹介】

面白そうなセミナーの紹介です。皆さん、攻殻機動隊 REALIZE PROJECT …

JPlatpat2
無料の特許検索サービス 特許電子図書館(IPDL)⇒特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)

国が提供する無料の特許検索サービスとして、「特許情報プラットフォーム」が平成27 …

グリー対Supercell特許訴訟の解説と、明細書・クレームの書き方の注意点

グリー対Supercellの「クラクラ」特許訴訟について、原告である特許権者グリ …

法制度改正と特許出願(技術書典)

技術書典(エンジニアのコミケ)に、技術と法律チームで出展して、薄い本を出します。 …