IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

STAP細胞、特許審査へ 登録の可能性は

   

STAP細胞の特許出願、いずれ取り下げられるか、少なくとも国内移行はされないだろうというのが、これまで聞いていた情報でしたが、どうやら国内移行は進めたようですね。

以前に取り下げるらしいと聞いたときは、ちょっともったいないなと思っていたので、存在の真偽はさておき、STAP細胞的なものの存在が否定出来ない現状では、合理的な判断だと個人的には思います。
とは言え、世論は厳しく、過ちを認めないのかという指摘も出てくるでしょう。

論文が不適切だったことと、STAP細胞が再現できるかどうかと、本件特許出願に価値があるかどうか/登録可能性があるかは、それぞれ別のことです。
過去の過ちは認めて反省しながら、再現の可能性はしっかりと検討しつつ、特許についてはぎりぎりまで粘ってみるというのが、きっと合理的な行動ですよね。

報道によると、共同出願人だった東京女子医大は、国内移行手続きには加わらなかったとされています。
批判をおそれた、ある意味冷静な判断ですが、どちらが正解だったか分かるのは、もう少し先のことになりそうですね。

 

STAP細胞特許、登録の可能性は?

以前にも、STAP細胞の特許が審査されるとしたら、という記事を書きましたが、実際に日本にも国内移行されて特許審査をするとなれば、審査に当たった審査官にとっては、たまったものじゃないでしょうね。
理研でもまだ「存在否定できぬ」と判断が出来ていないものを、どのように判断して審査すればよいのか。

以前にも書きましたが、
本来的には、①未完成発明(29条柱書)として切るかを判断すべきですが、それは非常に難しいため、実体的な判断を避けて形式的に拒絶するために、
②実施可能要件(36条4項1号)、③サポート要件(36条6項1号)の合わせ打ちで様子を見てみる、ということになるのではと予想します。

STAP細胞が本当に存在するのか、発明として完成しているのか、という観点ではなく、
少なくとも、明細書に記載の方法で当業者が実施することができない、記載が不十分だ、という観点ですね。

 

周りの注目を浴びる、責任のある仕事となりますが、FA期間が短縮している今こそ、他国に先駆けて参考となる審査結果を出して、日本特許庁のプレゼンスを発揮してほしいと思います。

正直、拒絶される可能性のほうが高いだろうとは思いますが、理研の一応粘ってみる姿勢は、私は好意的に見ています。

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

書類
請求項数の多い特許ランキング

特許の小ネタです。 時々、請求項の数が非常に多い特許に出くわします。読むのが大変 …

グリー対Supercell特許訴訟の解説と、明細書・クレームの書き方の注意点

グリー対Supercellの「クラクラ」特許訴訟について、原告である特許権者グリ …

mirai
特許無償開放 トヨタ自動車とテスラの違い

年明け早々からビッグな知財ニュースです。 トヨタ自動車が、燃料電池自動車に関する …

カプコン対コーエー
カプコン対コーエーテクモ 戦国無双シリーズ特許訴訟 特許の内容

ゲームソフト「戦国無双」シリーズのシステムが特許を侵害しているとして、カプコンが …

3i研究会 中間報告

今日は、野崎さんのご招待で、3i研究会の中間報告会に参加してきました。3i研究会 …

特許のスコアリング・指標 ~特許の質評価・分析~

特許の評価(価値評価)と言う時、大きくは定性評価と定量評価に分かれ、定量評価の中 …

2018年の振り返りと、2019年の抱負

一年の計は元旦にあり!私の好きな言葉です。昨年の振り返りと今年の目標を、しっかり …

no image
ニュージーランド、ソフトウェアに対する特許権付与を禁止へ

ニュージーランド、ソフトウェアに対する特許権付与を禁止へ 最近、特にIT分野で特 …

2019年の振り返り

今年も残りあと僅かですね。皆さんにとって2019年はどうだったでしょうか? 私は …

ipfbiz300
勉強会の紹介 ~ドイツ特許制度の変革と産業競争力の関係 インダストリー4.0、IoT、オープン・クローズ戦略~

面白そうな勉強会があったので紹介します。以前に対談させて頂いた湯浅さん(Tech …