IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

3i研究会 中間報告

   

今日は、野崎さんのご招待で、3i研究会の中間報告会に参加してきました。

3i研究会は、INFOSTA主催・JST共催で、情報解析を研究している会です。

http://www.infosta.or.jp/seminars/3i_3_guidance/

メンバーは企業知財部が中心ですが、そのほかの部署の方も多数います。
知財情報を中心としながらも、その他の情報も加えた情報解析をされている点が特徴でしょうか。

3i

A,B,Cの3グループで、それぞれの検討テーマについての報告でした。


Aグループは、「2020年東京オリンピックに向けたMade in JAPAN 商品企画の提案」

Bグループは、「高知県の特性を生かした観光政策を検討し、地域の活性化案を提案する」

Cグループは、「老人のためのイノベーション」

 

商品企画に、観光政策に、イノベーションと、いずれもコテコテの知財ではない、面白そうなテーマでした。

様々な企業の方とチームを組んで検討するというのも面白そうです。

 

一つ、具体的に面白かったのは、Cチームの、特許情報と非特許情報との比較から、チャンスのあるテーマを探るというもの。
要するに、非特許情報の件数は多いけど特許情報の件数が少ないものは、ニーズに対して特許が足りていないテーマではないかということ。

前々職で特許分析をしているときも、補足的に論文や新聞の情報を組み合わせて分析することがありました。その時は、論文や新聞の情報は、特許情報の先行指標になるのではないかという仮説に立っていました。あとは、特許出願から公開まで1年半のタイムラグを埋めるためのものとして。

実際、特許と論文と新聞、後はWebなどの情報の性質として、何が何の先行指標になっているのかというのは、技術分野によっても異なるように思います。

その辺の話を、企業の垣根を超えて議論して検討していくというのは、面白そうですね。

 

中間発表の後の懇親会は、わいわいと楽しい感じでした。こういう集まりに行くと、久しぶりにお会いする方とも巡り合い、面白いものです。

知財情報の解析に興味のある方は、参加をご検討されてみてはいかがでしょう。

 

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

idea
発明の要旨と技術的範囲認定のダブルスタンダード リパーゼ判決と特許法70条2項の関係

特許発明は、特許請求の範囲の記載によって定められるものです(36条)。しかし、そ …

特許の誤解 (上級編)

初級編に続いて、よく聞く特許の誤解の上級編です。   他社の拒絶された …

no image
知財黒字が1兆円超え!その実体は?

貿易赤字が続いている中、「知財収支」の黒字額が2013年度に初めて1兆円を超える …

平塚三好×IPFbiz ~東京理科大専門職大学院知財戦略専攻MIP~

対談シリーズ第14回目は、東京理科大学専門職大学院(MIP)知的財産戦略専攻、教 …

齋藤憲彦 × IPFbiz ~Appleに特許で勝った個人発明家~ (後編)訴訟裏話と知財司法の課題

前編からの続きです。アップルとのコンタクトから訴訟へきっかけは母親の発明?安高: …

no image
NECによるLenovoへの特許売却、1億ドルは決して高くない。

Lenovoが、NECの保持している携帯関連特許3800件を買収しました。 &n …

特許
巨人アップルに特許で立ち向かう島野製作所

日本の中小企業である島野製作所がにわかに話題になっています。 時価総額が1兆ドル …

no image
パテントトロールの実態調査レポート

AIA (America Invents Act)の指令で作成された、米国におけ …

マイクロソフト・サムスンの特許訴訟 ポイントはノキア買収

アンドロイドスマートフォンに関する特許使用料を支払わなかったとして、マイクロソフ …

no image
ニュージーランド、ソフトウェアに対する特許権付与を禁止へ

ニュージーランド、ソフトウェアに対する特許権付与を禁止へ 最近、特にIT分野で特 …