IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

知財部のプロフィットセンター化、本当に必要?

      2014/08/21

知財部門のプロフィットセンター化、という話をよく聞きます。
聞こえはいいですが、ぼんやりとした定義で誤解も多いように思います。
 

 

「プロフィットセンター化」といった時に、言葉の誤解が多く、
いくつかの考え方が(同じ組織の中でも人によって)混在しています。

 

①ライセンス等による収益を上げて、利益を出す(黒字にする)
②実際の収益(キャッシュイン)は問わず、事業部への貢献を見える化する。
③ライセンス等による収益を上げる権限と責任を知財部門に与え、収益と費用の差分としての利益を評価指標とする。

 

よくあるのは、偉い人がぼんやりと②くらいの意味で発言したことを、
①の意味だと捉えててんやわんや。



そもそもプロフィットセンターとは、
利益を測定指標とする、独立した事業単位で、その採算について権限と責任を持つ管理単位のことです。
つまり、上記③の意味ですね。

 

理論的には、知財部門が本当の意味でのプロフィットセンターになり、黒字化することは可能ですが、
そのためには知財部門がライセンス等知財活用について独立した権限を持ち、
自社事業に必要な自社知財であってもライセンスアウトにより収益を得て、
自社事業に必要な他社知財であってもライセンスインを抑えて費用を下げ、
その差分の利益で評価を受ける、ということが必要になります。
 
一般の事業会社では、とても受け入れられないでしょう。



知財の本源的な価値は、事業の独占と保護であって、
ライセンスによる収益は、副次的な効果だと思っています。

 

そうした意味で、企業が知財権を保有する目的は、
事業の独占と保護であり、そのために必要な費用を知財部で責任を持って管理するのであり、
通常の事業会社の知財部門はコストセンターに他ならないと思います。

 

事業部と知財部をセットにしたプロフィットセンターなら可能ですが、
知財部門のみが独立したプロフィットセンターには、通常なり得ないでしょう。
 

 

上の人が「プロフィットセンター化しろ!」という真意は、(乱暴ですが)、
そのコストを払う意味・価値が本当にあるのか、数値で見える化しろ、という意味だと思います。
 
それを言葉通りにとらえて、ライセンスによるキャッシュインがなければ
知財や知財部門の価値がないかのように考えてしまったり。。
カッコいい言葉の弊害ですね。


仮想的な管理会計として捉えるならば、
知財コストの社内移転価格と、知財の事業への貢献度合い
をどう定量評価するか、というのが真のポイントです。
(そして、それがすごく難しい)



 

 

 - 知財戦略

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

IP Force
IP Force × IPFbiz ~IP Forceの中の人と話してみた~

今年から企画している対談シリーズ「○○×IPFbiz」ですが、前回の企業法務戦士 …

no image
必須標準特許の価値

モトローラ・モビリティ対アップルの特許訴訟で、また「必須標準特許の濫用」というキ …

Platpat4
特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)を使ってみた感想

J-PlatPatへ グローバル知財戦略フォーラム2015の会場で、J-Plat …

鮫島正洋×IPFbiz ~知財の力で下町ロケットは飛ぶか~

対談シリーズもとうとう20回目まで来ました。今年から初めて20人、改めて一覧で見 …

知財立国研究会シンポジウム 感想

先日紹介をした知財立国研究会のシンポジウムに参加してきましたので、感想とメモなど …

企業法務戦士
企業法務戦士×IPFbiz ~知財法務ブログ対談~

新年の挨拶でも書きましたが、今年はブログ上で、他のブロガーさんや知財法務の専門家 …

知財価値評価
知的財産統計会合 トピックス

知的財産統計会合に出席してきました。 知的財産統計会合は、政府関係者、学識経験者 …

著作権
知財法務とは 「法務系 Advent Calendar 2014」

今回は、「法務系 Advent Calendar 2014」に参加させて頂いての …

知財コンサルタント野崎篤志×IPFbiz ~知的財産のコンサル・アナリストとは~

対談シリーズ第12回目は、ランドンIP日本支社シニアディレクター(日本事業統括部 …

クロスワード問題だけ
2014年知財ニュースまとめ ~クロスワードパズルで~

今年最後のブログ更新になります。 2014年に起こった知財関連ニュースを振り返っ …