IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

クラウドソーシングの「リアルワールド」が知財コンサルの「マークアイ」を買収

   

リアルワールドがマークアイを買収して子会社化するそうです。ちょっとびっくり。

リアルワールドは、主にクラウドソーシング事業を行う企業。
マークアイは、商標を中心とする知財の調査・コンサルティングを行う企業。

連携して何をするんでしょうか?

特許検索

予想

勝手な予想ですが、
クラウドソーシングを利用した商標・特許の調査サービスを開始するんじゃないかと思います。

知財の調査は一定の専門性が必要になりますが、
特許調査は、特許の専門性よりむしろ技術の専門性が求められることもあり、特にマニアックな無効資料を探してくるには、特定の分野に詳しい誰かにお願いしたいこともある。

また商標調査は、特許調査に比べると定型化しやすく、クラウドソーシングには馴染むかもしれません。


そういえば、米国ではクラウドソーシングを利用した特許調査サービスは既にありましたね。
Article One

クラウドソーシングというよりは、懸賞金ハンターのようなイメージで、特定の特許を無効に出来る資料を見つけてくれたら1000ドル払いますよ、みたいな。

また、エストニアにはCrowdIPRという知財調査のクラウドソーシングがあったようですが、今は名前が変わっているよう。
日本でも、クラウドソーシング事業のランサーズがJAZY特許事務所と連携して知財調査、という事例がありましたね。


過去にこれらのニュースを見て気になったのは、
知財調査の場合、調査対象(無効にしたい特許番号とか自社発明とかネーミングとか)自体に高い機密性と情報価値があります。

公開を前提とするクラウドソーシングにこれらが馴染むのかどうかが気になります。特に日本企業はこの辺にデリケートなので。

調査以外にも、クラウドソーシングできる知財業務があるかな。うーん。

 - 知財戦略

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

知財部のプロフィットセンター化、本当に必要?

知財部門のプロフィットセンター化、という話をよく聞きます。 聞こえはいいですが、 …

クロスワード問題だけ
2014年知財ニュースまとめ ~クロスワードパズルで~

今年最後のブログ更新になります。 2014年に起こった知財関連ニュースを振り返っ …

元知財部長の本音 ~知財立国研究会第4回シンポジウム~

シンポジウムのご案内です。知財立国研究会が毎年開催しているシンポジウム、今年で4 …

知財制度(特許・著作権)と知財戦略の論点・ポイント メモ

各論点のメモ書き。本当は、知財制度の体系的な論点整理や、企業における知財戦略とは …

知財監査 IP Audit

海外のニュースで「IP Audit」という言葉をたまに見ます。  日本語で言うと …

テスラ・モーターズ、特許オープン戦略の意図は?

Tesla Roadsterテスラ・モーターズが、保有する全特許を他社が使用する …

no image
必須標準特許の価値

モトローラ・モビリティ対アップルの特許訴訟で、また「必須標準特許の濫用」というキ …

著作権
知財法務とは 「法務系 Advent Calendar 2014」

今回は、「法務系 Advent Calendar 2014」に参加させて頂いての …

伊藤先生
伊藤雅浩×IPFbiz ~ITコンサルと弁護士と知財~

対談シリーズ第4回目は、弁護士の伊藤先生との対談です。 伊藤先生はアクセンチュア …

特許の誤解 (初級編)

よく聞く特許の誤解 初級編 東京特許許可局はどこにあるんですか? 東京特許許可局 …