IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

2021年の抱負

   

明けましておめでとうございます。

一年の計は元旦にあり!
ということで、毎年恒例、今年の目標です。

今年も、自宅中心の仕事生活スタイルは、しばらく続くと思います。そんな環境の中でも多くの人と関わって、積極的な仕事をしていきたい。

ということで、今年の目標は
「情報発信」
にしたいと思います。

ある意味原点回帰な目標で、独立前は情報発信に力を入れていました(そんなに意識はしてなかったけど)。
ブログは結構な高頻度で更新して、Twitterの呟き回数も多かった。ブログでは対談シリーズとかもやって、そういう活動で多くの方に知って頂いていたことも、独立後なんとかやっていけた要因だったと思ってます。

ただ、独立後は、事業を成長させる方に目標を切り替えていきました。もちろんセミナーやイベントに呼んで頂ける機会は増えたけど、日々のラフな情報発信は激減したと思います。

一応言い訳すると、情報発信の気持ち的なハードルって、色んなものが積み重なるほど上がっていくと思うんですよ。あんまり変なこと書けないし、馬鹿だと思われたくないと。
今年はその気持ち的ハードルを意識的にぐぐっと下げて、積極的な情報発信をしていこうと思います。多少変な事書くかもしれないですが、そういう事情だと思って許してください。

 

具体的には、まずTweetの回数を少し増やします。Twitterは11年以上やってるんですが、総Tweet回数2100件って少ないですよね。倍のペースにします。
ブログも出来るだけ毎月の更新を目指します。
少し先だけど、知財のアドベントカレンダーも参加することを先に宣言しておきます。そういえば知財のアドベントカレンダーが出来る前に、法務アドベントカレンダーに知財枠で飛び込んだのが私です。
知財系LTにもできるだけ参戦します。LTも、大坪さんが企画した第1回知財LTに参加したし、なんならそのきっかけになった法務系LTにも知財枠で参加してましたが、最近はめっきりでした。
あと、YouTubeも何かしら始めようと思います。

YouTubeというと、ビジネス系の活用が増えていることは分かっているけど、一部のアグレッシブな人のみが使っているイメージでした。なので、弁護士YouTuberとか弁理士YouTuberとか、いわゆる「ユーチューバー」になるかならないか、みたいな。
ただ実際はもっと敷居が下がっていて、ブログとかnoteとかTwitterと同じ、専門家人材としての情報発信の場(プラットフォーム)の一つと捉えるべきなんだろうなと思ってきてます。日々の呟きはTwitterで、まとまった文字はブログやnoteで、そして動画や配信はYouTubeで、という感じ。

ということで、今年の早いタイミングで、とりあえずYouTube始めてみようと思います。たぶん、最初は知財系ニュース解説とかを配信メインでやると思います。先ほど書いた通り、ハードルはぐっと下げて始めるのでご容赦ください。

よーし、今年は発信していくぞー。

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  関連記事

知財システム・サービス紹介シリーズ 第3回「特許ストーリー」

知財システム・サービスを紹介していくシリーズ、 第3回は、アイビーリサーチ株式会 …

湯浅竜×IPFbiz ~知財教育と最強の知財マン~

対談シリーズ第13回目は、弁理士の湯浅竜さんです。前回の野崎さんからご紹介いただ …

サーチャー酒井美里×IPFbiz ~特許調査のプロフェッショナル~

対談シリーズ第10回は、スマートワークス(株)代表でスーパーサーチャーの酒井美里 …

当業者とは何か? 特許の進歩性の便宜的な考え方

当業者とは何か? 初学者が最初の頃に疑問に思うことですね。 当業者とは発明の属す …

2年ぶりの特許フェアの哀愁

特許・情報フェア&コンファレンス行ってきました! 2020年の特許フェアはオンラ …

齋藤憲彦 × IPFbiz ~Appleに特許で勝った個人発明家~ (後編)訴訟裏話と知財司法の課題

前編からの続きです。アップルとのコンタクトから訴訟へきっかけは母親の発明?安高: …

特許のスコアリング・指標 ~特許の質評価・分析~

特許の評価(価値評価)と言う時、大きくは定性評価と定量評価に分かれ、定量評価の中 …

g
Googleの新しい取り組み”Google Patent Starter Program”は、パテントトロールからスタートアップを守るのか

Googleは最近、パテントトロール対策のための団体「LOTネットワーク」を設立 …

知財立国研究会第3回シンポジウム ~元特許庁長官 VS 元知財高裁所長で、特許庁と知財高裁の10年を回顧する~

シンポジウムの紹介です。私も入会させて頂いている知財立国研究会にて、「打ってでる …

企業知財部と特許事務所の違い【知財人材・弁理士のキャリア】

知財人材・弁理士のキャリアとして、代表的なものが企業知財部と特許事務所の2つ。 …