IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

NECによるLenovoへの特許売却、1億ドルは決して高くない。

      2014/08/21

Lenovoが、NECの保持している携帯関連特許3800件を買収しました。

 

プレスリリースによると、中には3GおよびLTEのモバイル技術だけでなく、
スマートフォンなどの先進的なモバイル製品の多くに使用される機能や技術を幅広くカバーする中核特許も含まれているとのこと。

 

2013年にNEC がLenovoへスマートフォン事業を売却するとの噂もあったようですが、
事業売却ではなく特許売却で落ち着いたようですね。
スマホ事業もほぼ撤退しているので、特許売却の形で最後のマネタイズが図れるのは、
NECにとっても悪くない取引だったのでしょう。





しかし、その取引価格はどうだったのでしょう。

正式には公開されて いませんが、
一部の報道機関によると1億ドル(約100億円)程度とされています。

 

1億ドルというと非常に高額に見えますが、
1件当たり260万円程度の計算になります。
 

 

先日の記事で、「特許の1件当たり取引価格は、平均20万ドル程度」らしいと書きましたが、
それと照らし合わせると、1件当たりの価格は低めですね。

 

過去の公開されている特許取引事例を見ても、
日本企業が特許を売るときには、どうも買い叩かれているようなイメージがあります。
特許1件当たりの価格が一桁違います。 

 



改めて思いますが、
特許ほど、所有する企業や欲しい企業によって価値が相対的に変わる資産は、
なかなか他には無いですよね。
 
その上で、特許訴訟が圧倒的に少ない日本の中では、
特許の資産価値は相対的に低くなっていることが、
日本の知財業界で働く人間としては気がかりです。




ところで、Lenovoに関しては、2014年1月にGoogleからモトローラを買収したばかりです。
その際には、事業を買収した上で、Googleから知財のライセンス提供を受ける契約になっていたと思いますが、
今回の特許権取得によって、そのライセンス契約にも影響が出るのか、気になります。


 

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

”若者×知財” 「TOKYO IP COLLECTION 2015」の開催

日本の特許制度(専売特許条例)の制定130周年を記念して、特許庁主催のイベントが …

特許検索
中国韓国特許を無料で日本語調査する方法 ~中韓文献翻訳・検索システム~

IPDLからJ-PlatPatへとサービスが移転するなど、特許庁の情報基盤強化が …

2019年の振り返り

今年も残りあと僅かですね。皆さんにとって2019年はどうだったでしょうか? 私は …

知財テック(IPTech)について

先日、リーガルテックマップなるものを見つけました。 先日クラウドサインの橘さん@ …

ipfbiz300
勉強会の紹介 ~ドイツ特許制度の変革と産業競争力の関係 インダストリー4.0、IoT、オープン・クローズ戦略~

面白そうな勉強会があったので紹介します。以前に対談させて頂いた湯浅さん(Tech …

no image
独占性と排他性:独占排他権の誤解

特許権は、「独占排他的な権利」であると言われます。 独占的であり、かつ排他的であ …

STAP細胞、特許審査へ 登録の可能性は

STAP細胞の特許出願、いずれ取り下げられるか、少なくとも国内移行はされないだろ …

中国、知財訴訟の損害賠償額を増額へ

先日の記事でも書いたように、知的財産戦略本部にて「知財紛争処理システムの活性化」 …

パテントトロールは悪か? ~特許の適正価値とアービトラージ~

これまでこのブログでも、パテントトロール関連の記事をよく取り上げてきましたが、業 …

プロダクト・バイ・プロセス・クレーム 明確性要件に関する審査基準と今後の審査の進め方・判断

プロダクト・バイ・プロセス・クレーム(PBPクレーム)の最高裁判決が出て、知財業 …