IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

評価人候補者制度とは? 知的財産価値評価推進センター

      2014/08/21

弁理士会の知的財産価値評価推進センターが取りまとめている、
評価人候補者に登録申請しました。


評価人候補者とは?

評価人候補者制度は、各地の裁判所等からの依頼に応じて、知的財産権の金銭的価値を鑑定評価できる評価人を推薦するとともに、その評価人を育成する活動です。

評価人候補者に登録すると、センターが提供する研修に参加することができます(評価人候補者のみを対象)。

研修内容は、価値評価のための会計知識についての講義から実践的な演習まで一貫した内容になっています。さらに、評価人候補者は、裁判所等からの依頼において評価人補助者にエントリーできますので、鑑定書作成の実務を学ぶことができます。



メリット
・裁判所等からの評価人推薦依頼の公募案内
⇒年に10件以上はあるらしい
・評価人候補者研修のご案内
⇒受講無料
・評価センターからの評価に関する情報提供

デメリット
・特になし?登録費等は発生しない


センターのホームページからは、どんな活動をしているかピンときませんが、
知財価値評価に興味がある方は、まずは候補者に登録申請するのが良さそうですね。

知的財産の価値評価は、
定性的な評価や定量的な評価、金銭的評価や非金銭的評価に分けられ、 
様々な場面でニーズがあるものですが、
オーソライズされた方法もなく、まだまだホットな分野だと思います。



 

 - 知財会計

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

知財会計と知財価値評価(法律会計勉強会)

昨日は、弁護士と公認会計士が主に集まる、法律会計士業交流セミナーで「知財会計と知 …

知財移転価格にDCF法の共通ルール グローバルタックスマネジメントに終止符か

OECDの合意により、多国籍企業の知財移転価格について、日米欧主要国での共通ルー …

知的財産権のBS資産計上について(特許権・具体例編)

前回は特許権の資産計上について、 その取得ルートに分けて説明をしてきました。 & …

知的財産の価値評価と、企業におけるディスクロージャー ⇒ 知財価値評価が活きる場面

特技懇誌という特許庁が発行している刊行物に寄稿をしました。このブログを見た編集委 …

特許価値評価
知的財産価値評価 概説 ~特許売買を例に~

1.知財価値評価とは 企業価値に占める無体財産の割合が高まり、知財の活用や流通の …

特許の貢献度 ~知財価値評価~

弁理士会と公認会計士協会の連携委員会で、 知財の価値評価手法について議論を進めて …

1-1.特許権侵害における金銭的請求

損害賠償額_目次へ 特許権侵害に対する民事的救済としては、差止請求(1 …

4-2.近年の判例抽出(102条3項)

損害賠償額_目次へ 直近2年間ほどで、102条3項の損害賠償額が認定さ …

工藤一郎
工藤一郎×IPFbiz ~YK値と特許価値評価~

対談シリーズ第11回目は、工藤一郎国際特許事務所、所長弁理士の工藤先生です。 工 …

特許権侵害訴訟における損害賠償額算定についての考察 (目次)

知財権と金銭評価が関わる領域は多々あるが、訴訟における損害賠償額の算定、特にその …