IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

アカシア・リサーチ日本進出 特許管理会社とパテントトロールの違い

      2014/08/21

アカシアリサーチアカシア・リサーチ社が、東京事務所を開設し、日本に進出するようです。



「日本企業の休眠特許を活用する」
とポジティブな書き方がされていますが、
アカシア・リサーチと言えば、典型的なパテント・トロールという認識です。

アカシア・リサーチのビジネスモデルや実態は、
このレポートが詳しそうですね。

米国ではパテントトロール対策の法改正が大分進んでいますが、
そのため日本へ市場を変えた、という日本進出であれば、
あまり日本企業にとって望ましいニュースではないでしょう。

あるいは、日本企業から海外特許を買い集め、
ライセンス先や訴訟は従来どおり米国で行うという、
特許収集目的での日本拠点かな、とも想像します。

 
ところで、今回のニュースでは、特許管理会社という言葉が使われていますが、
それとパテント・トロールとの違いはなんでしょう?

この関係では、様々な言葉が使い分けられ、定義づけも盛んに行われています。
特許管理会社とか、
パテント・トロールとか、
NPE (Non Practicing Entity)とか、
PAE(Patent-Assertion-Entities)とか、
Patent Monetization Entitiesとか。

直感的に一番分かりやすい「パテント・トロール」
という言葉が、ニュースではよく用いられているように思います。

要するに、特許で金儲けをする悪いやつ、というニュアンスですよね。
そこからは、大学のTLOや半公的なプール団体は除かれるというのが一般的な解釈です。

そこにIntellectual Venturesが含まれるのか?や、
今回のアカシア・リサーチが含まれるのか?といった問題、
あるいは産業革新機構が設立した知財ファンドIPBridgeもトロールじゃないのか?
といった問題は、
結局、見る人がその組織をどう捉えるのか、といった主観の問題に尽きるように思います。



ちなみに、同日に下記のニュースも日経から出ていました。

大学保有の特許、譲渡前に調査を 文科省

一方ではポジティブに紹介しておいて、
他方では注意の必要性も喚起しておく、
中の人もバランスを取っているのでしょうか。

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

平塚三好×IPFbiz ~東京理科大専門職大学院知財戦略専攻MIP~

対談シリーズ第14回目は、東京理科大学専門職大学院(MIP)知的財産戦略専攻、教 …

no image
ニュージーランド、ソフトウェアに対する特許権付与を禁止へ

ニュージーランド、ソフトウェアに対する特許権付与を禁止へ 最近、特にIT分野で特 …

パテントトロール
RPXによるパテントトロール保険

  RPXとは RPXは以前にも紹介しましたが、最大規模のパテントトロール対策企 …

プロダクト・バイ・プロセス・クレーム 明確性要件に関する審査基準と今後の審査の進め方・判断

プロダクト・バイ・プロセス・クレーム(PBPクレーム)の最高裁判決が出て、知財業 …

STAP細胞の特許出願取り下げ

STAP細胞の特許出願、取り下げてしまう方向になりそうですね。技術分野的に素人な …

知財立国研究会第3回シンポジウム ~元特許庁長官 VS 元知財高裁所長で、特許庁と知財高裁の10年を回顧する~

シンポジウムの紹介です。私も入会させて頂いている知財立国研究会にて、「打ってでる …

書類
請求項数の多い特許ランキング

特許の小ネタです。 時々、請求項の数が非常に多い特許に出くわします。読むのが大変 …

齋藤憲彦 × IPFbiz ~Appleに特許で勝った個人発明家~ (後編)訴訟裏話と知財司法の課題

前編からの続きです。アップルとのコンタクトから訴訟へきっかけは母親の発明?安高: …

idea
発明の要旨と技術的範囲認定のダブルスタンダード リパーゼ判決と特許法70条2項の関係

特許発明は、特許請求の範囲の記載によって定められるものです(36条)。しかし、そ …

中国、知財訴訟の損害賠償額を増額へ

先日の記事でも書いたように、知的財産戦略本部にて「知財紛争処理システムの活性化」 …