IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

アカシア・リサーチ日本進出 特許管理会社とパテントトロールの違い

      2014/08/21

アカシアリサーチアカシア・リサーチ社が、東京事務所を開設し、日本に進出するようです。



「日本企業の休眠特許を活用する」
とポジティブな書き方がされていますが、
アカシア・リサーチと言えば、典型的なパテント・トロールという認識です。

アカシア・リサーチのビジネスモデルや実態は、
このレポートが詳しそうですね。

米国ではパテントトロール対策の法改正が大分進んでいますが、
そのため日本へ市場を変えた、という日本進出であれば、
あまり日本企業にとって望ましいニュースではないでしょう。

あるいは、日本企業から海外特許を買い集め、
ライセンス先や訴訟は従来どおり米国で行うという、
特許収集目的での日本拠点かな、とも想像します。

 
ところで、今回のニュースでは、特許管理会社という言葉が使われていますが、
それとパテント・トロールとの違いはなんでしょう?

この関係では、様々な言葉が使い分けられ、定義づけも盛んに行われています。
特許管理会社とか、
パテント・トロールとか、
NPE (Non Practicing Entity)とか、
PAE(Patent-Assertion-Entities)とか、
Patent Monetization Entitiesとか。

直感的に一番分かりやすい「パテント・トロール」
という言葉が、ニュースではよく用いられているように思います。

要するに、特許で金儲けをする悪いやつ、というニュアンスですよね。
そこからは、大学のTLOや半公的なプール団体は除かれるというのが一般的な解釈です。

そこにIntellectual Venturesが含まれるのか?や、
今回のアカシア・リサーチが含まれるのか?といった問題、
あるいは産業革新機構が設立した知財ファンドIPBridgeもトロールじゃないのか?
といった問題は、
結局、見る人がその組織をどう捉えるのか、といった主観の問題に尽きるように思います。



ちなみに、同日に下記のニュースも日経から出ていました。

大学保有の特許、譲渡前に調査を 文科省

一方ではポジティブに紹介しておいて、
他方では注意の必要性も喚起しておく、
中の人もバランスを取っているのでしょうか。

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

書類
請求項数の多い特許ランキング

特許の小ネタです。 時々、請求項の数が非常に多い特許に出くわします。読むのが大変 …

g
Googleの新しい取り組み”Google Patent Starter Program”は、パテントトロールからスタートアップを守るのか

Googleは最近、パテントトロール対策のための団体「LOTネットワーク」を設立 …

湯浅竜×IPFbiz ~知財教育と最強の知財マン~

対談シリーズ第13回目は、弁理士の湯浅竜さんです。前回の野崎さんからご紹介いただ …

齋藤憲彦 × IPFbiz ~Appleに特許で勝った個人発明家~ (後編)訴訟裏話と知財司法の課題

前編からの続きです。アップルとのコンタクトから訴訟へきっかけは母親の発明?安高: …

STAP細胞、特許審査へ 登録の可能性は

STAP細胞の特許出願、いずれ取り下げられるか、少なくとも国内移行はされないだろ …

今年の振り返りと来年の展望 ~会社を退職して独立開業します!~

今年も「法務系 Advent Calendar」に参加させていただきました!法務 …

idea
発明の要旨と技術的範囲認定のダブルスタンダード リパーゼ判決と特許法70条2項の関係

特許発明は、特許請求の範囲の記載によって定められるものです(36条)。しかし、そ …

no image
独占性と排他性:独占排他権の誤解

特許権は、「独占排他的な権利」であると言われます。 独占的であり、かつ排他的であ …

特許の誤解 (上級編)

初級編に続いて、よく聞く特許の誤解の上級編です。   他社の拒絶された …

IPXI(知的財産国際取引所) 取引クローズ

IPXI(知的財産国際取引所)から久しぶりの動きが。   IPXI® …