IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

知財移転価格にDCF法の共通ルール グローバルタックスマネジメントに終止符か

      2014/08/21


OECDの合意により、
多国籍企業の知財移転価格について、
日米欧主要国での共通ルールが定められるようです。

新ルールは、DCF法を中心とするようで、
また、将来発生した利益が計算で想定した以上に多ければ、追徴課税することも検討するそうです。



知財取引価格に新ルール 日米欧、国境またぐ節税に網



以前のパテントボックスの説明記事でも書きましたが、
グーグル、アマゾン等の多国籍企業における、
行き過ぎたグローバルなタックスマネジメントが進んでいます。 

ダブル・アイリッシュ&ダッチ・サンドイッチのような複雑なものも、
あるいは単に法人税が低い国で知財管理をするようなシンプルなものでも、
要するに「知財権による国を超えた利益の付け替え」 を利用していることに変わりはありません。

知財権の不当に低い価格での移転、あるいはサブライセンス付きのライセンス付与。
これは、知財の移転価格を将来利益の予測に基づき計算し、
さらに実際値による追徴課税で補足すれば、
理論的には不可能となるはず。

もちろん現場の実務負担は増えますし、
細かい点で詰めるべき問題もありそうですが、
基本的には必要なルールだと認識しています。

法人税は、事業利益を得た地域で、然るべき額を収めるべきですね。

 - 知財会計 ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

OECD
知財脱税対策 OECD

以前からOECDが知財取引価格に新ルールの適用を検討していましたが、これらの検討 …

知的財産の価値評価と、企業におけるディスクロージャー ⇒ 知財価値評価が活きる場面

特技懇誌という特許庁が発行している刊行物に寄稿をしました。このブログを見た編集委 …

知財会計と知財価値評価(法律会計勉強会)

昨日は、弁護士と公認会計士が主に集まる、法律会計士業交流セミナーで「知財会計と知 …

invention
職務発明規定改正「対価⇒報酬」による会計税務的影響・所得区分について

最近はTPPに押されてか報道が落ち着いていますが、職務発明規定の改正による税務的 …

評価人候補者制度とは? 知的財産価値評価推進センター

弁理士会の知的財産価値評価推進センターが取りまとめている、評価人候補者に登録申請 …

工藤一郎
工藤一郎×IPFbiz ~YK値と特許価値評価~

対談シリーズ第11回目は、工藤一郎国際特許事務所、所長弁理士の工藤先生です。 工 …

日本版IFRSの是非

日本版IFRSの草案が公開されました。 日本版IFRS、正式名称は「修 …

4-1-1.102条3項規定の趣旨

損害賠償額_目次へ 特許法102条3項は、特許権者は侵害者に対して、そ …

特許権侵害訴訟における損害賠償額算定についての考察 (目次)

知財権と金銭評価が関わる領域は多々あるが、訴訟における損害賠償額の算定、特にその …

4-2.近年の判例抽出(102条3項)

損害賠償額_目次へ 直近2年間ほどで、102条3項の損害賠償額が認定さ …