IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

おすすめの知財系配信アーカイブ

   

昨年から始めたYouTubeですが、だんだんと自分のスタイルが出来てきました。

毎週レギュラーの今週の知財ニュース配信と、月1くらいのペースの企画系配信、時々思い付きの単発解説動画といった形です。

特に企画系配信は、他のチャンネルとの差別化も意識しながら、スタイルの確立が出来てきたような気がしています。

 

やりたいのは、「セミナーも良かったけど、そのあとの二次会で喋った内容の方が勉強になったよね」の二次会部分の再現。

そのために、
・ゲストは複数名
・事前準備不要、プレゼン資料無し
・トークテーマだけ決めて、あとは雑談で盛り上がる
というスタイルになりました。

当然、ゲストとトークテーマの設定が重要になるのですが、これまでは自分がこんなメンバーでこのテーマ喋ってるの聞いてみたい、という欲求で決めていて、割と面白い内容が出来ているかと思います。

これまでの個人的にお勧めな企画系配信を紹介します。

 

1位

個人的に一番有益な内容に仕上がったかなと思うのが、こちら、
スタートアップに注力している各士業を集めた座談会配信
です。

スタートアップ支援とかスタートアップ注力と言っても、各士業の領域ごとに微妙に温度感とか活動内容とかが違うんじゃないかなという仮説のもと、スタートアップに注力しておられる非常に豪華な各士業にゲストとして来てもらいました。

予想以上に各士業領域で違いがあって、
弁護士はスタートアップ法務(旧ベンチャー法務)として10年以上の歴史がある業界で、成熟している分、色んな意見がある、
司法書士は大企業よりむしろスタートアップの方が1社あたりの売上が高くなるという点が、そもそも他業界と異なる、
社労士は、比較的最近スタートアップに注力している事務所が出てきているという点で、弁理士にちょっと似ているかも、
公認会計士・税理士は、IPO支援という点はおそらく一番古くから馴染みがあるけど、意外と会計事務所という点でスタートアップ特化が少ない、
みたいな感じでした。

また、知財業界ではよくあるような論点(対価をSOでもらうべきかとか)が他業界ではピンとこなかったりとか、とにかく新しい発見があって面白い配信でした。

 

2位

個人的に一番楽しかったのが、知財×会計の専門家3人で、知財金融とか語ろう。です。

他の配信ではファシリテータ役に努めていますが、この配信では私も含めて3人で雑談。ニッチなポジションのニッチなテーマだからこそ、盛り上がって楽しかったです(自分だけかも。。)

知財×会計は、ときどき話題になるテーマですが、変な取り上げられ方をしていることが多いような気がするので、その分ちょっと毒舌になってしまっている回かもしれません。

ただ、私はともかくお二人は本当に知財と会計両方の専門家なので、このテーマについて何か検討するときにはぜひこの配信での温度感も見てもらえればと思います。

 

3位

こちらも非常に有益な配信内容になったと思います。
知財出身のVC/アクセラでスタートアップ知財を語ろう

ゲストがとにかく豪華で、知財出身のVC/アクセラって多分この人たちしか居なかったと思うので、彼らの考えや価値観を腹落ちするまで聞けたのは良かったです。

また、想定外でしたが、技術分野による特許の重要性の違いというのも改めて感じました。
出資判断の時の特許の評価というトークテーマで、IT系だとむしろ経営者の人物評価の一つというのに対し、バイオ系だと特許が無いとスタートラインに立っていないという違い。

その他おすすめ

CIPOとかスタートアップ知財とかの雑談配信 with 谷口さん中畑さん

前回はまだちょっと固かった気もするので、また同じメンバーでやりたい。

地方で活躍する弁理士と話そう

地方開業のポイントなど、面白かったし勉強になりました。

最近の知財系YouTube事情を語ろう

これもまたやりたい。

 

GitHubの使い方を勉強しよう ~モデル契約書のパブコメ~

LINEふるふる特許事件 判決文読み合わせ勉強会

IBMが楽天を訴えた特許4件を読む オープン勉強会配信

知的財産推進計画2021を読もう!

冒頭で言った企画系配信とは若干趣旨が違うのですが、オープン勉強会配信も楽しいんですよね。最近やってないのでまた何かやります。

 

今後

今後予定している2つの配信も紹介させてください。

このミス大賞記念 知財系クリエイターで知財テーマ作品と知財普及について語ろう

特許庁や弁理士会が、知財の広報活動として面白い動画を出したりしていますが、一番の広報活動は知財をテーマにした作品が売れることなんじゃないかなと思っています。

そういう意味で、このゲストの方々の活動って超重要で、知財テーマ作品を作ることと知財普及というのをテーマに、お話を聞いてみたいと思っています。

 

特許明細書作成のマニアックな論点を実務家でとことん議論しよう

非常にマニアックでストイックなテーマです。

明細書の作成って、皆さん一家言持たれていて、その議論って面白んですが、あんまりオープンな場では議論されないですよね。

それを、オープンな配信でとことん議論するのって、絶対面白いし勉強になると思います。あえてゲストの専門技術分野はばらけさせてみました。

 

こんな配信を今後も企画していくので、テーマのリクエストあったらぜひコメントください。

 

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

idea
発明の要旨と技術的範囲認定のダブルスタンダード リパーゼ判決と特許法70条2項の関係

特許発明は、特許請求の範囲の記載によって定められるものです(36条)。しかし、そ …

2018年の振り返りと、2019年の抱負

一年の計は元旦にあり!私の好きな言葉です。昨年の振り返りと今年の目標を、しっかり …

no image
独占性と排他性:独占排他権の誤解

特許権は、「独占排他的な権利」であると言われます。 独占的であり、かつ排他的であ …

no image
知財黒字が1兆円超え!その実体は?

貿易赤字が続いている中、「知財収支」の黒字額が2013年度に初めて1兆円を超える …

特許公報への直リンクと、特許公報の著作権

例えば、Googleがこんな特許を取りましたよー、とTwitterでつぶやきたい …

invention
職務発明規定 無条件と無対価は違います

職務発明について、特許を「無条件」で「会社のもの」とする、という内容の記事が出て …

知的財産推進計画2015
「知的財産推進計画2015」の骨子案について

日経新聞から、「知的財産推進計画2015」の骨子案について報道されていましたので …

特許の誤解 (上級編)

初級編に続いて、よく聞く特許の誤解の上級編です。   他社の拒絶された …

IT・ソフトウェア分野、ビジネスモデル特許、UI特許の取得例の紹介

以前にもちょいちょい紹介していますが、最近特に、IT分野の特許出願件数が伸びてい …

no image
特許査定後コピー分割のすすめ

特許査定が出たあと、登録料を納付して権利を登録させる前に、分割出願をしておいた方 …