IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

クラウドソーシングの「リアルワールド」が知財コンサルの「マークアイ」を買収

   

リアルワールドがマークアイを買収して子会社化するそうです。ちょっとびっくり。

リアルワールドは、主にクラウドソーシング事業を行う企業。
マークアイは、商標を中心とする知財の調査・コンサルティングを行う企業。

連携して何をするんでしょうか?

特許検索

予想

勝手な予想ですが、
クラウドソーシングを利用した商標・特許の調査サービスを開始するんじゃないかと思います。

知財の調査は一定の専門性が必要になりますが、
特許調査は、特許の専門性よりむしろ技術の専門性が求められることもあり、特にマニアックな無効資料を探してくるには、特定の分野に詳しい誰かにお願いしたいこともある。

また商標調査は、特許調査に比べると定型化しやすく、クラウドソーシングには馴染むかもしれません。


そういえば、米国ではクラウドソーシングを利用した特許調査サービスは既にありましたね。
Article One

クラウドソーシングというよりは、懸賞金ハンターのようなイメージで、特定の特許を無効に出来る資料を見つけてくれたら1000ドル払いますよ、みたいな。

また、エストニアにはCrowdIPRという知財調査のクラウドソーシングがあったようですが、今は名前が変わっているよう。
日本でも、クラウドソーシング事業のランサーズがJAZY特許事務所と連携して知財調査、という事例がありましたね。


過去にこれらのニュースを見て気になったのは、
知財調査の場合、調査対象(無効にしたい特許番号とか自社発明とかネーミングとか)自体に高い機密性と情報価値があります。

公開を前提とするクラウドソーシングにこれらが馴染むのかどうかが気になります。特に日本企業はこの辺にデリケートなので。

調査以外にも、クラウドソーシングできる知財業務があるかな。うーん。

 - 知財戦略

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
必須標準特許の価値

モトローラ・モビリティ対アップルの特許訴訟で、また「必須標準特許の濫用」というキ …

知財価値評価
知的財産統計会合 トピックス

知的財産統計会合に出席してきました。 知的財産統計会合は、政府関係者、学識経験者 …

知財訴訟制度の改革(損害賠償額、差止請求、権利の安定性等)

知的財産戦略本部の「知財紛争処理システム検討委員会」第1回が開催されました。知財 …

TPP知財(続)

先日の記事で、TPP知財分野が揉める理由として、国際社会における知財制度の実質は …

任期付審査官の採用復活と、FA11のその後

任期付審査官の採用が復活しましたね。http://www.jpo.go.jp/c …

no image
TPP、なぜ知財でもめるのか

先日のWikiLeaksが公開した文書から、TPP・知財面では完全合意はかなり難 …

知財立国研究会シンポジウム 感想

先日紹介をした知財立国研究会のシンポジウムに参加してきましたので、感想とメモなど …

特許フェア
特許情報フェア2014 レポート

特許情報フェアに行ってきました。 非常に盛況していて、出展企業もバラエティに富ん …

Platpat4
特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)を使ってみた感想

J-PlatPatへ グローバル知財戦略フォーラム2015の会場で、J-Plat …

法解釈と審査基準

7/1に、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定がされました。   色々な意見を見 …