IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

著作権の基本教科書 著作権法第2版 中山信弘

   

著作権本中山先生の著作権法第2版が出版されました。
初版から7年も経っているんですね。

初版の543ページから、689ページと、さらに分厚くなりました。
著作権の基本書の一つだと思いますので、著作権業務に関わる方や興味のある方は、ぜひ購入すべき一冊です。

著作権法 第2版 中山 信弘

初版から、基本的な章構成は変わっていません。
法改正や近年の動向に対応しながら、いくつかの箇所の記載が厚くなっています。

特に変わった点から興味深い箇所のみ、抜粋引用してご紹介します。

30条(私的複製)

権利制限規定は法改正の多いところなので、それぞれに対応して追加されていますが、30条についても自炊やクラウドに触れながら記載が多くなっています。

30条では「その使用する者が複製することができる」と規定されており、合法となるのは私的使用をする者が複製をする場合に限られ、原則として私的使用をする者に替わって複製をする者は含まれないので、デジタル複製を代行する自炊代行業者については、現行法の解釈としては違法となろう。

 

本条に監視、将来大きな問題となるであろうと考えられるものにクラウドサービスがある。・・・この問題は早急に立法を考える必要があろう。クラウドに特化した立法をなすか、フェアユース規定を導入するか、等々の検討が必要である。

 

47条の6(検索エンジン)

検索エンジンに関する法改正がされた所ですが、細かな要件についてはかなり批判的です。

本条は「公衆からの求めに応じ」という要件が規定されており・・・プッシュ型の検索エンジンは違法であるという解釈を招く可能性がある。・・本条のように細かな要件を定めると、たちまちにして時代遅れの条文と化してしまい、それは新しいネット・ビジネスの障害ともなりかねない。・・・将来を見越して細かい要件を定めることは不可能であり、やはりフェアユースの導入をする必要があると考えられる。

 

フェアユース

個人的に、一番内容が変わったと感じたのはここの章。
初版ではフェアユースに対して慎重な立場だったように思いますが、第2版ではフェアユースを強く推進する立場になっています。

・・・特に技術革新の激しい時代においては、必要に応じて権利制限規定を設けるのでは間に合わず、早急にフェアユース規定を設ける必要があると考える。

H24年改正における「フェアユースの成れの果て」についても、非常に批判的です。

平成24年に成立した法改正は・・・さらにトーンダウンされ、4箇条の個別的権利制限規定に分解されて規定されているが、いかなる理由で審議会報告からこのような条文になったのかは不明である。・・・最早フェアユース規定と呼べるようなものではなく、「名も実も捨てた」フェアユースと言うべきであろう。・・・今回の改正はフェアユースの導入という議論から始まったが、結果的にフェアユースとは正反対のものとなっている。

 

侵害主体(被請求権者)

初版では、請求権者という章に対応して、「被請求権者」という章でしたが、第2版では「侵害主体(被請求権者)」という章の名前に変わり、主体論を意識した書き方になっています。
カラオケ法理から、まねきTV、ろくらくⅡ事件への考え方の変遷について詳しく述べられ、クラウドについても触れています。

・・・この最高裁判決は、クラウドを始めとするネット・ビジネスに少なからず事実上の萎縮効果を与えているという点には注意すべきであろう。ただ単なるロッカー型のクラウドは貸し倉庫に近い存在であり、これについてまで射程を広げるようなことになると、今後のクラウドビジネスの発展を妨げることになり、わが国の経済にも大きな影響を与えかねず、クラウドへの入力はユーザー自身の入力であると解すべきであろう。

 

非常に良い本なので、初版を持ってない方は是非このタイミングで購入をお勧めします。

 - 書評

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

本
大人になってから読みたい海外純文学 ~お勧め小説名作10選~

前回の日本純文学に引き続き、今回は海外の純文学の小説をお勧めしていきます。 私は …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

 ビジネスベンチャーにとって重要なファイナンス。良い本でした。自分でも …

なぜ、日本の知財は儲からない ヘンリー幸田

日米知財の専門家で、エジソン研究家としても知られる、ヘンリー幸田氏の新書を読みま …

システム開発紛争ハンドブック―発注から運用までの実務対応 レビュー

著者の一人である伊藤雅浩先生より、「システム開発紛争ハンドブック―発注から運用ま …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

なんだか最近、集中して長時間本を読めなくなってきている気がします。ビジネス部分的 …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

今月は、商標のお勉強に時間を割きました。なかなか面白いです。ビジネス何かと話題の …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

今月読んだ本。GWがあったので、小説多めです。商標実務でお勧めの本があったら教え …

電子書籍とWebマンガ

最近、電子書籍リーダーを買いました。小説やビジネス本や青空文庫やマンガなど、いろ …

パンドラの匣

パンドラの匣 (新潮文庫) [文庫]太宰 治新潮社1973-11-01すばらしい …

寝る間も惜しんで読んだ小説ベスト3

たまにはブログネタから。「寝る間も惜しんで読んだ小説ベスト3」ということで、スト …