IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

2021年の抱負

   

明けましておめでとうございます。

一年の計は元旦にあり!
ということで、毎年恒例、今年の目標です。

今年も、自宅中心の仕事生活スタイルは、しばらく続くと思います。そんな環境の中でも多くの人と関わって、積極的な仕事をしていきたい。

ということで、今年の目標は
「情報発信」
にしたいと思います。

ある意味原点回帰な目標で、独立前は情報発信に力を入れていました(そんなに意識はしてなかったけど)。
ブログは結構な高頻度で更新して、Twitterの呟き回数も多かった。ブログでは対談シリーズとかもやって、そういう活動で多くの方に知って頂いていたことも、独立後なんとかやっていけた要因だったと思ってます。

ただ、独立後は、事業を成長させる方に目標を切り替えていきました。もちろんセミナーやイベントに呼んで頂ける機会は増えたけど、日々のラフな情報発信は激減したと思います。

一応言い訳すると、情報発信の気持ち的なハードルって、色んなものが積み重なるほど上がっていくと思うんですよ。あんまり変なこと書けないし、馬鹿だと思われたくないと。
今年はその気持ち的ハードルを意識的にぐぐっと下げて、積極的な情報発信をしていこうと思います。多少変な事書くかもしれないですが、そういう事情だと思って許してください。

 

具体的には、まずTweetの回数を少し増やします。Twitterは11年以上やってるんですが、総Tweet回数2100件って少ないですよね。倍のペースにします。
ブログも出来るだけ毎月の更新を目指します。
少し先だけど、知財のアドベントカレンダーも参加することを先に宣言しておきます。そういえば知財のアドベントカレンダーが出来る前に、法務アドベントカレンダーに知財枠で飛び込んだのが私です。
知財系LTにもできるだけ参戦します。LTも、大坪さんが企画した第1回知財LTに参加したし、なんならそのきっかけになった法務系LTにも知財枠で参加してましたが、最近はめっきりでした。
あと、YouTubeも何かしら始めようと思います。

YouTubeというと、ビジネス系の活用が増えていることは分かっているけど、一部のアグレッシブな人のみが使っているイメージでした。なので、弁護士YouTuberとか弁理士YouTuberとか、いわゆる「ユーチューバー」になるかならないか、みたいな。
ただ実際はもっと敷居が下がっていて、ブログとかnoteとかTwitterと同じ、専門家人材としての情報発信の場(プラットフォーム)の一つと捉えるべきなんだろうなと思ってきてます。日々の呟きはTwitterで、まとまった文字はブログやnoteで、そして動画や配信はYouTubeで、という感じ。

ということで、今年の早いタイミングで、とりあえずYouTube始めてみようと思います。たぶん、最初は知財系ニュース解説とかを配信メインでやると思います。先ほど書いた通り、ハードルはぐっと下げて始めるのでご容赦ください。

よーし、今年は発信していくぞー。

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

知財立国研究会第3回シンポジウム ~元特許庁長官 VS 元知財高裁所長で、特許庁と知財高裁の10年を回顧する~

シンポジウムの紹介です。私も入会させて頂いている知財立国研究会にて、「打ってでる …

中国、知財訴訟の損害賠償額を増額へ

先日の記事でも書いたように、知的財産戦略本部にて「知財紛争処理システムの活性化」 …

書類
請求項数の多い特許ランキング

特許の小ネタです。 時々、請求項の数が非常に多い特許に出くわします。読むのが大変 …

インターデジタルとサムスンの特許ライセンス契約 パテントトロール対策

気になったニュースを2つ。1つは、パテントトロール対策の新しいツールを紹介してい …

特許査定率上昇の原因

  興味深いレポートが、特許庁から出ています。   我が国に …

パテントトロール対策団体の比較 ~LOTネットワーク設立~

グーグル、キヤノン、SAPなどにより、 特許連合「LOTネットワーク」が設立され …

invention
プロダクト・バイ・プロセスクレームの憂鬱 最高裁判決解説

プロダクト・バイ・プロセスクレームの最高裁判決が出ました。製法が異なれば特許侵害 …

知的財産推進計画2015
「知的財産推進計画2015」の骨子案について

日経新聞から、「知的財産推進計画2015」の骨子案について報道されていましたので …

mirai
特許無償開放 トヨタ自動車とテスラの違い

年明け早々からビッグな知財ニュースです。 トヨタ自動車が、燃料電池自動車に関する …

アップル対サムスン特許訴訟 知財高裁大合議事件

日本における、アップルとサムスンの特許訴訟、注目されていた知財高裁の判決・決定が …