IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

シリーズものの商標は、全部商標取得すべき?

   

主要なブランドを一つ決めた後に、それに言葉を付加してシリーズものとして展開していくブランディングがあります。

例えば、
・Google Adwords、Google Chrome、Google play、Google GLASS
・Yahoo!ニュース、Yahoo!ショッピング、Yahoo!ウィジェット、
・MoneyForwardクラウド会計、MoneyForward請求書、MoneyForwardクラウド給与
・iPhone6、iPhone6Plus、iPhone6s、iPhone6sPlus、iPhoneSE
・俺のイタリアン、俺のフレンチ

のように、「ブランド名〇〇」という形ですね。この〇〇が変わる度に商標を取得すべきかどうか?

 

前提知識

まず基本的な前提知識として、商標権は、登録商標に「類似」する範囲に権利が及びます。

したがって、ブランド名がある程度特徴的な場合には、それに○○を付加したものも類似範囲に入ることが多いでしょう。

ただし、微妙にブランド名の部分や○○の部分を変えていったときに、どこまで類似と言えるかという類似の範囲を考えたときには、「ブランド名」だけでなく「ブランド名〇〇」の商標権も有していたほうが、権利行使ができる範囲が少し広くなることもあるでしょう。

具体的には、実際に使おうとしている「ブランド名〇〇」に権利が及ぶか、〇〇の部分を少し変えられた「ブランド名〇’〇’」に権利が及ぶか、ブランド名の部分を少し変えられた「ブランド名’〇〇」に権利が及ぶか、は、必要な類似の範囲が微妙に変わってくるということですね。

 

考え方

じゃあ実際はどう考えたらいいかというと、

・まず、「ブランド名」の部分が特徴的であれば、シリーズものは不要な方向に働く

全体で見たときに共通するブランド名の部分の識別力が強ければ、全体として類似と判断される可能性が高いからです。
MoneyForwardくらい長くて造語なら識別力強いですね。逆に「俺の」とかはかなり弱いと言っていいでしょう。

・「〇〇」の部分が特徴的であれば、シリーズものが必要な方向に働く

ブランド名の部分が共通しているとしても、〇〇の部分の識別力の方が強ければ、全体として非類似と判断されるケースが多くなる可能性があります。

またそれ以上に、「〇〇」単体で他社が商標登録する可能性があり、それを防ぐためという意味合いも強いです。

あとは、
・その「ブランド名○○」がサービスとしてすごく重要で、お金があるなら出してもいい
というのも考え方としてあるでしょう。

 

実際の登録例

上にあげた例でいうと、
Googleのシリーズものは、日本でもほとんどが出願されています。
一方でYahooのシリーズものは出願されていないもののほうが多いです(これは当時の米国Yahoo,incとの関係もあったと思いますが)。

MoneyForwardはシリーズものは出していないです。

iPhoneもシリーズとしては出していないです。(これもアイホン株式会社との関係もあると思うけど、でも普通に考えても不要でしょう。)

「俺の」シリーズは、色んな人が出していますね。これは俺のの識別力が弱いが故です。

 

まとめ

ということで、ざっくりまとめると、
「ブランド名」の部分がしっかり特徴的で、「〇〇」の部分がそんなに特徴的でないなら、シリーズものの商標は出さなくてもいい。
そうじゃないケースや、凄く重要なサービスでお金があるなら、出したほうが手厚いよね。
ということです。

 - 未分類

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

Google Patents(グーグルパテント)の使い方

Googleの提供する特許検索サービス「Google Patents」が、日本を …

知財FAQの目次ページ

知財のよくある質問に対して、こちら見てください!とリンクで返せるようなコンテンツ …

書き方テンプレート

  見出し1 見出し2 見出し3 見出し4 見出し5   a …

ドワンゴ vs FC2 海外サーバ、域外適用 情報まとめ

ドワンゴ vs FC2の、海外サーバに対する日本特許権の域外適用を真っ向から争っ …

LINK

相互LINKやお役立ちLINKです。徐々に整理して増やしていきます。相互リンクは …