IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

寝る間も惜しんで読んだ小説ベスト3

      2014/08/21

たまにはブログネタから。

「寝る間も惜しんで読んだ小説ベスト3」ということで、
ストーリーや展開に引き込まれるような、
一度読み出すと止まらなくなる小説を3つ紹介します。 



①ダンス・ダンス・ダンス(村上春樹)



 村上春樹さんの作品には、
その雰囲気を楽しむような作品、1973年のピンボールやアフターダークなどと、
設定・ストーリーに引き込まれるような作品、世界の終わりや海辺のカフカなどがありますが、
後者の類のほうが、村上春樹好きでなくとも、素直に楽しめると思います。

ストーリーに引き込まれる作品の最たるものが、ダンス・ダンス・ダンスかなと。
前作の3部作、少なくとも羊をめぐる冒険くらいは読んでからにしたいですが、
いきなり本作から読んでも、楽しめると思います。

ノルウェイの森だけ読んで、村上春樹が嫌いなつもりになっている人は、
本作か、世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 
を読んでみて欲しいです。


②ゴールデンスランバー(伊坂幸太郎)

ゴールデンスランバー (新潮文庫)
伊坂 幸太郎
新潮社
2010-11-26



ストーリーで楽しめる作家さんと言えば、伊坂幸太郎さんでしょう。
多作ですが、はずれがなく、どの作品を読んでも楽しめる。

特に本作は、ストーリーに引き込まれ、一晩で読んでしまいました。
気軽に楽しめる小説を探しているなら、本作がお薦めです。


③黒い時計の旅(スティーブ エリクソン)

黒い時計の旅 (白水uブックス)
スティーヴ エリクソン
白水社
2005-08




ヒトラーの私設ポルノグラファーという意表を突いた設定から、
話の流れが錯綜していき、次の展開が気になってしょうがない。

ストーリー・展開が凄い名著という意味で、お薦めの作品です。

 - 書評

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

知財立国が危ない/荒井寿光 レビュー

「知財立国が危ない」 日本企業は知財で勝って事業で負けるなどと叫ばれて久しいが、 …

今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)_201610

読書の秋!ビジネスビジネスカテゴリーに入れていいか悩みますが。野球のボールを高速 …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

なんだか最近、集中して長時間本を読めなくなってきている気がします。ビジネス部分的 …

システム開発紛争ハンドブック―発注から運用までの実務対応 レビュー

著者の一人である伊藤雅浩先生より、「システム開発紛争ハンドブック―発注から運用ま …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

今月読んだ本。GWがあったので、小説多めです。商標実務でお勧めの本があったら教え …

知的財産イノベーション研究の展望: 明日を創造する知財学

日本知財学会から、「知的財産イノベーション研究の展望: 明日を創造する知財学」と …

ドワンゴ
川上量生のニコニコ哲学からコンテンツビジネスを考える

修了考査の試験を控えて、仕事以外の読書はしばらく禁じていたのですが、その禁読書を …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

今月は、商標のお勉強に時間を割きました。なかなか面白いです。ビジネス何かと話題の …

読みだすと止まらない ~おすすめの熱血少年・青年漫画~

前回に名作のお薦め漫画集を書いていたのですが、名作20選の中には入れにくいけど、 …

本
大人向けのおすすめ名作アニメ20選

GWの気分転換に。これまで日本の純文学、海外純文学、名作漫画、熱血漫画と私のお勧 …