IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

社会人が働きながら公認会計士試験に合格するための勉強法(基本編)

      2015/05/04

当ブログに訪問いただく際の検索キーワードを見ると、
「公認会計士」「社会人」「働きながら」
といったワードが上位に挙がります。

 

以前の合格体験記がヒットしているようですが、
これはあくまでもLEC用だったので、
実体的に役に立つような記事を書いておこうと思います。

 

まずは基本編ということで、
社会人に限らず共通する、基本的な知識の点から。
試験合格も含めた全体的な要件について、説明します。

 

特に社会人の方は、試験合格後の諸々の要件をクリアできるのか、
心配しているのではないかと思います。
 

 

公認会計士として登録を受けるためには、下記4つの要件を満たす必要があります。
 
①公認会計士試験合格
②実務要件2年間
③補習所通学(原則3年間)
④修了考査合格
 


①公認会計士試験合格

当然ながら、最初のハードルにして最難関が、
①の試験合格です。

 

公認会計士試験は、短答試験と論文試験からなります。
短答試験は年2回、
財務会計、管理会計+監査論、企業法の4科目(3コマ)です。
論文試験は年1回、
会計学(財務+管理)、監査論、企業法、租税法、選択科目の6科目(5コマ)です。

 

結構に大変な試験なのですが、
ここについては、次回に詳細を説明しようと思います。

 

ちなみに①の試験合格だけを満たして、
②~④のいずれかを満たさない場合、
昔の制度では「公認会計士補」という肩書があったのですが、
現在の制度では特段の肩書は得られません。

 

どうしても何か名詞に肩書を書きたい場合は、
「公認会計士試験合格者」ということになります。
または、試験合格でもって、公認会計士協会に準会員として登録ができるため(会費が発生しますが)、
「日本公認会計士協会準会員」と名乗ることも可能です。
ちょっと微妙ですね。

 

②実務要件2年間

も、社会人としては気になる所でしょう。
通常、会計士試験に合格した人は、実務要件をクリアするために、
監査法人に勤務することが多いです。

 

実務経験(業務補助等)には、「(監査)業務補助」と「実務従事」があり、
公認会計士の登録をするためには、2年以上の実務経験(業務補助等)が必要です

 

しかし、数年前に実務要件は緩和化されており、
一般事業会社における財務業務や、コンサルティングファームにおける財務分析(実務従事)であっても、要件をクリアできます。
私もコンサル経験で本要件をクリアできたわけですが、
要件チェックとしては、結構優しい、という心証です。

 

監査法人に転職する予定の無い受験生は、
あらかじめ要件を満たし得るか、よく確認したほうが良いですね。

 

業務補助等証明書の書き方などは、また後日まとめようと思います。
詳細はこちら

 

③補習所通学(原則3年間)

これが、試験合格後に結構面倒な要件となります。
基本的には監査実務のための修習内容となりますので、
監査業務に従事する予定の無い人にとっては、辛いものとなります。

 

原則3年間ですが、上記②の実務要件をクリアしていると、
1年か2年に短縮することができます。短縮年限は選択可能です。

 

1年に短縮して、大丈夫なのか?と心配になりますが、
定常的に土曜日に仕事が入る激務な方でなければ、大丈夫でしょう。
土曜日コースを取れば、基本は土曜の講義とeラーニングのみで、
全ての単位を取得することが可能です。

 

講義を270単位(時間)以上、
考査(定期テスト的なもの)を10回、
レポートを6回、
というのが満たすべき内容です。


④修了考査合格

最終年次の1月に、修了考査という最後の罰ゲームを受けることになります。
合格率は70%程度で、まじめに対策をすれば問題ない試験でしょう。

 

多くの方は、予備校の教材で対策勉強をすることになります。

 

以上、監査法人に転職する意思がない人にとっても、
一応の財務に関する業務経験があり、
少なくとも土曜日の時間が確保出来さえすれば、
試験合格後、最短1年で、晴れて公認会計士に登録することができるわけです。

 

合格者のほとんどは、学生さんなど社会人経験が無い方で、監査法人に勤めるのですが、
私のいる土曜日コースでは、半分程度が監査法人以外の勤務、
一般事業会社やコンサルの方などです。

 

監査という公認会計士の専権業務をする予定がなくとも、
公認会計士試験は会計全般の勉強に有用ですし、
会計のプロフェッショナルという肩書は他になかなか無いので、
対外的にも取る価値がある資格だと思います。

 

というわけで、
次回は試験合格のための、予備校選びや勉強方針などについて、

説明していきます。 


 

=========
Facebookページ作りました。
有用な記事をアップしたときだけ更新通知しているので、是非「いいね」お願いします。

 

公認会計士試験関係・①公認会計士試験合格体験記 社会人が働きながら合格するために
  合格体験記
・②社会人が働きながら公認会計士試験に合格するための勉強法(基本編)
  勉強方法基本編
・③社会人が働きながら公認会計士試験に合格するための勉強法(方針編)
  勉強方法方針編
・④公認会計士試験勉強 スケジュール管理表
  スケジュール表 質問はこちらのコメントで!
・⑤5月短答合格者の論文試験対策 公認会計士試験
  論文対策! 特に短期用
<<おまけ>>
松本翔×IPFbiz ~資格を取って自由に生きる、公認会計士・税理士の独立~
  LEC講師の松本先生と対談。資格を取ったあとの自由な生き方を
公認会計士実務修習・考査の感想
  試験合格後の実務修習と考査について
修了考査の感想
  試験合格後の最後の関門、修了考査の感想
大きい数字を読むコツ ~3桁区切りは日本語に馴染まない~
  大きい数字の読み方
簿記3級のススメ~簿記のメリットとお勧めの勉強法・テキスト~
  簿記3級って、コスパ最高の資格ですよね
社会人が働きながら勉強するコツ・方法
  社会人が勉強する一般的なコツ

 

 - 公認会計士

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

弁理士会と公認会計士協会の連携

今年度から、日本弁理士会の委員会に、「公認会計士連携委員会」が設立されています。 …

数字
大きい数字を読むコツ ~3桁区切りは日本語に馴染まない~

さて、いきなり問題です。 「100,000,000円」下から一、十、百と数えずに …

勉強
社会人が働きながら勉強するコツ・方法

これまで、弁理士試験や公認会計士試験の対策などについて、それぞれバラバラと書いて …

PAK86_kakuteishinkokusuru20140312500
修了考査の感想

公認会計士試験合格者に課された最後の罰ゲームと称される試験、それが修了考査です。 …

松本翔
松本翔×IPFbiz ~資格を取って自由に生きる、公認会計士・税理士の独立~

対談シリーズ第16回目は、公認会計士・税理士・FPでLEC講師の松本翔先生です。 …

公認会計士 修了考査対策

ちょっと気が早いようですが、 修了考査の対策を始めました。   修了考査は、J3 …

PAK86_kakuteishinkokusuru20140312500
公認会計士実務修習・考査の感想

先週末の試験で、 公認会計士実務修習の全プログラムが終了しました。 講義を270 …

5月短答合格者の論文試験対策 公認会計士試験

今日は公認会計士の短答試験ですね。受験された皆様、本当にお疲れ様です。短答が終わ …

公認会計士試験合格体験記 社会人が働きながら合格するために

お世話になったLECさんに、合格体験記を提出しました。(1万円もらえますw)同じ …

社会人が働きながら公認会計士試験に合格するための勉強法(方針編)

前回の基本編では公認会計士登録に必要な要件について、 基本的な所を整理しました。 …