IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

   

今月読んだ本。

GWがあったので、小説多めです。

商標実務でお勧めの本があったら教えてください。

本

ビジネス

サイバーエージェント藤田社長の体験記。

大きい方針や戦略は、何が正解か長いスパンでしか分からない。自信を持ってやり通すことが重要。

 

(1)は良い本でしたが、(2)は微妙。(3)は買わないと思う。

でも、前作の(1)はこれ系の本の中ではいい本でした。

 

凄い取材力です。

ただ、結局、人同士のいざこざの問題とすると、なんとも。

 

いい本でした。

コンサル時代に学んだのはパワポによる資料作成がほとんどで、Excelを綺麗に見せるコツはためになりました。

 

知財

大企業の知財戦略よりも、今は、ベンチャーの一点突破型の知財戦略のほうが面白いです。

 

BEPS・知財絡みの移転価格税制は情報収集、ウォッティングを続けていますが、仕事にするには難しそう。

 

小説

筒井康隆は、長編の方が好き。

 

これぞ長編SFという、魅力的な作品。面白い!

全然違うのですが、ガルシアマルケスの百年の孤独に近い、出鱈目さがありました。

 

めちゃくちゃ面白い。

走れメロス、山月記、藪の中、桜の森の満開の下、百物語という明治から昭和の文学作品を、森見さん得意の京都の大学生の設定で書き換える。文体や雰囲気も原作を活かしていて、非常によくできたパロディ作品。

解説の千野帽子さんが、「こんな夢を見た。」から書き始めているのも素晴らしいと思った。

 

森見さんの代表作だろうと思うのですが、今さら読了。

ほっこりします。

 

星新一という感じ。

 

短編集で、気軽に読めます。

 

老人サムが一人で街に行く場面は、老人と海を思いだしましたが、もっと暖か。

 

不条理三部作の一つ。カミュは異邦人がとても好きだったのですが、それ以外の作品はあまりピンと来ない。

 

東野圭吾は久しぶりに読みましたが、流石の面白さ。

 

子供向けの本ですが、大人でもまったりと味わえます。

 

壮絶な幼少期の事件によるリピドーからの解放。

 - 書評

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

なんだか最近、集中して長時間本を読めなくなってきている気がします。ビジネス部分的 …

自分メディアとかセルフブランディングとか

先日の企業法務戦士さんとの対談の後に、ブログのあり方について色々と考えました。 …

学問のすすめ 現代語訳 レビュー

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」あまりに有名な一節ですが、諭吉さん …

稲森謙太郎×IPFbiz ~すばらしき特殊特許の世界~

対談シリーズ第15回目は、科学技術ジャーナリストであり、弁理士であり、米国公認会 …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)2016年4月

最近、読書量が増えたので、読書記録を付けておこうと思い立ちました。mixi最盛期 …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)_201611

書籍代を全て経費にして、気にせずに買えるようになったことが、独立した一番のメリッ …

パンドラの匣

パンドラの匣 (新潮文庫) [文庫]太宰 治新潮社1973-11-01すばらしい …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

今月は、商標のお勉強に時間を割きました。なかなか面白いです。ビジネス何かと話題の …

なぜ、日本の知財は儲からない ヘンリー幸田

日米知財の専門家で、エジソン研究家としても知られる、ヘンリー幸田氏の新書を読みま …

IT分野の知財書籍 : ITを巡るプロパテント/アンチパテントの潮流

著者の小山田先生より、「ITを巡るプロパテント/アンチパテントの潮流」をご恵贈頂 …