IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

STAP細胞、特許審査へ 登録の可能性は

   

STAP細胞の特許出願、いずれ取り下げられるか、少なくとも国内移行はされないだろうというのが、これまで聞いていた情報でしたが、どうやら国内移行は進めたようですね。

以前に取り下げるらしいと聞いたときは、ちょっともったいないなと思っていたので、存在の真偽はさておき、STAP細胞的なものの存在が否定出来ない現状では、合理的な判断だと個人的には思います。
とは言え、世論は厳しく、過ちを認めないのかという指摘も出てくるでしょう。

論文が不適切だったことと、STAP細胞が再現できるかどうかと、本件特許出願に価値があるかどうか/登録可能性があるかは、それぞれ別のことです。
過去の過ちは認めて反省しながら、再現の可能性はしっかりと検討しつつ、特許についてはぎりぎりまで粘ってみるというのが、きっと合理的な行動ですよね。

報道によると、共同出願人だった東京女子医大は、国内移行手続きには加わらなかったとされています。
批判をおそれた、ある意味冷静な判断ですが、どちらが正解だったか分かるのは、もう少し先のことになりそうですね。

 

STAP細胞特許、登録の可能性は?

以前にも、STAP細胞の特許が審査されるとしたら、という記事を書きましたが、実際に日本にも国内移行されて特許審査をするとなれば、審査に当たった審査官にとっては、たまったものじゃないでしょうね。
理研でもまだ「存在否定できぬ」と判断が出来ていないものを、どのように判断して審査すればよいのか。

以前にも書きましたが、
本来的には、①未完成発明(29条柱書)として切るかを判断すべきですが、それは非常に難しいため、実体的な判断を避けて形式的に拒絶するために、
②実施可能要件(36条4項1号)、③サポート要件(36条6項1号)の合わせ打ちで様子を見てみる、ということになるのではと予想します。

STAP細胞が本当に存在するのか、発明として完成しているのか、という観点ではなく、
少なくとも、明細書に記載の方法で当業者が実施することができない、記載が不十分だ、という観点ですね。

 

周りの注目を浴びる、責任のある仕事となりますが、FA期間が短縮している今こそ、他国に先駆けて参考となる審査結果を出して、日本特許庁のプレゼンスを発揮してほしいと思います。

正直、拒絶される可能性のほうが高いだろうとは思いますが、理研の一応粘ってみる姿勢は、私は好意的に見ています。

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

齋藤憲彦 × IPFbiz ~Appleに特許で勝った個人発明家~ (後編)訴訟裏話と知財司法の課題

前編からの続きです。アップルとのコンタクトから訴訟へきっかけは母親の発明?安高: …

ipfbiz300
勉強会の紹介 ~ドイツ特許制度の変革と産業競争力の関係 インダストリー4.0、IoT、オープン・クローズ戦略~

面白そうな勉強会があったので紹介します。以前に対談させて頂いた湯浅さん(Tech …

パテントトロール対策団体の比較 ~LOTネットワーク設立~

グーグル、キヤノン、SAPなどにより、 特許連合「LOTネットワーク」が設立され …

平塚三好×IPFbiz ~東京理科大専門職大学院知財戦略専攻MIP~

対談シリーズ第14回目は、東京理科大学専門職大学院(MIP)知的財産戦略専攻、教 …

マイクロソフト・サムスンの特許訴訟 ポイントはノキア買収

アンドロイドスマートフォンに関する特許使用料を支払わなかったとして、マイクロソフ …

no image
独占性と排他性:独占排他権の誤解

特許権は、「独占排他的な権利」であると言われます。 独占的であり、かつ排他的であ …

中国、知財訴訟の損害賠償額を増額へ

先日の記事でも書いたように、知的財産戦略本部にて「知財紛争処理システムの活性化」 …

特許公報への直リンクと、特許公報の著作権

例えば、Googleがこんな特許を取りましたよー、とTwitterでつぶやきたい …

特許権の上に眠る
特許はイノベーションの指標となるか? イノベーション企業ランキング

少し前に、世界の革新企業トップ100に、日本企業が多く選ばれ、米国を抜いて日本が …

JPlatpat2
無料の特許検索サービス 特許電子図書館(IPDL)⇒特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)

国が提供する無料の特許検索サービスとして、「特許情報プラットフォーム」が平成27 …