IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

なぜ、日本の知財は儲からない ヘンリー幸田

      2014/08/21

日米知財の専門家で、エジソン研究家としても知られる、
ヘンリー幸田氏の新書を読みました。


標題の「なぜ、日本の知財は儲からない」かを検討する上で、
この本の実に8割くらいを割いて、国内外の知財制度の歴史を説明しています。

世界の特許制度の始まり、米国のプロパテントとアンチパテントの遷移、
日本への特許制度の導入など、
驚くほどの広さと深さで見識を披露されています。

知財制度の歴史と変遷を知りたい方には、一番の書籍ではと思います。

ちなみに本書曰く、標題の大きな要因は、「訴訟をしないから」
OK、その通りでしょう。

 



 - 書評

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

お金で買えるもの・買えないもの

2chにこんな有名なコピペがあります。 「お金より大切なものなんて無い。誰か反論 …

熱力学=現代的な視点から(田崎晴明著)

記事はこちらに移動しました。究極理論 theory of everything& …

知財立国が危ない/荒井寿光 レビュー

「知財立国が危ない」 日本企業は知財で勝って事業で負けるなどと叫ばれて久しいが、 …

ドワンゴ
川上量生のニコニコ哲学からコンテンツビジネスを考える

修了考査の試験を控えて、仕事以外の読書はしばらく禁じていたのですが、その禁読書を …

寝る間も惜しんで読んだ小説ベスト3

たまにはブログネタから。「寝る間も惜しんで読んだ小説ベスト3」ということで、スト …

村上春樹を初めて読む人におすすめする作品(タイプ別)長編・短編小説

村上春樹が好きです。でも、好きな作家は?と聞かれて、村上春樹だと答えると、「ああ …

自分メディアとかセルフブランディングとか

先日の企業法務戦士さんとの対談の後に、ブログのあり方について色々と考えました。 …

システム開発紛争ハンドブック―発注から運用までの実務対応 レビュー

著者の一人である伊藤雅浩先生より、「システム開発紛争ハンドブック―発注から運用ま …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)_201611

書籍代を全て経費にして、気にせずに買えるようになったことが、独立した一番のメリッ …

電子書籍とWebマンガ

最近、電子書籍リーダーを買いました。小説やビジネス本や青空文庫やマンガなど、いろ …