IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

平成26年弁理士論文式試験 感想

      2014/08/21


昨日は弁理士の論文試験でしたね。
受験された方は、本当にお疲れ様です。

一通り問題を見たので、感想だけ書いておきます。
 

特許法

・問題Ⅰ
 
事例としては、比較的シンプルですね。
手続き系の問題である(1)、(3)、(4)は、広くあっさり書いておけば問題なさそう。

 

 
(2)は29条1項の理解、というか知識が問われますね。
模範解答は、譲渡を公開実施と見て29条1項2号で切ってますが、
模範解答と同じ論旨でスバっと書ききれた人は、そんなに多くはないでしょう。
 
29条1項1号を厚く書いたり、その他の判断でも、
理屈が通っていれば、ある程度点はもらえそうに思います。 
 
 
(5)については、34条の3第6項がピックアップできたかどうかが勝負の別れどころ。
マイナーな条文ですが、 
やはり、試験の現場で、適切に関係する条文を拾い上げることが重要ですね。
 
 
・問題Ⅱ
例年通りの判例問題。
ウォーキングビーム事件と、インクカートリッジ事件。
 
有名どころの判例で、事例の当てはめも、ほぼそのままなので、
しっかり勉強してさえいれば、点が取りやすい問題かなと感じます。
 
 

意匠法

・問題Ⅰは、スタンダードな事例問題。
今年は趣旨問題が無いんですね。 
 
・問題Ⅱは、26条の2第2項がピックアップできたかどうかが、勝負の分かれどころ。
これもマイナーな条文ですが、
探せば見つかるところにあるし、
見つかればある程度書ける内容かなと思います。
 
 

商標法

・問題Ⅰ
いわゆる1行問題。
伝統的な論点ですが、書こうと思えばいくらでも書けて、
一番差がつく問題ではないかと思います。
 
・問題Ⅱ
すごくスタンダードな事例問題ですね。
 
 

全体の感想

 

全体的には、
あまり無理もなく捻りも少ない、
スタンダードな良問だったように感じます。

はまるとしたら、特許法の新規性の事例ですが、
そこではあまり差がつかない気がします。

むしろ、手続き系の当たり前の問題で、広く浅くまとめられるかという点や、
特許法問題Ⅰ(5)や、意匠法問題Ⅱなどで、
普段あまり出てこないマイナー条文をしっかりピックアップできたか、
という点で、差が付きそうです。
 
 
基本的な条文知識・判例知識を押さえている知識力
手続きなどを広く浅く書けるアウトプット力(慣れ)
本番では関係する条文を短時間で探すことができる現場力
これらの、当たり前の基礎力を素直に問う問題だと感じました。
 

 

残り、口述試験に向けて頑張ってください。
口述試験は、やっぱり条文集だと思います。

 - 弁理士

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

キャリアアップ
弁理士の新しいキャリア

弁理士のキャリアの広がりについてと、新しい道を切り開く友人の応援。 弁理士 職業 …

弁理士ゆうすけ×IPFbiz ~弁理士とブログと監査役~

対談シリーズ第6回目は、弁理士で監査役でブロガーのゆうすけさんです。 弁理士であ …

弁理士会と公認会計士協会の連携

今年度から、日本弁理士会の委員会に、「公認会計士連携委員会」が設立されています。 …

LEC合格祝賀会
弁理士試験 合格発表、合格祝賀会2014

そろそろ多くの受験生は、口述試験も終わったところでしょうか。 これまでの短答試験 …

独立開業してからの3か月を振り返って

今年の頭に特許会計事務所を独立開業してから、3か月が経過しました。無事に(?)、 …

今年の事業計画と目標

あけましておめでとうございます。今年も皆さまにとって良い年になりますように。さて …

キャリアアップ
知財業界の就職・転職事情

リクエストがあったので、知財業界の就職・転職事情について語っていこうかと思います …

専門性の拡大と集中
ダブルライセンスの可能性

本日、LECで講演をしてきました。 「知財と会計で切り開く知的財産フロンティア」 …

LECの実務家講演会で講演します

LECさんからご依頼を頂いて、実務家講演会ということで講演をすることになりました …

career
知財業界の就職・転職事情 文系出身者の悩み

前回の知財業界の就職・転職事情の続きです。 採用担当なりOB訪問なりをやっていて …