IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

STAP細胞の特許出願取り下げ

      2014/08/21


STAP細胞の特許出願、
取り下げてしまう方向になりそうですね。

技術分野的に素人なので、
STAP細胞の有無、どこまでねつ造なのかなどは、
全くコメントできませんが、
取り下げ要求とのニュースを見た時の感想は、一言、
もったいないなぁ、です。 


今現在、存在が確認できなくても、
過去の実験手法では成功しないにしても、
将来、STAP細胞「的」なものが実現する可能性は0じゃないと思います。

その時に改めて特許を出願しても、
すでに、本出願を含め、様々な文献で関連技術が公知になっていて、
基本的な特許を取ることは難しいでしょう。
(※未完成発明の引例適格性の論点はありますが。)

今回話題になっているPCT出願は、2012年4月が優先日です。 
特許においては、出願日・優先日を確保することが、もの凄く重要。

アイデアを得たら、まずは出願して日付を確保しておいて、
後から補正なり分割なり優先権主張なり、
工夫して修正すればいい。

アイデア特許の是非は意見が分かれるでしょうが、
私は肯定派です。

期限が迫ってますが、まずは各国に国内移行しておいて、
時間が許す限り、追試・確認をすればいいのになと思うし、
仮に確認できなくとも、とりあえず審査請求までして、
審査してもらうのも有りだと思う。


STAP細胞特許が審査されるとしたら

しかし、実際に本出願が審査請求までされたら、
担当する審査官は悶絶ものでしょうね。

進歩性の判断は置いといて、切り方は多分3つ。
①未完成発明(29条柱書)
②実施可能要件(36条4項1号)
③サポート要件(36条6項1号)


本来的には①未完成発明で切るべきなのでしょうが、
明細書がある程度の体裁を有していれば、
審査官が発明未完成を主張するのは、ちょっとしんどそうですね。

もちろん発明完成の立証責任は出願人にあるから、
一応①でも打ってみる、という判断はありそうですが。


本命は②と③のセット打ちですね。

ちなみに実施可能要件の判断基準時期は、出願日(優先日)です。
明細書等の記載と「出願時の」技術常識に基づき、
当業者が実施可能でなければならない。

仮にSTAP細胞が実現可能であることが、半年後くらいに解明されても、
それ(審査時点の技術常識)は参酌されずに、
あくまで出願時の技術常識に照らして、明細書等の記載から当業者が実施できるかどうかが判断されます。

そう考えると、仮にSTAP細胞の存在がこれから解明されたとしても、
権利化は少し難しいかもしれません。

それでもトライしてみるべきだと思うけどなあ。
少しでもチャンスがあるなら、粘れるだけ粘ればいいのに。


少なくとも、
「このままでは他の研究者の障害となり、万能細胞研究の発展を阻害するとして取り下げを求める。」
という理由にはちょっと納得できない。
一応、試験研究の例外規定(69条)があるし。
 
研究者のプライドだと言われたら、そこまでですが。 
 

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

IT・ソフトウェア分野、ビジネスモデル特許、UI特許の取得例の紹介

以前にもちょいちょい紹介していますが、最近特に、IT分野の特許出願件数が伸びてい …

invention
プロダクト・バイ・プロセスクレームの憂鬱 最高裁判決解説

プロダクト・バイ・プロセスクレームの最高裁判決が出ました。製法が異なれば特許侵害 …

2020年の振り返り

みなさん、年末年始はいかがお過ごしでしょうか?私は今回の年末年始は実家にも帰らず …

2018年の振り返りと、2019年の抱負

一年の計は元旦にあり!私の好きな言葉です。昨年の振り返りと今年の目標を、しっかり …

知的財産推進計画2015
「知的財産推進計画2015」の骨子案について

日経新聞から、「知的財産推進計画2015」の骨子案について報道されていましたので …

no image
パテントトロールの実態調査レポート

AIA (America Invents Act)の指令で作成された、米国におけ …

IT系知財のオープンな勉強会やります。 ~気になる特許について語ろう会(第1回)~

これまで、事務所内で定期的に勉強会をやってきました。過去の事例で中間対応案考えて …

no image
特許審査官の評価

審査官が誰に当たるかによって、審査の厳しさや、面接を受けてくれるか、補正案を見て …

2021年の抱負

明けましておめでとうございます。 一年の計は元旦にあり! ということで、毎年恒例 …

特許検索
中国韓国特許を無料で日本語調査する方法 ~中韓文献翻訳・検索システム~

IPDLからJ-PlatPatへとサービスが移転するなど、特許庁の情報基盤強化が …