IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

”若者×知財” 「TOKYO IP COLLECTION 2015」の開催

   

日本の特許制度(専売特許条例)の制定130周年を記念して、特許庁主催のイベントが開催されます。

その打ち出し方が面白い。

”若者×知財” 「TOKYO IP COLLECTION 2015」の開催

i130[2]

「若者×知財」という切り口は、これまであまり見ないというか、少なくともこれまでの特許庁らしくない感じ。
それも、知財× ではなく、若者× と、若者を主題に置いているところがいいですね。


”今後の日本経済を支える若者をメインターゲットとして、知財がいかに社会を支えているか体感できる、これまでにない新しいフォーラムです。”

 

とかく「○○周年記念」などというと、とりあえず偉い人を呼んで挨拶してもらって、という固いセレモニーになりがちなのですが、
130周年という、ある意味どーでもいいことを極力前面に出さず、知財にまだ馴染みが薄い若者を呼び込むためのクールなイベントにしようという意図が見えます。

開催趣旨はこんな感じ。

海外では近年、知的財産の戦略的活用による新たなビジネスモデルや権利行使の多様化をはじめ、知的財産を巡る環境が大きく変化しています。

そのような中、我が国では、知的財産を適切に管理しなかった結果、各事業分野の企業が高い技術力で数々のイノベーションを生み出しながらも、市場シェアを他企業に瞬時に奪われてしまったという分析結果も発表されています。

そうした状況をふまえ、若手のデザイナーや研究者等、知財を戦略的に活用する余地のある潜在ユーザーが楽しみながら、知財がいかに社会を支えているか体感できるフォーラムを開催します。


企画をしている中の人ともお話したのですが、比較的若く、アグレッシブな方々が主導していて、若い人が集まる面白いイベントにしたいという熱い思いを持っていて、素晴らしかったです。
こういうのは応援したくなりますね。

 

展示会は、「知的財産制度のこれまでとこれから」ということで、
様々な観点で知財が寄与してきた製品、MIRAIやコカコーラなどに関する展示がされます。
東芝の家電の歴史や、パイオニアのAR先端技術の展示もあるようです。


講演会のほうでは、MIRAIの開発責任者や、中村伊知哉さんなどが講演されます。
個人的には、IP Bridge社長の吉井重治さんの話が聞いてみたい。


入場無料で出入自由ですが、講演会を聴くには事前申し込みが必要ということです。

6/13,14の土日は、ぜひ東京国際フォーラムへ。

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

齋藤憲彦 × IPFbiz ~Appleに特許で勝った個人発明家~ (前編)クリックホイール発明秘話

対談シリーズ第19回目は、iPodのクリックホールに関する特許訴訟で、Apple …

IT・ソフトウェア分野、ビジネスモデル特許、UI特許の取得例の紹介

以前にもちょいちょい紹介していますが、最近特に、IT分野の特許出願件数が伸びてい …

法制度改正と特許出願(技術書典)

技術書典(エンジニアのコミケ)に、技術と法律チームで出展して、薄い本を出します。 …

知財ビジネス最前線 クラウドソーシングと特許調査

クラウドソーシング市場の拡大 クラウドソーシングがますます身近なものとなり、様々 …

invention
職務発明規定 無条件と無対価は違います

職務発明について、特許を「無条件」で「会社のもの」とする、という内容の記事が出て …

書類
請求項数の多い特許ランキング

特許の小ネタです。 時々、請求項の数が非常に多い特許に出くわします。読むのが大変 …

STAP細胞、特許審査へ 登録の可能性は

STAP細胞の特許出願、いずれ取り下げられるか、少なくとも国内移行はされないだろ …

プロダクト・バイ・プロセス・クレーム 明確性要件に関する審査基準と今後の審査の進め方・判断

プロダクト・バイ・プロセス・クレーム(PBPクレーム)の最高裁判決が出て、知財業 …

知的財産推進計画2015
「知的財産推進計画2015」の骨子案について

日経新聞から、「知的財産推進計画2015」の骨子案について報道されていましたので …

g
Googleの新しい取り組み”Google Patent Starter Program”は、パテントトロールからスタートアップを守るのか

Googleは最近、パテントトロール対策のための団体「LOTネットワーク」を設立 …