IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

企業知財部と特許事務所の違い【知財人材・弁理士のキャリア】

   

知財人材・弁理士のキャリアとして、代表的なものが企業知財部と特許事務所の2つ。
この2つの就職先について、どちらがいいのか比較して検討されることが多いと思います。

知財業界を15年ほど転々とし、企業知財も特許事務所も経験した立場から、それぞれの良いところをまとめてみようと思います。
(相対的な良いところなので、悪いところはその裏返しってことで省略します)

 

企業知財部の良いところ

ビジネススキル全般が身につく

一般的なビジネススキル全般を学ぶ機会が多く、汎用的なビジネス力が身につきやすいです。
新卒でこの2つの選択肢で悩んでいる場合に、他に強い理由がなければ企業知財部を選んだ方が無難な理由にもなります。

もちろん特許事務所でもビジネススキルは身につきますが、なんというか、社内調整みたいなサラリーマン力的なものとか、ちょっとした機微は違いが出るような気がします。

 

知財業務全体の流れが把握できる

これは結構大きい違いですね。特許事務所だと、どうしても全体の流れから一部を切り離して業務発注ということになりがちなので。

もちろん組織にもよって、スタートアップへの知財コンサルをしているような事務所ならまだカバーできる部分もありますが、
それでも企業知財じゃないと経験しにくい業務はあり、事業と知財との絡み、知財業務全体を把握できているかどうかは、能力・知見としても差が出る部分だと思います。

 

係争、渉外など企業知財でないとできない業務

上とも近い話ですが、やはり企業知財でないと経験のしにくい知財業務というのがあります。

 

中に入り込める

上手く言語化できないんですが、特許事務所やコンサルのように外から支援するのとは違って、プレイヤーの中に入り込むことで見えてきたり経験できたりするものがあるような気がしてます。

 

他部門との連携、異動の可能性

他部門との連携も業務上あるし、なにより他部門に異動する可能性がある。
これを良いところと捉えるか悪いところと捉えるかは人次第かもしれませんが、まだ若くて色んな可能性を残したい場合はメリットだと思います。

 

安定と平和

これももちろん組織次第ですが、僕の観測範囲においては経営の安定性、処遇の安定性は企業の方が高いのと、
なんというか、働いている感じとして平和でまったりした雰囲気が企業知財の方があります。

 

特許事務所の良いところ

仕事の業績と評価が明確

企業知財部はコストセンターであるのに対して(色々意見はあると思いますが)、
特許事務所の弁理士・特許技術者はプロフィットセンターです。

これが結構大きくて両者の性質の根本的な違いになります。

特許事務所の仕事の業績は売上という分かりやすい形で結実して、それでもって評価がされるので、とても分かりやすい。
今年のあなたの売り上げはいくらですね、なので年俸はいくらになります、と。

企業知財部だと仕事の実績も評価も、どうしても分かりにくいところがあるので、立ち回りやプレゼンが求められたりします。

 

頑張れば稼げる

上と関係してくるのですが、業績と評価が明確なので、能力があって頑張れば、頑張った分だけ収入が増えます。

 

自由

これは組織にもよるところが大きいでしょうが、私の観測範囲だと、特許事務所の方が働き方や時間の使い方が自由な点が多いです。

業績と評価が分かりやすいので、実績さえ出してくれたら働き方はある程度任せるという点があるんだと思います。

 

具体業務のスキルが身につく

企業知財だとビジネススキル全般や知財業務全体の流れが分かるという点との対比として、特許事務所だと明細書作成等の具体業務のスキルが身につきます。

これがあると、高齢になってからも潰しがききやすいような気はします。

 

様々な技術分野や企業と関われる

これも、企業知財だと一つの会社・事業と深く関われる点との対比ですね。好みだと思います。

 

独立の可能性

いつか弁理士として独立したい場合は、特許事務所(特に小~中規模)で経験積んだ方が必要な知見が得られやすいと思います。

と言っても、企業知財だと今は副業やりやすかったり、違う形での独立もあり得るので、そんなに大きいポイントではもはやないかも。

 

以上のように、それぞれに良いところがあるので、自分の性格に合うほうを選んでください。若いうちはどちらからでも転職可能だと思います。

 

最後に、IPTech特許業務法人、求人中です。
今期は未経験枠も募集しているので、興味ある人はぜひご連絡ください!

 

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

2019年の振り返り

今年も残りあと僅かですね。皆さんにとって2019年はどうだったでしょうか? 私は …

idea
発明の要旨と技術的範囲認定のダブルスタンダード リパーゼ判決と特許法70条2項の関係

特許発明は、特許請求の範囲の記載によって定められるものです(36条)。しかし、そ …

no image
パテントトロールの実態調査レポート

AIA (America Invents Act)の指令で作成された、米国におけ …

プロダクト・バイ・プロセス・クレーム 明確性要件に関する審査基準と今後の審査の進め方・判断

プロダクト・バイ・プロセス・クレーム(PBPクレーム)の最高裁判決が出て、知財業 …

今年の振り返りと来年の展望 ~会社を退職して独立開業します!~

今年も「法務系 Advent Calendar」に参加させていただきました!法務 …

パテントトロール
RPXによるパテントトロール保険

  RPXとは RPXは以前にも紹介しましたが、最大規模のパテントトロール対策企 …

特許検索
中国韓国特許を無料で日本語調査する方法 ~中韓文献翻訳・検索システム~

IPDLからJ-PlatPatへとサービスが移転するなど、特許庁の情報基盤強化が …

特許権の上に眠る
特許はイノベーションの指標となるか? イノベーション企業ランキング

少し前に、世界の革新企業トップ100に、日本企業が多く選ばれ、米国を抜いて日本が …

”若者×知財” 「TOKYO IP COLLECTION 2015」の開催

日本の特許制度(専売特許条例)の制定130周年を記念して、特許庁主催のイベントが …

知財システム・サービス紹介シリーズ 第1回「パテント・インテグレーション」

知財システム・サービスを紹介していくシリーズを始めました。 第1回は特許検索・分 …