IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

   

今月は、商標のお勉強に時間を割きました。

なかなか面白いです。

本

ビジネス

何かと話題のAI、そしてシンギュラリティ。

10年ほど前に書かれた本のエッセンス版です。本書は、AIに限らず、技術の指数関数的スピードでの進歩を指摘し、人体2.0など、現在では予測もしがたいことを、出来るだけ定量的観点から予測しており、非常に面白いです。

 

所々に役に立つTipsもあるのですが、全体に冗長であまり好きでなかったです。

 

ビジネスカテゴリに入れるか悩ましました。

金融業界で荒稼ぎをすることを夢見ている人には面白いかも。

 

知財

良本です。

商標の類否について、各観点ごとに審決例のまとめと解説。

 

こちらも良本でした。

意見書の書き方の参考になるのはもちろん、その考え方は出願の時にも活きます。

ただ、前半の制度解説はもっとコンパクトでいいかも。

 

化学・バイオ分野における知財判例の解説まとめ。

社内での勉強会などにも使えそうです。

 

小説

これは、不眠の本であるだけでなく、旅の本でもある。不眠はこの本を書いた人に属し、旅行は旅をした人間に属している。

 

まあまあ面白い。

 

まあまあ面白い。

 

森見さんの原点ですが、やはり四畳半神話大系がこの流れを受けた至高作品だったと思う。

 

なんとなく本屋で手に取りました。女の子の青春。

 

村上さんの小説は、長編も短編も大好きですが、エッセイは、やっぱりゆっくり時間を置いて読まないと楽しめない。

 

良くできたミステリーです。

 

森見さんの作品、たくさん読めば読むほど、四畳半神話大系が至高だったと感じます。

 

 - 書評

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

elly20160628465420_tp_v
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)_201610

読書の秋!ビジネスビジネスカテゴリーに入れていいか悩みますが。野球のボールを高速 …

著作権本
著作権の基本教科書 著作権法第2版 中山信弘

中山先生の著作権法第2版が出版されました。初版から7年も経っているんですね。 初 …

熱力学=現代的な視点から(田崎晴明著)

記事はこちらに移動しました。究極理論 theory of everything& …

ドワンゴ
川上量生のニコニコ哲学からコンテンツビジネスを考える

修了考査の試験を控えて、仕事以外の読書はしばらく禁じていたのですが、その禁読書を …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

 ビジネスベンチャーにとって重要なファイナンス。良い本でした。自分でも …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

なんだか最近、集中して長時間本を読めなくなってきている気がします。ビジネス部分的 …

本
大人になってから読みたい海外純文学 ~お勧め小説名作10選~

前回の日本純文学に引き続き、今回は海外の純文学の小説をお勧めしていきます。 私は …

世界の終り
村上春樹を初めて読む人におすすめする作品(タイプ別)長編・短編小説

村上春樹が好きです。でも、好きな作家は?と聞かれて、村上春樹だと答えると、「ああ …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

今月はVR特集でした。ビジネスVRを中心に取材しているジャーナリストのレポート。 …

知財立国が危ない
知財立国が危ない/荒井寿光 レビュー

「知財立国が危ない」 日本企業は知財で勝って事業で負けるなどと叫ばれて久しいが、 …