IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

弁理士会 ベンチャー支援部会

   

弁理士会の関東会に「中小企業・ベンチャー支援委員会」というのがあるのですが、その中の「ベンチャー支援部会」の部会長を今年度からやらせて頂くことになりました。

最近は、特許庁が本気出してスタートアップ支援を打ち出したこともあり、知財×スタートアップは今やホットトピックになっています。この流れを絶やさぬように、(あんまり柄ではないのですが)弁理士会として、この動きの受け皿となるような集まりにできたらいいなと考えています。

 

委員会全体としては、弁理士会が比較的これまで得意としてきた中小企業と、ベンチャー企業との両方をスコープとしたものなので、
「ベンチャー支援部会」では、特にベンチャー・スタートアップ企業に特化した活動となります。

具体的には、弁理士のベンチャー支援に関する検討と対内外両方への情報発信ということで、
対外的な活動として、ベンチャー界隈(VB経営者やVC/インキュベータ等)への知財に関する情報発信、
対内的な活動として、弁理士へのベンチャー関連情報や注意点に関する情報発信、
というイメージです。

前者としては、ベンチャー関係者向けのセミナー等のイベントや、弁理士会HPのコンテンツ追加。
そのために、有識者やVB経営者・VCさんへのヒアリングをしたりとか。特許庁のベンチャー支援班ともしっかり連携していきたいです。

後者としては、スタートアップに興味ある弁理士向けの研修という事で、そのコンテンツ作りのために、内部で、人呼んだりもしながらの勉強会みたいな感じです。

具体的な活動内容は、次回以降の委員会で議論していく予定です。

冒頭にも書いたのですが、特許庁の最近の頑張りもあって、スタートアップ×知財は最近のホットトピックになりつつあります。ただ、その動きに弁理士会として(あるいは弁理士全体として)は乗り切れてないような感覚を持っています。

スタートアップが知財専門家に出会えないとか、いい専門家の見つけ方が分からないとか、いい専門家人材が足りないとか、そういう声もあるみたいなので、
一部の弁理士だけじゃなく、興味ある弁理士が広く関わっていけるような土台ができて、スタートアップ絡みでの知財業界がもっと盛り上がっていけたらいいなと思います。

・・・なんかめっちゃ綺麗ごと言ってますが、会としてはそういうビジョンということで、実際は楽しく活動できたらいいなーと思ってます。

 - スタートアップ, 弁理士

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

今年の目標 2017年 、そして開業一周年

あけましておめでとうございます。今年も皆さまにとって良い年になりますように。さて …

弁理士試験合格者推移
弁理士試験最終合格発表 合格者数は385人と半減

弁理士試験の最終合格発表がありました。 合格された方は本当におめでとうございます …

弁理士会と公認会計士協会の連携

今年度から、日本弁理士会の委員会に、「公認会計士連携委員会」が設立されています。 …

勉強
弁理士試験勉強を始めるのに必要な教材と勉強法

弁理士試験では、知財法の体系的な知識と試験のノウハウが求められるため、市販の書籍 …

海外特許出願の判断時期とフロー(スタートアップ向け超入門)

※この記事は、特許に詳しくない人向けの、超入門解説記事です。伝わりやすさ優先で、 …

キャリアアップ
弁理士の新しいキャリア

弁理士のキャリアの広がりについてと、新しい道を切り開く友人の応援。 弁理士 職業 …

資格スクエア鬼頭政人×IPFbiz ~ベンチャー起業、勉強のコツ~

対談シリーズ第17回目は、資格スクエアを運営している株式会社サイトビジット代表の …

今年の事業計画と目標

あけましておめでとうございます。今年も皆さまにとって良い年になりますように。さて …

弁理士試験合格体験記 1年合格に向けて、ゼミの活用

先日の記事では公認会計士試験の合格体験記をアップしましたが、同じように、弁理士試 …

特許業務法人のメリット・デメリット

ブログを休憩していた間、様々な変化がありましたが、一番大きいのは、特許事務所を法 …