IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

自分メディアとかセルフブランディングとか

   

先日の企業法務戦士さんとの対談の後に、ブログのあり方について色々と考えました。

戦士さんは10年近くブログを続けられて、企業法務戦士としての知名度も上がり、ブログの価値も高まっています。

企業法務戦士のような、専門分野に特化したものでなくとも、いくつものブログが、そのような高い影響力と発信力を持って存在しているわけです。

対談の後に、ちきりんさんの自分メディアに関する書籍を読んだのですが、ブログへの向き合い方が戦士さんと共通する点が多いなぁと思った次第です。 

ブログの流行り廃り

戦士さんやちきりんさんなど、今著名な方の多くがブログをはじめたのは、2002年から2005年ごろですね。

ちょうどこの頃、ブログというものが流行りだしました。
当時は、何か情報発信をするというよりは、紙に書く日記の延長のようにプライベートなことを書く人が多かったように思いますし、コメント欄を通じてのコミュニケーションを楽しみにしていた人が主流だったように思います。

そして2005年ごろから、mixiが流行りtwitterが流行りFacebookが流行りと、SNSの流行に伴って、Web上の気軽なコミュニケーションがSNSへと移行していくにつれ、ブログは若干廃れたというか、過去の古い文化のような位置づけになっていきました。

しかし2010年を超えたあたりから、メディアとしてのブログの価値が再認識され、古くて新しいメディアであるブログが再評価されてきている。
そういう流れにあろうかと思います。

そして、こういう流れに左右されず、古くからブログを書き続けている人がいます。そういう人は、単なる日記やコミュニケーションの場ではなく、自分の見解を述べて残しておく場、情報発信の場としてブログを捉え続けていた人です。

それが、企業法務戦士さんだったり、ちきりんさんだったり、今ブロガーとして名を馳せている方々ですね。ぶれずに書き続けることが出来るのが素晴らしい。

 

ブログの目的

企業法務戦士とちきりんとで、共通しているなぁと思ったのは、ブログを書く目的です。

どちらも、何かを宣伝する目的だったり、むやみに有名になってやろうとか、ブログで稼ごうとか、そういう目的を持っていないし、またブログ上でなにかコミュニケーションを図りたいとか、そういう目的も持っていません。

ただ、良質な記事を書き続けていった結果、熱心な読者が増え、ファンが増え、口コミと検索で自然に広がっていった結果、ブログの知名度が上がっています。

これって素晴らしいことですよね。結果としての今のブログの状態には憧れるのですが、そこだけを追い求めて得られるものではないんですよね。

 

ブログのスタイル・キャラ

両者のブログのスタイルは全く異なるのですが、それぞれに特徴があります。

企業法務戦士の場合は、まるで論文のような文章の格調高さ。ここまで固い文体で書いているブログは、他にはあまりありません。
そして、企業法務戦士としてのキャラクター。これも本人は、ブログ名であってID等ではないと言っていましたが、やはり読者からすると「企業法務戦士さん」が書いているんだなぁと、分かりやすく受け取ります。

これがブログのアイコンなりシンボルであって、企業法務戦士というキャラクターがブログを通じて出来上がっているわけです。

一方のちきりんさんの場合は、とても読みやすい口語スタイルで、やはり少し文体に特徴があります。
そして「ちきりん」というキャラクターも育っていっていますし、末尾の「そんじゃーね。」は、ちきりんの記事であることを示すアイコンのような存在となっており、ブログを特徴つけています。

仮に同じことを書いているとしても、このブログのスタイルというものが読者を惹きつけますし、企業法務戦士なりちきりんなりが言っているという付加価値を持つことになります。

こういうのを、格好良く言うとセルフブランディングということになるのでしょうが、一朝一夕で狙ってできるものでもありません。

 

当ブログ

振り返って、私がブログを始めた理由は、
・自分がそのときの考えたことを残しておきたいと思ったこと
・特に専門分野で、役に立つ情報を発信できると思ったこと
・何か将来のために、自分の意見を発信できる場のようなものを持っておきたいと思ったこと
です。

企業法務戦士のような有名で専門的なブログに憧れがあったこともあると思います。

そして、折角だから、
・ブログは大きくしていきたい、アクセス数も増やしたい、
・広告収入もあったらいいな、
という気持ちもあります。

きっと、この折角だからという気持ちは、あくまでもサブに置いておかないと、これらがメインにに置き換わってしまわないようにしないといけないんですよね。

当初の目的の元、良質な記事を書き続けることで、良いブログとなっていって、自分メディアのようなものになれるんだろうと思います。

文体とかキャラクターとか、何か特徴のある所はいいなぁと思いますが、きっと変に意識せずに自然体で書き続けるのがいいんでしょうね。

なんてことを、ダラダラと考えました。

そんじゃーね。

 - ブログ, 書評

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ブログとFacebookのOGPに最適なサムネイル画像サイズ比率

ブログ等のメディアに記事を書くときに、画像は非常に重要な役割を果たします。記事の …

知財立国が危ない/荒井寿光 レビュー

「知財立国が危ない」 日本企業は知財で勝って事業で負けるなどと叫ばれて久しいが、 …

本
大人向けのおすすめ名作アニメ20選

GWの気分転換に。これまで日本の純文学、海外純文学、名作漫画、熱血漫画と私のお勧 …

学問のすすめ 現代語訳 レビュー

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」あまりに有名な一節ですが、諭吉さん …

FB
ブログのFacebookページ

昨年末からブログを書き出して、アクセス数も段々増えてきました。もう少しで月1万P …

なぜ、日本の知財は儲からない ヘンリー幸田

日米知財の専門家で、エジソン研究家としても知られる、ヘンリー幸田氏の新書を読みま …

WordPressへ移転

livedoorブログから、レンタルサーバーでのWordpressに移転しました …

熱力学=現代的な視点から(田崎晴明著)

記事はこちらに移動しました。究極理論 theory of everything& …

お金で買えるもの・買えないもの

2chにこんな有名なコピペがあります。 「お金より大切なものなんて無い。誰か反論 …

企業法務マンサバイバル(はっしー) × IPFbiz ~企業法務専門家の働き方を考える~

対談シリーズ第8回目は、「企業法務マンサバイバル」のはっしーさんです。 はっしー …