IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

クラウドソーシングの「リアルワールド」が知財コンサルの「マークアイ」を買収

   

リアルワールドがマークアイを買収して子会社化するそうです。ちょっとびっくり。

リアルワールドは、主にクラウドソーシング事業を行う企業。
マークアイは、商標を中心とする知財の調査・コンサルティングを行う企業。

連携して何をするんでしょうか?

特許検索

予想

勝手な予想ですが、
クラウドソーシングを利用した商標・特許の調査サービスを開始するんじゃないかと思います。

知財の調査は一定の専門性が必要になりますが、
特許調査は、特許の専門性よりむしろ技術の専門性が求められることもあり、特にマニアックな無効資料を探してくるには、特定の分野に詳しい誰かにお願いしたいこともある。

また商標調査は、特許調査に比べると定型化しやすく、クラウドソーシングには馴染むかもしれません。


そういえば、米国ではクラウドソーシングを利用した特許調査サービスは既にありましたね。
Article One

クラウドソーシングというよりは、懸賞金ハンターのようなイメージで、特定の特許を無効に出来る資料を見つけてくれたら1000ドル払いますよ、みたいな。

また、エストニアにはCrowdIPRという知財調査のクラウドソーシングがあったようですが、今は名前が変わっているよう。
日本でも、クラウドソーシング事業のランサーズがJAZY特許事務所と連携して知財調査、という事例がありましたね。


過去にこれらのニュースを見て気になったのは、
知財調査の場合、調査対象(無効にしたい特許番号とか自社発明とかネーミングとか)自体に高い機密性と情報価値があります。

公開を前提とするクラウドソーシングにこれらが馴染むのかどうかが気になります。特に日本企業はこの辺にデリケートなので。

調査以外にも、クラウドソーシングできる知財業務があるかな。うーん。

 - 知財戦略

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

知財立国研究会シンポジウム 感想

先日紹介をした知財立国研究会のシンポジウムに参加してきましたので、感想とメモなど …

著作権
知財法務とは 「法務系 Advent Calendar 2014」

今回は、「法務系 Advent Calendar 2014」に参加させて頂いての …

元知財部長の本音 ~知財立国研究会第4回シンポジウム~

シンポジウムのご案内です。知財立国研究会が毎年開催しているシンポジウム、今年で4 …

TPP知財(続)

先日の記事で、TPP知財分野が揉める理由として、国際社会における知財制度の実質は …

知財監査 IP Audit

海外のニュースで「IP Audit」という言葉をたまに見ます。  日本語で言うと …

smips:「知財業界における情報発信のあり方」について、パネルディスカション

セミナーのご案内です。10/15(土)午後に、smips@政策研究大学院大学にて …

伊藤先生
伊藤雅浩×IPFbiz ~ITコンサルと弁護士と知財~

対談シリーズ第4回目は、弁護士の伊藤先生との対談です。 伊藤先生はアクセンチュア …

正林真之×IPFbiz ~特許業界の偉人(異人)~

対談シリーズ第22回目は、正林国際特許商標事務所(以下、正林事務所)所長弁理士の …

オープン・クローズ戦略 知財戦略の参考図書

オープン・クローズ戦略の参考図書を2つ紹介します。1つは、小川先生の最新著書、 …

任期付審査官の採用復活と、FA11のその後

任期付審査官の採用が復活しましたね。http://www.jpo.go.jp/c …