IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

GoogleとBMWの「Alphabet」問題 ~商標と商号の違い~

   

Googleが持ち株会社として「Alphabet」を新設することを発表しました。

「Alphabet」という会社名の由来については、
Alphabetは「人類で最も重要な革新の一つである言語を表現する文字の集合であり、われわれがGoogle検索のインデックスを作るしくみの中核だから」と述べられています。

また、これまで提供してきた膨大なサービスは、A~ZまであるうちのGだけに過ぎないんだ、これからはもっと多様なサービスを展開するよ、みたいなメッセージも感じます。

Googleは非常に幅広いサービスを提供しているので、持ち株会社を作って、本業に関係の薄い業務の独立性を持たせるという経営は、妥当なものかなと感じます。

alphabet、Google

それにしても、Googleの持ち株会社にしては、「Alphabet」という名前は、えらくググラビリティが低い名称だなと思ったのですが、Googleで検索すると、ちゃんとヒットします。
Bingなどでは一般名称としてのアルファベットのほうが上位にヒットするので、なにかしらチューニングを加えているのかもしれませんね。


そして、一般名称に近い名前なだけに、既に使われている可能性も高いという事で、
早速、BMWの子会社が「Alphabet」であり商標権も取得しており、商標権侵害の可能性がないか、BMWが調査しているというニュースが出てきました。

Goggleは自動運転車の開発もしているので、ちょっと危なそうという印象を持ちますが、ニュースによると、法的問題はなさそうという見解だということ。

これは何故か。

商標と商号の違い

商標と商号(会社名)は異なる、ということです。

よく混同されますし、しばしば同一のものにもなるのですが、商標と商号は別物です。

商号

商号とは、商人が営業を行う際に自己を表示するために使用する名称のこと。要するに会社名のことです。

これは、日本の場合は商法や会社法において規定され、法務局に登録することができます。

同じ市町村内において他人の商号と同一のものを登録することはできませんが、類似するものは登録可能であり、地域が異なれば同一の商号も使えます。


商標

一方の商標は、商品又はサービスの出所を識別するためのもの。要するにブランドのことです。

これは商標法において規定され、各国の特許庁に登録すれば、その同一・類似商標を指定商品・役務において使用することを独占することが可能となります。

 

会社名は商標的使用か

例えば「SONY」という名称。
これは会社の名前なので商号であることと同時に、SONYが生産販売している製品やサービスの出所を示す働き、つまり商標としても機能していることになります。

SONYが生産販売しているテレビに「SONY」というロゴを付するのは、会社名としてのSONYを付しているだけでなく、そのテレビの出所がSONYということを示しているので、商標的な機能も果たしていることになります。

したがって、通常の事業会社であれば、その会社名は商号であると同時に商標でもあるため、商号の登録だけでなく商標の登録もするし、商標として使用した際に他人の商標権を侵害するような会社名にすることは避けるということがなされます。


もちろん、常に商号=商標ではなく、
SONYが有していたブランド「VAIO」は、ブランド名ではあるけど会社名ではなかったので、商標だけど商号ではない、という状態でした。

通常、商号≠商標となるのは、
商標ではあるが商号ではないというパターンですが、今回の「Alphabet」は逆です。


つまり、Googleの持ち株会社である「Alphabet」は、会社名なので商号ですが、持ち株会社であって、子会社の経営は行うが、自身が事業を行う事業会社ではない。

自身がサービスを提供することをしないので、当然、サービスの出所を示す形で「Alphabet」という文字を使うことをしません。

そうすると、いわゆる商標的な使用をしないので、他人(BMWなど)が同一の商標権を持っていても、それを侵害することにはならない、ということになります。

 


とは言っても、仮にGoogleが自動運転車を販売するに際して、Googleのロゴと一緒に持ち株会社である「Alphabet」のロゴも付するとすれば、場合によってはそれは商標的使用とも判断される可能性があり、商標権侵害となることも十分に考えられます。


したがって、現在BMWが、商標権侵害とならないか調査していると言っていますが、これは実際に「Alphabet」がどのような使い方をされるかを見ないとなんとも言えません。
せいぜい、このような使い方がされた場合は商標権侵害になる、ということを整理しておくくらいです。


ですので、持ち株会社の名前を「Alphabet」とすることで直ちに法的問題が生じることはないでしょうが、将来、なにかと制限にはなりそうかなと思います。

 - 意匠・商標

ad

ad

Comment

  1. ベンちゃん より:

    「同じ市町村内において他人の商号と同一のものを登録することはできませんが、」とのことですが、http://knpt.com/contents/news/news00071/news71.htmなどにあるように、商法の改正により、同一の住所でないかぎり同じ商号の登記は可能です。

    また、SONYが商号とのことですが、ソニー株式会社のように会社の種類を含めないと商号にならないと思います。

    • shiro ataka より:

      ベンちゃんさん、
      丁寧なご指摘ありがとうございます。

      古い情報と不正確な表現で失礼しました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

音商標や色彩商標など新しいタイプの商標の審査基準案

産業構造審議会知的財産分科会商標制度小委員会商標審査基準ワーキンググループにおい …

%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%9e%e3%82%ac%e5%95%86%e6%a8%991
FC2-ドワンゴ 「ブロマガ」商標権者同士の争い 解説

ドワンゴは9月8日、ブログサービスなどを運営する米FC2が、同社が持つ商標権をド …

ウルトラマン
色・音など新しいタイプの商標の検索・調査方法(J-Platpat)

4/1から、色彩・音・動きなど新しいタイプの商標出願の受付が始まりました。 出願 …

商標的使用と商標機能論の関係 ~商標権侵害の要件と実体判断~

特許権や意匠権の侵害判断と比して、商標権の侵害判断には理論的な難しさが存在すると …

画像意匠
画像デザインの保護拡充 意匠審査基準改訂の方向性

画像デザインの保護範囲拡充について、意匠審査基準WGにて議論が進められています。 …

商標的使用(商標法26条1項6号) 法改正後、初の判例(知財高裁平成26年(ネ)10098)

商標法改正後、はじめて「商標的使用」について争われた判決が出ました。商標権の侵害 …

JPS_001486097_000001
画像を含む意匠・画面デザイン意匠の改正のポイント解説

近年、サービスの差別化のためのUIの重要性はますます高まっているように感じます。 …

ガチャ
商標「ガチャ」の効力は?

先日、商標的使用の考え方について書きましたが、平成26年法改正で、条文に盛り込ま …

Google Glass
Googleは商標「Glass」を取得できるのか?

Googleが、Google Glassについて、商標「Glass」を出願してい …

%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f%ef%bc%91
口コミサイトの情報を商標権侵害で削除できるか

口コミサイトの情報を商標権侵害を理由に削除するという、ちょっと納得しにくい事件の …