IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

知財黒字が1兆円超え!その実体は?

      2014/08/21

 

知財黒字が1兆円超え!というと、まさに知財立国だ、素晴らしい、
という印象を受けますが、その実体はよく見て考える必要があります。

 



「特許収支」や「技術貿易収支」など、過去の統計では類似の数字が多く紛らわしいですが、
「知財収支」は、特許実用新案意匠権、商標権、著作権といった知財権を海外企業に貸して(ライセンスして)得る金額から、逆に日本企業が支払う金額を差し引いて計算するもののようです。


その実体ですが、
まず、知財収支のうち、特許権等のライセンスによるもの、
技術貿易収入については、その70%以上が、親子関係の取引です。
つまり、日本企業の海外子会社から得ているライセンス収入です。
 
これは単なるグループ内取引であり、親会社が資金を吸い上げる仕組みにすぎず、
実際に特許ライセンスで利益を上げているわけではありません。
アメリカ等と比べると、特に日本は親子関係による収入の割合が高いようです。


また知財収支のうち、著作権に関する収支は、5800億円の赤字です。
クールジャパン政策を推進しており、コンテンツに強いイメージのある日本ですが、
著作権収支は赤字なんですね。
ソフトウェアを米国に依存しているのが主要因だそうです。なるほど。

 

親子間取引による技術貿易収入を除けば、
知財収支全体は赤字になるのではないでしょうか。


外資企業への技術ライセンスを進めることには、良し悪しの判断が分かれそうですが、
・標準技術に関する収支を黒字に近づけること、
・アニメやキャラクター等コンテンツビジネスの強化、海賊版の取り締まり
といったことが今後の課題になりそうです。

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

特許情報フェアの歩き方

さて、来週はいよいよ特許フェアですね。特許フェア初心者の方のために、特許フェアの …

特許行政年次報告書2014年版より 押さえておくべき数字と気になる情報

特許行政年次報告書2014年版が公表されましたね。一通り目を通した中で、気になっ …

invention
プロダクト・バイ・プロセスクレームの憂鬱 最高裁判決解説

プロダクト・バイ・プロセスクレームの最高裁判決が出ました。製法が異なれば特許侵害 …

mirai
特許無償開放 トヨタ自動車とテスラの違い

年明け早々からビッグな知財ニュースです。 トヨタ自動車が、燃料電池自動車に関する …

知財テック(IPTech)について

先日、リーガルテックマップなるものを見つけました。 先日クラウドサインの橘さん@ …

JPlatpat2
無料の特許検索サービス 特許電子図書館(IPDL)⇒特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)

国が提供する無料の特許検索サービスとして、「特許情報プラットフォーム」が平成27 …

知財立国研究会第3回シンポジウム ~元特許庁長官 VS 元知財高裁所長で、特許庁と知財高裁の10年を回顧する~

シンポジウムの紹介です。私も入会させて頂いている知財立国研究会にて、「打ってでる …

齋藤憲彦 × IPFbiz ~Appleに特許で勝った個人発明家~ (後編)訴訟裏話と知財司法の課題

前編からの続きです。アップルとのコンタクトから訴訟へきっかけは母親の発明?安高: …

特許査定率上昇の原因

  興味深いレポートが、特許庁から出ています。   我が国に …

アップル対サムスン特許訴訟 知財高裁大合議事件

日本における、アップルとサムスンの特許訴訟、注目されていた知財高裁の判決・決定が …