IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

   

 

ビジネス

ベンチャーにとって重要なファイナンス。良い本でした。

自分でも何か起業したくなってきます。

 

最悪の状態に対して、どうやって、なんとかするか。

 

これは良い本。ビジネスの観点、技術の観点、法律の観点など、様々な立場からの解説があります。

 

知財

技術者向けの本ですが、どうすれば分かりやすくポイントを伝えられるかを考える上では役に立ちます。

分かりやすさと法的正確さの両方を保った説明って、難しいですよね。

 

TRIZのお勉強。

 

小説

まさにシンギュラリティを迎えようとする臨界点を、ハードボイルド的に描いたSF作品ですが、本質となるのは心理描写で、示唆的な内容でとても面白いです。

 

昔読んだのを忘れていて、2冊目を買ってしまいました。。

のめりこむというよりは、物思いに耽りながら読むような小説です。

 

こういう短編オムニバスは、気分転換に最適。乙一ってたまに読むとやっぱりいいですね。

 

伊坂さんは安定して読めるので、新しい文庫が出るとつい買ってしまいます。

ここでの死神は、オーデュボンの祈りにおける桜(殺人が許される男)の位置づけですね。理不尽な悪に対する理不尽な懲罰行為。

 

ザ・青春小説!

 

 - 書評

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

今月はVR特集でした。ビジネスVRを中心に取材しているジャーナリストのレポート。 …

弁護士ドットコム 成功の要因

弁護士でありながら独立起業をし、マザーズ上場にまで「弁護士ドットコム」を成長させ …

知的財産イノベーション研究の展望: 明日を創造する知財学

日本知財学会から、「知的財産イノベーション研究の展望: 明日を創造する知財学」と …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

なんだか最近、集中して長時間本を読めなくなってきている気がします。ビジネス部分的 …

学問のすすめ 現代語訳 レビュー

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」あまりに有名な一節ですが、諭吉さん …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

今月は、商標のお勉強に時間を割きました。なかなか面白いです。ビジネス何かと話題の …

本
大人になってから読みたい海外純文学 ~お勧め小説名作10選~

前回の日本純文学に引き続き、今回は海外の純文学の小説をお勧めしていきます。 私は …

知財立国が危ない/荒井寿光 レビュー

「知財立国が危ない」 日本企業は知財で勝って事業で負けるなどと叫ばれて久しいが、 …

著作権本
著作権の基本教科書 著作権法第2版 中山信弘

中山先生の著作権法第2版が出版されました。初版から7年も経っているんですね。 初 …

寝る間も惜しんで読んだ小説ベスト3

たまにはブログネタから。「寝る間も惜しんで読んだ小説ベスト3」ということで、スト …