IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

評価人候補者制度とは? 知的財産価値評価推進センター

      2014/08/21

弁理士会の知的財産価値評価推進センターが取りまとめている、
評価人候補者に登録申請しました。


評価人候補者とは?

評価人候補者制度は、各地の裁判所等からの依頼に応じて、知的財産権の金銭的価値を鑑定評価できる評価人を推薦するとともに、その評価人を育成する活動です。

評価人候補者に登録すると、センターが提供する研修に参加することができます(評価人候補者のみを対象)。

研修内容は、価値評価のための会計知識についての講義から実践的な演習まで一貫した内容になっています。さらに、評価人候補者は、裁判所等からの依頼において評価人補助者にエントリーできますので、鑑定書作成の実務を学ぶことができます。



メリット
・裁判所等からの評価人推薦依頼の公募案内
⇒年に10件以上はあるらしい
・評価人候補者研修のご案内
⇒受講無料
・評価センターからの評価に関する情報提供

デメリット
・特になし?登録費等は発生しない


センターのホームページからは、どんな活動をしているかピンときませんが、
知財価値評価に興味がある方は、まずは候補者に登録申請するのが良さそうですね。

知的財産の価値評価は、
定性的な評価や定量的な評価、金銭的評価や非金銭的評価に分けられ、 
様々な場面でニーズがあるものですが、
オーソライズされた方法もなく、まだまだホットな分野だと思います。



 

 - 知財会計

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

1-2.民法709条に基づく損害賠償請求(特許権侵害による逸失利益とは、損害額と知財価値との関係)

損害賠償額_目次へ 故意又は過失によって特許権侵害がなされた場合は、特 …

OECD
知財脱税対策 OECD

以前からOECDが知財取引価格に新ルールの適用を検討していましたが、これらの検討 …

工藤一郎
工藤一郎×IPFbiz ~YK値と特許価値評価~

対談シリーズ第11回目は、工藤一郎国際特許事務所、所長弁理士の工藤先生です。 工 …

知的財産権のBS資産計上について(特許権・会計処理編)

  無形資産の重要性 知的財産の重要性が増している根拠として、 企業価値に占める …

4-1-1.102条3項規定の趣旨

損害賠償額_目次へ 特許法102条3項は、特許権者は侵害者に対して、そ …

特許価値評価
知的財産価値評価 概説 ~特許売買を例に~

1.知財価値評価とは 企業価値に占める無体財産の割合が高まり、知財の活用や流通の …

海外ネット配信への消費税課税、反対意見が少ないけど大丈夫?

AmazonやGoogle等による、海外から日本へのデジタル商品のネット配信サー …

知財融資 特許権による資金調達

知財融資、特許権などの知的財産権を担保とした資金調達が、にわかに盛り上がっている …

invention
職務発明規定改正「対価⇒報酬」による会計税務的影響・所得区分について

最近はTPPに押されてか報道が落ち着いていますが、職務発明規定の改正による税務的 …

知財移転価格にDCF法の共通ルール グローバルタックスマネジメントに終止符か

OECDの合意により、多国籍企業の知財移転価格について、日米欧主要国での共通ルー …