IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

   

 

ビジネス

ベンチャーにとって重要なファイナンス。良い本でした。

自分でも何か起業したくなってきます。

 

最悪の状態に対して、どうやって、なんとかするか。

 

これは良い本。ビジネスの観点、技術の観点、法律の観点など、様々な立場からの解説があります。

 

知財

技術者向けの本ですが、どうすれば分かりやすくポイントを伝えられるかを考える上では役に立ちます。

分かりやすさと法的正確さの両方を保った説明って、難しいですよね。

 

TRIZのお勉強。

 

小説

まさにシンギュラリティを迎えようとする臨界点を、ハードボイルド的に描いたSF作品ですが、本質となるのは心理描写で、示唆的な内容でとても面白いです。

 

昔読んだのを忘れていて、2冊目を買ってしまいました。。

のめりこむというよりは、物思いに耽りながら読むような小説です。

 

こういう短編オムニバスは、気分転換に最適。乙一ってたまに読むとやっぱりいいですね。

 

伊坂さんは安定して読めるので、新しい文庫が出るとつい買ってしまいます。

ここでの死神は、オーデュボンの祈りにおける桜(殺人が許される男)の位置づけですね。理不尽な悪に対する理不尽な懲罰行為。

 

ザ・青春小説!

 

 - 書評

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ドワンゴ
川上量生のニコニコ哲学からコンテンツビジネスを考える

修了考査の試験を控えて、仕事以外の読書はしばらく禁じていたのですが、その禁読書を …

化学・バイオ・医薬・食品分野の知財判例集

2013 化学・バイオの知財判例年鑑 、ご献本頂きました。 2013年に判決の出 …

知財立国が危ない/荒井寿光 レビュー

「知財立国が危ない」 日本企業は知財で勝って事業で負けるなどと叫ばれて久しいが、 …

知的財産イノベーション研究の展望: 明日を創造する知財学

日本知財学会から、「知的財産イノベーション研究の展望: 明日を創造する知財学」と …

自分メディアとかセルフブランディングとか

先日の企業法務戦士さんとの対談の後に、ブログのあり方について色々と考えました。 …

今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)_201610

読書の秋!ビジネスビジネスカテゴリーに入れていいか悩みますが。野球のボールを高速 …

パンドラの匣

パンドラの匣 (新潮文庫) [文庫]太宰 治新潮社1973-11-01すばらしい …

システム開発紛争ハンドブック―発注から運用までの実務対応 レビュー

著者の一人である伊藤雅浩先生より、「システム開発紛争ハンドブック―発注から運用ま …

稲森謙太郎×IPFbiz ~すばらしき特殊特許の世界~

対談シリーズ第15回目は、科学技術ジャーナリストであり、弁理士であり、米国公認会 …

IT分野の知財書籍 : ITを巡るプロパテント/アンチパテントの潮流

著者の小山田先生より、「ITを巡るプロパテント/アンチパテントの潮流」をご恵贈頂 …