IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

知財部のプロフィットセンター化、本当に必要?

      2014/08/21

知財部門のプロフィットセンター化、という話をよく聞きます。
聞こえはいいですが、ぼんやりとした定義で誤解も多いように思います。
 

 

「プロフィットセンター化」といった時に、言葉の誤解が多く、
いくつかの考え方が(同じ組織の中でも人によって)混在しています。

 

①ライセンス等による収益を上げて、利益を出す(黒字にする)
②実際の収益(キャッシュイン)は問わず、事業部への貢献を見える化する。
③ライセンス等による収益を上げる権限と責任を知財部門に与え、収益と費用の差分としての利益を評価指標とする。

 

よくあるのは、偉い人がぼんやりと②くらいの意味で発言したことを、
①の意味だと捉えててんやわんや。



そもそもプロフィットセンターとは、
利益を測定指標とする、独立した事業単位で、その採算について権限と責任を持つ管理単位のことです。
つまり、上記③の意味ですね。

 

理論的には、知財部門が本当の意味でのプロフィットセンターになり、黒字化することは可能ですが、
そのためには知財部門がライセンス等知財活用について独立した権限を持ち、
自社事業に必要な自社知財であってもライセンスアウトにより収益を得て、
自社事業に必要な他社知財であってもライセンスインを抑えて費用を下げ、
その差分の利益で評価を受ける、ということが必要になります。
 
一般の事業会社では、とても受け入れられないでしょう。



知財の本源的な価値は、事業の独占と保護であって、
ライセンスによる収益は、副次的な効果だと思っています。

 

そうした意味で、企業が知財権を保有する目的は、
事業の独占と保護であり、そのために必要な費用を知財部で責任を持って管理するのであり、
通常の事業会社の知財部門はコストセンターに他ならないと思います。

 

事業部と知財部をセットにしたプロフィットセンターなら可能ですが、
知財部門のみが独立したプロフィットセンターには、通常なり得ないでしょう。
 

 

上の人が「プロフィットセンター化しろ!」という真意は、(乱暴ですが)、
そのコストを払う意味・価値が本当にあるのか、数値で見える化しろ、という意味だと思います。
 
それを言葉通りにとらえて、ライセンスによるキャッシュインがなければ
知財や知財部門の価値がないかのように考えてしまったり。。
カッコいい言葉の弊害ですね。


仮想的な管理会計として捉えるならば、
知財コストの社内移転価格と、知財の事業への貢献度合い
をどう定量評価するか、というのが真のポイントです。
(そして、それがすごく難しい)



 

 

 - 知財戦略

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

特許検索
クラウドソーシングの「リアルワールド」が知財コンサルの「マークアイ」を買収

リアルワールドがマークアイを買収して子会社化するそうです。ちょっとびっくり。 リ …

smips:「知財業界における情報発信のあり方」について、パネルディスカション

セミナーのご案内です。10/15(土)午後に、smips@政策研究大学院大学にて …

no image
TPP、なぜ知財でもめるのか

先日のWikiLeaksが公開した文書から、TPP・知財面では完全合意はかなり難 …

オープン・クローズ戦略 知財戦略の参考図書

オープン・クローズ戦略の参考図書を2つ紹介します。1つは、小川先生の最新著書、 …

企業法務戦士
企業法務戦士×IPFbiz ~知財法務ブログ対談~

新年の挨拶でも書きましたが、今年はブログ上で、他のブロガーさんや知財法務の専門家 …

テスラ・モーターズ、特許オープン戦略の意図は?

Tesla Roadsterテスラ・モーターズが、保有する全特許を他社が使用する …

知的財産推進計画2016のポイント解説

知的財産推進計画2016の案が出ました。簡単にポイントを解説しようと思います。第 …

正林真之×IPFbiz ~特許業界の偉人(異人)~

対談シリーズ第22回目は、正林国際特許商標事務所(以下、正林事務所)所長弁理士の …

特許フェア
特許情報フェア2014 レポート

特許情報フェアに行ってきました。 非常に盛況していて、出展企業もバラエティに富ん …

特許の誤解 (初級編)

よく聞く特許の誤解 初級編 東京特許許可局はどこにあるんですか? 東京特許許可局 …