IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

中国韓国特許を無料で日本語調査する方法 ~中韓文献翻訳・検索システム~

   

特許検索
IPDLからJ-PlatPatへとサービスが移転するなど、特許庁の情報基盤強化が進んでいますが、中国と韓国の特許文献を日本語で全文検索できるシステムが、特許庁から無償で提供されることになりました。

本稼動はまだですが、11/13から試行版ということで提供が始まっています。

中韓文献翻訳・検索システム

こちらのページから利用可能です。

ざっと使ってみましたが、近傍演算やNOT演算などの検索機能が充実していて、動作も軽く、インタフェースも分かりやすく、結構いい感じです。

トップページから、通常のテキスト検索や出願人で検索するときは、「公報テキスト検索」を選択します。

検索の画面がこちら

中韓文献翻訳検索システム2

上記画面イメージのように、フリー検索条件で、検索項目を選びながら条件を入力していきます。
複雑な検索が必要であれば、下の近傍演算を使ったり、NOT検索条件を使ったり。
単なるAndとORの組み合わせだけでなく、集合式も使えるのが良いですね。


検索結果が出た後、一つずつ読んでいくのであれば「スクリーニング」
スクリーニング画面はこちら。

中韓文献翻訳検索システム1

ページめくりの動作は軽く、キーワード反転機能もあります。


一覧を俯瞰したければ、「検索結果一覧」
ここで、発明の名称や出願人名を見て、気になる公報の番号から公報詳細を見ることができます。


後は、審査の経過情報や、権利の生き死にが分かれば、本気で利用できます。

 

興味深いのは、スクリーニング画面から、「誤訳報告」が出来ること。
この公報のこの訳が不適切で、正しくはこう表現すべきですよ、という報告をすることができます。

本システムは機械翻訳なので、どうしても微妙な訳が残ってしまう。これを、クラウドソーシング的な考えで、利用者の力を借りて改善していこうというわけですね。

同じように、ヒットしないキーワードの報告もできます。

公的で、利用者の多いシステムならではの工夫で、とても感心しました。

 

中国特許の重要性

世界の特許文献

世界の特許文献数のグラフを見ると、中国特許の存在感が強まっていることが一目瞭然です。

特許庁としては、先行技術調査の範囲に中国特許を加えなければと当然考えていますし、
企業としても、中国に事業展開するのであれば中国特許を調査する必要性が高まっていると言えるでしょう。

そんな中、このようなシステムのリリースは有り難いですね。

ただ、中国では質の低い実用新案出願が非常に多く、ちょっと調査してみて危ない権利が見つかったときに、実際どう対応するのかは悩ましいです。

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

yuasa
湯浅竜×IPFbiz ~知財教育と最強の知財マン~

対談シリーズ第13回目は、弁理士の湯浅竜さんです。前回の野崎さんからご紹介いただ …

損害賠償額
中国、知財訴訟の損害賠償額を増額へ

先日の記事でも書いたように、知的財産戦略本部にて「知財紛争処理システムの活性化」 …

ipfbiz300
勉強会の紹介 ~ドイツ特許制度の変革と産業競争力の関係 インダストリー4.0、IoT、オープン・クローズ戦略~

面白そうな勉強会があったので紹介します。以前に対談させて頂いた湯浅さん(Tech …

CIMG13261
齋藤憲彦 × IPFbiz ~Appleに特許で勝った個人発明家~ (後編)訴訟裏話と知財司法の課題

前編からの続きです。アップルとのコンタクトから訴訟へきっかけは母親の発明?安高: …

rockstar
RPXがRockstarコンソーシアムから特許4000件を9億ドルで取得

RPXは23日、ロックスターコンソーシアムが保有する特許約4000件を、9億ドル …

no image
ニュージーランド、ソフトウェアに対する特許権付与を禁止へ

ニュージーランド、ソフトウェアに対する特許権付与を禁止へ 最近、特にIT分野で特 …

mirai
特許無償開放 トヨタ自動車とテスラの違い

年明け早々からビッグな知財ニュースです。 トヨタ自動車が、燃料電池自動車に関する …

invention
プロダクト・バイ・プロセスクレームの憂鬱 最高裁判決解説

プロダクト・バイ・プロセスクレームの最高裁判決が出ました。製法が異なれば特許侵害 …

特許公報への直リンクと、特許公報の著作権

例えば、Googleがこんな特許を取りましたよー、とTwitterでつぶやきたい …

ベンチャー・スタートアップが特許を取る5つの意味と、効果的な特許の出し方

ベンチャー企業やスタートアップ、中小企業などは、目先の事業を拡大させるのが急務で …