IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

RPXによるパテントトロール保険

      2014/11/13

 パテントトロール

RPXとは

RPXは以前にも紹介しましたが、最大規模のパテントトロール対策企業の一つです。

メインの事業は、一言でいうと防衛的特許集約(ディフェンシブパテントアグリゲーション)。
会員からの会費(年会費60,000ドルから660万ドル)を原資に、危ない特許を買い集めるということをします。
パテントトロールに買われると危険な特許を予め購入しておくことで、会員企業を特許訴訟から守ることが目的です。

また、購入した特許は、会員企業にライセンスを与えた上で外部に売却したり、必要に応じて会員企業に売却することもしています。
2011年に株式公開しており、会員企業も保有特許も拡大しているよう。

RPX

 

パテントトロール保険

そんなRPXですが、2014年の4月からパテントトロール保険のようなものを始めていました。

そしてつい先日、スタートアップ・中小企業向けのパテントトロール保険サービスをリリースしました。

対象となるのは、年間の売上が2,000万ドル未満の企業。
年間7,500~10,000ドルの保険料で利用できます。約100万円なので、毎年特許を2件ぐらい出し続ける程度の予算感でしょうか。

そして、パテントトロールに訴訟を起こされた場合などには、100万~1,000万ドルまで法的費用の負担金を受け取ることができます。

The RPX NPE patent litigation insurance premiums start at $7,500* for $1 million of coverage, which is issued by an A-rated Lloyd’s of London underwriting syndicate. The policies cap exposure for policy-holding companies and ensure uninterrupted operations.
Additional features and benefits of this new insurance include:
Protection for small companies from the fear of unbounded risk and significant reduction in the disruptive effect on small companies of patent suits
Expert claims management reduces burden of selecting counsel and managing cases
Premiums typically start from $7,500 – $10,000*
Per claim retentions of $25K and co-pays as low as 10%
Access to RPX experts in patent risk, and dedicated claims management team

米国ではパテントトロールの拡大が進んでいて、2013年には特許訴訟の60%がNPEによるものです。

大企業は特許権の蓄積もあり、訴訟に対しても十分対応できる能力がありますが、
スタートアップ企業には、特許権の蓄積がなく、訴訟対応のノウハウも専門人員もないため、パテントロールに狙われると泣きを見るしかありません。
そして、パテントトロールは故意にそのような中小・スタートアップ企業を狙うこともするようです(明確なソース無し)。

業種によっては、このような保険サービスを活用するのも、有効な選択肢となりそうです。

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

特許査定率上昇の原因

  興味深いレポートが、特許庁から出ています。   我が国に …

no image
独占性と排他性:独占排他権の誤解

特許権は、「独占排他的な権利」であると言われます。 独占的であり、かつ排他的であ …

カプコン対コーエー
カプコン対コーエーテクモ 戦国無双シリーズ特許訴訟 特許の内容

ゲームソフト「戦国無双」シリーズのシステムが特許を侵害しているとして、カプコンが …

知的財産推進計画2015
「知的財産推進計画2015」の骨子案について

日経新聞から、「知的財産推進計画2015」の骨子案について報道されていましたので …

湯浅竜×IPFbiz ~知財教育と最強の知財マン~

対談シリーズ第13回目は、弁理士の湯浅竜さんです。前回の野崎さんからご紹介いただ …

no image
特許審査官の評価

審査官が誰に当たるかによって、審査の厳しさや、面接を受けてくれるか、補正案を見て …

3i研究会 中間報告

今日は、野崎さんのご招待で、3i研究会の中間報告会に参加してきました。3i研究会 …

特許のスコアリング・指標 ~特許の質評価・分析~

特許の評価(価値評価)と言う時、大きくは定性評価と定量評価に分かれ、定量評価の中 …

g
Googleの新しい取り組み”Google Patent Starter Program”は、パテントトロールからスタートアップを守るのか

Googleは最近、パテントトロール対策のための団体「LOTネットワーク」を設立 …

idea
発明の要旨と技術的範囲認定のダブルスタンダード リパーゼ判決と特許法70条2項の関係

特許発明は、特許請求の範囲の記載によって定められるものです(36条)。しかし、そ …