IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

必須標準特許の価値

      2015/02/22

モトローラ・モビリティ対アップルの特許訴訟で、
また「必須標準特許の濫用」というキーワードが出てきました。

 EU当局、「必須標準特許の濫用」に警告 – モトローラの独訴訟関連で


モトローラの特許権主張が、必須標準特許の濫用に当たるとのことです。

EUの規制当局は欧州時間29日、モトローラ・モビリティ(Motorola Mobility;以下、モトローラ)がドイツで、アップルを相手取って起こしている特許関連の訴訟について「必須標準(FRAND)特許」の濫用にあたるとする考えを示した。モトローラに対して罰金等は課されないものの、法廷闘争を続けるスマートフォンメーカー各社などにクギを刺した動きとされている。


ところで、記事中の「必須標準(FRAND)特許」という表現はちょっと変。

必須標準特許を英語で表現するなら「standard essential patents」、
「SEP」と略されたりします。

FRANDは「Fair, Reasonable, and Non-discriminatory」の頭文字をとったもの。
「公平、合理的、かつ非差別的」の意味で、ライセンスの条件を意味します。

「FRAND宣言がされた必須標準特許(SEP)の濫用」
というのが正確な表現でしょうか。



閑話休題、
一昔前は、標準特許こそが、
企業が取るべき、価値の高い特許
とされていたように思います。

クアルコムのCDMA規格での荒稼ぎっぷりを見てのことでしょう。


それが、アップル対サムスンの判決が出だしてから、流れが変わってきました。

係争が始まった当初は、
ガチンコの特許訴訟になったら、基本的な特許を多く有しているサムスンの方が、
有利になるのではないかと睨んでいました。

アップルが有しているのはデザインやインタフェースなど周辺特許だけであり、
サムスンはそれを回避し得るが、アップルがサムスンの特許を回避するのは難しいだろうと。

しかし、蓋を開けてみれば、
FRAND宣言がされた必須標準特許を行使することは権利の濫用だと、
アップル側に非常に有利な解釈が通ったわけです。


今回のモトローラ・モビリティ対アップルの特許訴訟でも同様ですね。

結局、必須標準特許をもって、差止請求を行うことはできず、
適正なライセンス料しか請求できないため、
競合企業との競争力を高める上では、あまり使えないことになってしまったわけです。

もちろんライセンス収入を得ることはできるでしょうが、
直接的な事業での競争力に貢献しないとなれば、
標準特許の価値が認識的に下がったと言えるでしょう。

必須標準特許の権利行使については、
このレポートが詳しいです。




では、企業が取得を目指すべき特許は、どのようなものになるのでしょうか?
 
ひとつは、アップルの例に倣って、
インタフェースや画面デザインなど、
必須とは言い難いが、製品機能として魅力的で競争力があり、
他社も模倣したくなるような機能に関する特許。

標準特許と対比して差別化特許と呼んでもいいかもしれません。
ただ、自社しかやらない技術に多くの特許を取っても、
あまり意味はなさそうです。


もうひとつは、やはり基本特許と呼ばれるような、
未だ標準技術ではないが将来開花する分野における、
単独でも威力を発揮する、回避困難な基本技術に関する特許でしょうね。

その意味では、基本特許と標準特許の違いを、
よくよく考えてみると面白そうです。

 - 知財戦略

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

オープン・クローズ戦略 知財戦略の参考図書

オープン・クローズ戦略の参考図書を2つ紹介します。1つは、小川先生の最新著書、 …

no image
TPP、なぜ知財でもめるのか

先日のWikiLeaksが公開した文書から、TPP・知財面では完全合意はかなり難 …

特許の誤解 (初級編)

よく聞く特許の誤解 初級編 東京特許許可局はどこにあるんですか? 東京特許許可局 …

IP Force
IP Force × IPFbiz ~IP Forceの中の人と話してみた~

今年から企画している対談シリーズ「○○×IPFbiz」ですが、前回の企業法務戦士 …

知財立国研究会第4回シンポジウム
元知財部長の本音 ~知財立国研究会第4回シンポジウム~

シンポジウムのご案内です。知財立国研究会が毎年開催しているシンポジウム、今年で4 …

企業法務戦士
企業法務戦士×IPFbiz ~知財法務ブログ対談~

新年の挨拶でも書きましたが、今年はブログ上で、他のブロガーさんや知財法務の専門家 …

Platpat4
特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)を使ってみた感想

J-PlatPatへ グローバル知財戦略フォーラム2015の会場で、J-Plat …

秘密
不正競争防止法(営業秘密保護)改正予定案の概要解説

産業構造審議会の「営業秘密の保護・流通に関する小委員会」にて、昨年9月から営業秘 …

知財紛争処理システム委員会施策
知財訴訟制度の改革(損害賠償額、差止請求、権利の安定性等)

知的財産戦略本部の「知財紛争処理システム検討委員会」第1回が開催されました。知財 …

知財推進計画2016
知的財産推進計画2016のポイント解説

知的財産推進計画2016の案が出ました。簡単にポイントを解説しようと思います。第 …