IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

特許はイノベーションの指標となるか? イノベーション企業ランキング

   

少し前に、世界の革新企業トップ100に、日本企業が多く選ばれ、米国を抜いて日本が世界一になったというニュースが出ていました。

トムソンロイターが発表した「Top 100 グローバル・イノベーター2014」です。
これによると、100社の中に日本企業が39社も選ばれ、世界で最も多くイノベーティブな企業を輩出している国が日本となり、日本のイノベーション力が遺憾なく発揮されています。

・・本当でしょうか? ちょっと違和感が。

イノベーション企業ランキング by トムソン

受賞した企業はトムソンのHPから見られます。
どれも立派な大企業であることは間違いないのですが。リストはこちら。

イノベーション企業100

この分析では、イノベーションの指標として「特許」のみを用いています。

特許の出願件数だけではないのですが、用いているのは、
件数と、特許査定率と、グローバル出願率と、被引用率の4つのパラメータです。

結局は、グローバルにたくさん特許出願している企業が選ばれる、ということになっています。

もちろん、イノベーティブな研究開発は特許へと実を結ぶことが多いのは事実ですが、特許の出願件数は、その企業がイノベーティブかどうかとは異なる点に影響を受けているように思います。

仕事上、特許の動向分析をよく行っていましたが、古くからの日本メーカー同士の動向は特許分析からよく見えるものの、新しい産業の新しい企業など、それがイノベーティブな領域ほど、特許件数からその勢いを図ることは難しく、特許と実態との差が出てしまうものです。
特許という指標のみから、イノベーション企業を分析するという手法には、ちょっと違和感を感じてしまいます。

イノベーション企業ランキング by Forbes

さて、イノベーティブな企業ランキングは、いくつかの手法で様々な機関から発表されています。

その一つが、世界最大のビジネス誌Forbesによるもの。
The World’s Most Innovative Companies List – Forbes

これによると、1位はクラウドサービスのSalesForce、2位は製薬企業のAlexionで、3位がARM Holdingsです。
その他、上位にはAmazonやVMsareなどが並び、日本のトップは楽天の17位です。

この分析は、時価総額と総資産との差額を見ているため、
イノベーションにどれだけ期待しているか、と言っていますが、ブランド力を含めた無形資産の総額のようなもの。

これもちょっと違うかも。

イノベーション企業ランキング by MIT

まだあります。

MITの機関誌であるMIT Technology Reviewが、昨年の実績に基づく「50 Smastest Companies」(世界で最も革新的な50社)をランキング形式で発表しています。

50 Smartest Companies MIT

結果はこんな感じ

smartcompanies

ランキング指標の詳細は不明ですが、イノベーションが起きているかに焦点を当てており、評判は重要視していないということで、FacebookやAppleは上位に含まれていません。

 

イノベーション企業ランキング by ボストンコンサルティング

最後が、ボストンコンサルティングによるもの。

The 50 Most Innovative Companies In The World

世界中の1500人以上の著名な経営者に対して最もイノベーティブな企業を選んでもらい、更に直近3年間の株価、売上、利益の成長を加味して順位付けしたものだということです。

結果はこちら。

イノベーション企業ランキング

MITによるものとは対照的に、こちらはAppleが1位になっています。
日本企業からは、8位にトヨタ自動車、10位にソニー、30位にソフトバンクがランクインしています。

イノベーションの定義は様々ですが、個人的な感覚としては、このランキングがしっくり来ます。

 

日本のメーカーは、大量の特許出願をしていて、特許分析によると世界でも最も有力な企業になることは確か。
しかし、その大量の特許権が、本当にイノベーティブな研究開発から生み出されているのか、その特許権がイノベーティブな企業活動に繋がっていて、イノベーションを起こしているのかと問われると、それはなかなか難しい。

なんとなく、大量の特許権の上に眠ってしまっていて、特許に関係のない巨人がすいすいと進んでいってしまっているような印象を受けます。

特許権の上に眠る

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

JPlatpat2
無料の特許検索サービス 特許電子図書館(IPDL)⇒特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)

国が提供する無料の特許検索サービスとして、「特許情報プラットフォーム」が平成27 …

no image
ニュージーランド、ソフトウェアに対する特許権付与を禁止へ

ニュージーランド、ソフトウェアに対する特許権付与を禁止へ 最近、特にIT分野で特 …

LED
ノーベル物理学賞~職務発明制度

青色発光ダイオード(LED)を発明した中村修二さんらが、ノーベル物理学賞を授与さ …

湯浅竜×IPFbiz ~知財教育と最強の知財マン~

対談シリーズ第13回目は、弁理士の湯浅竜さんです。前回の野崎さんからご紹介いただ …

特許の誤解 (上級編)

初級編に続いて、よく聞く特許の誤解の上級編です。   他社の拒絶された …

ベンチャー・スタートアップが特許を取る5つの意味と、効果的な特許の出し方

ベンチャー企業やスタートアップ、中小企業などは、目先の事業を拡大させるのが急務で …

特許公報への直リンクと、特許公報の著作権

例えば、Googleがこんな特許を取りましたよー、とTwitterでつぶやきたい …

idea
発明の要旨と技術的範囲認定のダブルスタンダード リパーゼ判決と特許法70条2項の関係

特許発明は、特許請求の範囲の記載によって定められるものです(36条)。しかし、そ …

特許査定率上昇の原因

  興味深いレポートが、特許庁から出ています。   我が国に …

Googleの特許買収を調べてみた

googleによる企業買収のニュースが、毎週のように流れてきます。すごいペースで …