IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

弁理士会と公認会計士協会の連携

      2014/08/21


今年度から、
日本弁理士会の委員会に、
「公認会計士連携委員会」が設立されています。

もともとワーキンググループとして活動していたものが、
委員会に格上げされた形です。

・海外進出支援グループ
・証券化グループ
・M&Aグループ
・知財価値評価グループ
の4つに分かれて活動していますが、
私は知財価値評価グループ担当の委員として、今年度から参加させて頂いています。


どの士業も、メイン業務の減少・ダンピング・人の増加と斜陽な中、
新しい業務を見出すべく、
士業間の連携を試みるのは必要な試行錯誤だと思います。

特に両資格のダブルライセンスを目指している私にとっては、
きっと参考になることが多かろうと、参加しました。


価値評価グループでは、
弁理士・会計士それぞれの得意分野で発表をしながら理解を深め、
インカム法を中心とした価値評価計算手法の枠組みについて、
各パラメータの考え方を整理するような方向に、進もうとしています。

委員のみなさん、それぞれに知見が深く、
得意分野が違う中で若干ちぐはぐな議論も非常に勉強になります。
開始時期と転職時期が被ってしまい、
なかなか発表で貢献できないのが申し訳ないです。。


知財の価値評価は、
弁理士と会計士それぞれの専門能力が活きる業務です。

先日もOECDによる知財移転価格のDCF法による共通ルール化のニュースがありましたが、
移転価格やM&A後のPPAなど、既存の業務に加えて、
各種経営判断のための価値評価など、
具体的なシーズが見えればニーズも開拓される業務だと思います。

最終的には、弁理士会と公認会計士協会とで、
半公的に、客観的な評価をする仕組みができれば面白いですよね。 

 

 - 公認会計士, 弁理士

ad

ad

Comment

  1. 弁理士 より:

    29歳の弁理士です

    商才にもよるでしょうかダブルライセンスで年収2000を超えることは可能でしょうか

    よろしくお願い致します。

  2. shiro ataka より:

    難しい質問ですね。

    弁理士で年収2000だと、なんらか独立してという形になると思いますが、その時にダブルライセンスが役に立つのか、他のスキルや人脈や経験のほうが役に立つのか。
    多くある手段や可能性のうちの一つに過ぎないかもしれません。弱気コメントですが。

  3. 弁理士 より:

    丁寧にお答えいただき、ありがとうございました。

    自分の能力、人脈等を総合して考え、キャリアを築きたいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

AIによる知財業務を勝手に将来予測してみる

本日、7/1は弁理士の日。ということで、弁理士の日記念ブログ企画(テーマは「知財 …

特許業務法人のメリット・デメリット

ブログを休憩していた間、様々な変化がありましたが、一番大きいのは、特許事務所を法 …

今年の目標 2017年 、そして開業一周年

あけましておめでとうございます。今年も皆さまにとって良い年になりますように。さて …

5月短答合格者の論文試験対策 公認会計士試験

今日は公認会計士の短答試験ですね。受験された皆様、本当にお疲れ様です。短答が終わ …

弁理士試験 合格祝賀会

LECの弁理士試験合格祝賀会に、お招き頂いて出席してきました。なんだかんだ、これ …

修了考査の感想

公認会計士試験合格者に課された最後の罰ゲームと称される試験、それが修了考査です。 …

特許を書く仕事はカッコイイということ

弁理士の典型的な業務が、特許の出願代理を行うこと、すなわち特許を書くことです。 …

特許事務所、独立開業のための準備

気分転換に、事務所の独立開業のために必要な手続き・準備などについてまとめて残して …

弁理士試験合格者推移
弁理士試験最終合格発表 合格者数は385人と半減

弁理士試験の最終合格発表がありました。 合格された方は本当におめでとうございます …

勉強
社会人が働きながら勉強するコツ・方法

これまで、弁理士試験や公認会計士試験の対策などについて、それぞれバラバラと書いて …