IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

知的財産権のBS資産計上について(特許権・具体例編)

      2014/10/23


前回
は特許権の資産計上について、
その取得ルートに分けて説明をしてきました。

 

今回は、その実例を見ていきます。

 

まずは自己創設の特許権について、
日本企業の有価証券報告書において、
特許権等がどの程度の額で資産計上されているかを見てましょう。

 


日本企業の有報から、特許権等の資産計上がされている例と、
その額を見ていきます。

(一部、推測や不正確な点があると思います)


村田製作所の場合、
特許権2,799百万円
商標権5百万円
が資産計上されています。

 

村田製作所が保有する、権利継続中の日本特許は約6,000件です。
海外特許を加えると、ざっくり1.5倍程度でしょうか。

 

そうすると、1件当たり約30万円で計上されていることになります。
※全ての特許が自己創設で、均等な会計処理がされている前提です。

 

ソニーの場合、
特許権3,343百万円
特許実施権40,139百万円
が資産計上されています。

 

特許実施権はライセンス契約によるものでしょう。

 

保有する日本特許は約2万件なので、海外特許比率が上記同等として、
1件当たり約15万円となります。

 

シャープの場合、
工業所有権4,694百万円
として計上されています。

 

保有日本特許が約22,000件なので、意匠・商標を無視すると、
1件当たり約15万円程度。

 

本田技研は額が小さく、
特許権26百万円
商標権17百万円
と計上されています。

 

保有日本特許が21,000件なので、
1件当たり600円程度となります。
 

 

帝人は、
特許権160百万円
が計上されており、
保有日本特許は2,000件程度、
1件当たり7万円程度となります。

 

大体、1件当たり数十万円前半の額で資産計上されているようですね。
もちろんこれは減価償却をされているはずなので、
計上当初の額は、平均して2倍程度で、
1件当たり40万円程度でしょうか。
 
===========
※重要な追記:
どうも後から調べたところ、自己出願による特許権を資産計上している企業はほとんどなく、資産計上されている特許権は基本的にMA等によるもののようです。
上記の前提・仮定が全く成り立っていない可能性が高いです。
===========
 

一方で外部取得の場合の特許権の取引価格を見てみましょう。

 

近年の例では、
・sony、apple等のコンソーシアムがnortelの特許ポートフォリオ約6,000件を約45億ドルで購入
・microsoftがAOLの特許925件を約10億ドルで購入
・船井電機がLexmarkの特許1,651件を73.5百万ドルで購入
などなど。
特許の1件当たり取引価格は、平均20万ドル程度らしいです。(明確なソース無し)

 

そうすると、自己創設の特許権の場合、
外部取得による時価の1/50程度の額でしか資産計上されていないことになるわけです。

 

なんとか、合理的な見積額が開示されるようになればなー、
というのが知的財産会計の課題なんですね。

 

 - 知財会計

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

4-1-2.実施料率認定の考慮要素

損害賠償額_目次へ 実施料率の認定に当たっては、様々な要素が考慮される …

パテントボックス制度とは? 目的と実体

パテントボックス制度について、諸外国で導入が続き、日本でもその導入が検討されてい …

特許価値評価
知的財産価値評価 概説 ~特許売買を例に~

1.知財価値評価とは 企業価値に占める無体財産の割合が高まり、知財の活用や流通の …

日本版IFRSの是非

日本版IFRSの草案が公開されました。 日本版IFRS、正式名称は「修 …

岩下卓司×IPFbiz ~弁理士×税理士、特許会計事務所という形~

対談シリーズ第18回目は、弁理士・税理士の岩下卓司さんです。全国的にも非常に珍し …

評価人候補者制度とは? 知的財産価値評価推進センター

弁理士会の知的財産価値評価推進センターが取りまとめている、評価人候補者に登録申請 …

知的財産の価値評価と、企業におけるディスクロージャー ⇒ 知財価値評価が活きる場面

特技懇誌という特許庁が発行している刊行物に寄稿をしました。このブログを見た編集委 …

知財会計と知財価値評価(法律会計勉強会)

昨日は、弁護士と公認会計士が主に集まる、法律会計士業交流セミナーで「知財会計と知 …

invention
職務発明規定改正「対価⇒報酬」による会計税務的影響・所得区分について

最近はTPPに押されてか報道が落ち着いていますが、職務発明規定の改正による税務的 …

4-2.近年の判例抽出(102条3項)

損害賠償額_目次へ 直近2年間ほどで、102条3項の損害賠償額が認定さ …