IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

NECによるLenovoへの特許売却、1億ドルは決して高くない。

      2014/08/21

Lenovoが、NECの保持している携帯関連特許3800件を買収しました。

 

プレスリリースによると、中には3GおよびLTEのモバイル技術だけでなく、
スマートフォンなどの先進的なモバイル製品の多くに使用される機能や技術を幅広くカバーする中核特許も含まれているとのこと。

 

2013年にNEC がLenovoへスマートフォン事業を売却するとの噂もあったようですが、
事業売却ではなく特許売却で落ち着いたようですね。
スマホ事業もほぼ撤退しているので、特許売却の形で最後のマネタイズが図れるのは、
NECにとっても悪くない取引だったのでしょう。





しかし、その取引価格はどうだったのでしょう。

正式には公開されて いませんが、
一部の報道機関によると1億ドル(約100億円)程度とされています。

 

1億ドルというと非常に高額に見えますが、
1件当たり260万円程度の計算になります。
 

 

先日の記事で、「特許の1件当たり取引価格は、平均20万ドル程度」らしいと書きましたが、
それと照らし合わせると、1件当たりの価格は低めですね。

 

過去の公開されている特許取引事例を見ても、
日本企業が特許を売るときには、どうも買い叩かれているようなイメージがあります。
特許1件当たりの価格が一桁違います。 

 



改めて思いますが、
特許ほど、所有する企業や欲しい企業によって価値が相対的に変わる資産は、
なかなか他には無いですよね。
 
その上で、特許訴訟が圧倒的に少ない日本の中では、
特許の資産価値は相対的に低くなっていることが、
日本の知財業界で働く人間としては気がかりです。




ところで、Lenovoに関しては、2014年1月にGoogleからモトローラを買収したばかりです。
その際には、事業を買収した上で、Googleから知財のライセンス提供を受ける契約になっていたと思いますが、
今回の特許権取得によって、そのライセンス契約にも影響が出るのか、気になります。


 

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
パテントトロールの実態調査レポート

AIA (America Invents Act)の指令で作成された、米国におけ …

知財ビジネス最前線 クラウドソーシングと特許調査

クラウドソーシング市場の拡大 クラウドソーシングがますます身近なものとなり、様々 …

特許行政年次報告書2014年版より 押さえておくべき数字と気になる情報

特許行政年次報告書2014年版が公表されましたね。一通り目を通した中で、気になっ …

invention
職務発明規定 無条件と無対価は違います

職務発明について、特許を「無条件」で「会社のもの」とする、という内容の記事が出て …

知財テック(IPTech)について

先日、リーガルテックマップなるものを見つけました。 先日クラウドサインの橘さん@ …

インターデジタルとサムスンの特許ライセンス契約 パテントトロール対策

気になったニュースを2つ。1つは、パテントトロール対策の新しいツールを紹介してい …

2018年の振り返りと、2019年の抱負

一年の計は元旦にあり!私の好きな言葉です。昨年の振り返りと今年の目標を、しっかり …

知的財産推進計画2015
「知的財産推進計画2015」の骨子案について

日経新聞から、「知的財産推進計画2015」の骨子案について報道されていましたので …

LED
ノーベル物理学賞~職務発明制度

青色発光ダイオード(LED)を発明した中村修二さんらが、ノーベル物理学賞を授与さ …

3i研究会 中間報告

今日は、野崎さんのご招待で、3i研究会の中間報告会に参加してきました。3i研究会 …