IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

大人になってから読みたい海外純文学 ~お勧め小説名作10選~

   

本

前回の日本純文学に引き続き、今回は海外の純文学の小説をお勧めしていきます。

私は以前は、海外文学がちょっと苦手でした。文化の違いなのか雰囲気の違いなのか、どうも上手く感情移入できず、物語の中に入り込めない感じでした。

ですが、じわじわ読み進めていくと、各地域文化の違いにも慣れて、やはり数が多いので、素晴らしい作品も数多く存在していて、これらを読まないのは非常にもったいないことに気づきました。

本を読む大人であれば、これは読んでおきたいという海外純文学をお勧めします。いずれも間違いようのない名作です。


百年の孤独/ガルシア・マルケス

何度読み返しても味がでます。
安部公房に、南米のむんわりとした熱気がまとわり付いたようなテイストです。

無人島に一冊だけ本を持っていけるなら、私はこの本を選びます。

短編集のエレンディラも捨てがたい。


ナイン・ストーリーズ/J.D サリンジャー

ライ麦畑で捕まえてが有名ですが、フラニーとゾーイ等の雰囲気も素晴らしい。
短編集ナインストーリーズは、これらのいいとこ取りです。


異邦人/アルベルト・カミュ

味わって読まないと、サラっと読み終えて何も残らずに終わってしまう。日曜の午後にゆっくりと読みたい一冊です。

 

審判/フランツ・カフカ

断片的なのですが、カフカの片鱗に触れることができます。ぜひ読んでおきたい。

 

カラマーゾフの兄弟/ドフトエフスキー

海外文学に抵抗を与える大きな要因である「宗教」。
この宗教を、真っ向から、長々と取り扱った作品で、ゆっくりとした時間が取れたときに、まとめて読みたい作品です。
バラバラと読んでいると、人の名前が分からなくなります。


老人と海/ヘミングウェイ

米国文学がちょっと苦手だったのですが、この作品は非常にシンプルに名作です。


魔の山/トーマス・マン

風立ちぬで触れられて、少し話題にもなりました。
独自の世界とモラトリウムの中で変容していく意識。

グレート・ギャツビー/スコット・フィッツジェラルド

アメリカ文学を代表する作品です。村上春樹さんの影響で読みました。


ファウスト/ゲーテ

世界の三大文豪の一人であるゲーテが、60年の歳月を費やした文学史上最高の作品と言われます。
読まないわけにはいかない。

 

神曲/ダンテ

神曲の世界観はいたるところで引用というか影響を与えています。これも教養として避けては通れない名作。

 - 書評

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

知的財産イノベーション研究の展望: 明日を創造する知財学

日本知財学会から、「知的財産イノベーション研究の展望: 明日を創造する知財学」と …

稲森謙太郎×IPFbiz ~すばらしき特殊特許の世界~

対談シリーズ第15回目は、科学技術ジャーナリストであり、弁理士であり、米国公認会 …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)_201611

書籍代を全て経費にして、気にせずに買えるようになったことが、独立した一番のメリッ …

著作権本
著作権の基本教科書 著作権法第2版 中山信弘

中山先生の著作権法第2版が出版されました。初版から7年も経っているんですね。 初 …

パンドラの匣

パンドラの匣 (新潮文庫) [文庫]太宰 治新潮社1973-11-01すばらしい …

読みだすと止まらない ~おすすめの熱血少年・青年漫画~

前回に名作のお薦め漫画集を書いていたのですが、名作20選の中には入れにくいけど、 …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

なんだか最近、集中して長時間本を読めなくなってきている気がします。ビジネス部分的 …

システム開発紛争ハンドブック―発注から運用までの実務対応 レビュー

著者の一人である伊藤雅浩先生より、「システム開発紛争ハンドブック―発注から運用ま …

IT分野の知財書籍 : ITを巡るプロパテント/アンチパテントの潮流

著者の小山田先生より、「ITを巡るプロパテント/アンチパテントの潮流」をご恵贈頂 …

寝る間も惜しんで読んだ小説ベスト3

たまにはブログネタから。「寝る間も惜しんで読んだ小説ベスト3」ということで、スト …