IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

知財移転価格にDCF法の共通ルール グローバルタックスマネジメントに終止符か

      2014/08/21


OECDの合意により、
多国籍企業の知財移転価格について、
日米欧主要国での共通ルールが定められるようです。

新ルールは、DCF法を中心とするようで、
また、将来発生した利益が計算で想定した以上に多ければ、追徴課税することも検討するそうです。



知財取引価格に新ルール 日米欧、国境またぐ節税に網



以前のパテントボックスの説明記事でも書きましたが、
グーグル、アマゾン等の多国籍企業における、
行き過ぎたグローバルなタックスマネジメントが進んでいます。 

ダブル・アイリッシュ&ダッチ・サンドイッチのような複雑なものも、
あるいは単に法人税が低い国で知財管理をするようなシンプルなものでも、
要するに「知財権による国を超えた利益の付け替え」 を利用していることに変わりはありません。

知財権の不当に低い価格での移転、あるいはサブライセンス付きのライセンス付与。
これは、知財の移転価格を将来利益の予測に基づき計算し、
さらに実際値による追徴課税で補足すれば、
理論的には不可能となるはず。

もちろん現場の実務負担は増えますし、
細かい点で詰めるべき問題もありそうですが、
基本的には必要なルールだと認識しています。

法人税は、事業利益を得た地域で、然るべき額を収めるべきですね。

 - 知財会計 ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

OECD
知財脱税対策 OECD

以前からOECDが知財取引価格に新ルールの適用を検討していましたが、これらの検討 …

4-1-2.実施料率認定の考慮要素

損害賠償額_目次へ 実施料率の認定に当たっては、様々な要素が考慮される …

知的財産の価値評価と、企業におけるディスクロージャー ⇒ 知財価値評価が活きる場面

特技懇誌という特許庁が発行している刊行物に寄稿をしました。このブログを見た編集委 …

工藤一郎
工藤一郎×IPFbiz ~YK値と特許価値評価~

対談シリーズ第11回目は、工藤一郎国際特許事務所、所長弁理士の工藤先生です。 工 …

知的財産権のBS資産計上について(特許権・具体例編)

前回は特許権の資産計上について、 その取得ルートに分けて説明をしてきました。 & …

1-2.民法709条に基づく損害賠償請求(特許権侵害による逸失利益とは、損害額と知財価値との関係)

損害賠償額_目次へ 故意又は過失によって特許権侵害がなされた場合は、特 …

1-1.特許権侵害における金銭的請求

損害賠償額_目次へ 特許権侵害に対する民事的救済としては、差止請求(1 …

評価人候補者制度とは? 知的財産価値評価推進センター

弁理士会の知的財産価値評価推進センターが取りまとめている、評価人候補者に登録申請 …

iPodクリックホイールの特許権侵害 3億円の損害賠償額は妥当か

iPodのクリックホイール特許権侵害で、日本の発明家がAppleを訴えていた件で …

4-2.近年の判例抽出(102条3項)

損害賠償額_目次へ 直近2年間ほどで、102条3項の損害賠償額が認定さ …