IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

テスラ・モーターズ、特許オープン戦略の意図は?

      2015/02/22


Tesla Roadster

テスラ・モーターズが、保有する全特許を他社が使用することを認める、
と発表しました。
 
「オープンソース化が電気自動車技術の進展を促すことを期待」、と。

とても興味深いですね。 
 
テスラ・モーターズの日本への出願は40件強、米国への出願は400件強、
特許の多くはバッテリ関連です。
 
 
CEOのイーロン・マスク氏は、PayPalの創業者でソフトウェア業界出身ですが、
自動車・エレクトロニクス業界で、オープンソース的な話を聞くのは珍しい気がします。
 
どんな意図なのでしょうか?
 
 
 
EVの普及のため、一番の課題はインフラの整備です。
 
そしてそのインフラは規格が統一される必要があるし、
インフラに設備投資するには、EVの普及が見込まれないといけない。
(卵が先か鶏が先か、という感じですが)
 
そのためには、自社だけの力ではなく、自動車業界全体がEVに着手するのが早道
 
 
とは言え、単にすべてをオープンにするだけでは、
コモディティ化して、価格競争に巻き込まれ、シェアが低下する恐れがあります。
 
オープン・クローズ戦略を考えたときに、
EVの製造自体やインフラ部分はオープンにしたほうが、市場の拡大に繋がる。
 
開発で先行しているテスラ社が守るべき領域、優位を保つべき領域は、
少し違うところにあるのでしょう。
 
 
また、クローズのための手段は、特許だけではない。
真似できない技術や、ブランドや、ノウハウや、標準技術の土台になるところ。
そこを抑えつつ、EV市場はオープンにして拡大を推進する。
そして「誠意ではない」企業については権利行使の可能性も捨てない。
 
 
自社の独占よりも、まずはパイを大きくすることが優先事項
市場が大きくなれば、
その割合の多くを取ることができる自信があるのでしょう。
 

単に防衛目的で持ってるだけで、特段の活用をしないのであれば、
協力的な企業にはオープンにするよー、と宣言してしまうのも、
有りな戦略だなーと思いました。 

 

 - 知財戦略

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

著作権
知財法務とは 「法務系 Advent Calendar 2014」

今回は、「法務系 Advent Calendar 2014」に参加させて頂いての …

知財立国研究会第4回シンポジウム
元知財部長の本音 ~知財立国研究会第4回シンポジウム~

シンポジウムのご案内です。知財立国研究会が毎年開催しているシンポジウム、今年で4 …

no image
TPP、なぜ知財でもめるのか

先日のWikiLeaksが公開した文書から、TPP・知財面では完全合意はかなり難 …

知財監査 IP Audit

海外のニュースで「IP Audit」という言葉をたまに見ます。  日本語で言うと …

知財立国シンポジウム2
知財立国研究会シンポジウム 感想

先日紹介をした知財立国研究会のシンポジウムに参加してきましたので、感想とメモなど …

知財推進計画2016
知的財産推進計画2016のポイント解説

知的財産推進計画2016の案が出ました。簡単にポイントを解説しようと思います。第 …

知財部のプロフィットセンター化、本当に必要?

知財部門のプロフィットセンター化、という話をよく聞きます。 聞こえはいいですが、 …

知的財産報告書と知的資産経営報告書の違い

知的財産・知的資産に関する企業の開示には、 知的財産報告書と知的資産経営報告書の …

TPP知財(続)

先日の記事で、TPP知財分野が揉める理由として、国際社会における知財制度の実質は …

特許検索
クラウドソーシングの「リアルワールド」が知財コンサルの「マークアイ」を買収

リアルワールドがマークアイを買収して子会社化するそうです。ちょっとびっくり。 リ …