IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

勉強会の紹介 ~ドイツ特許制度の変革と産業競争力の関係 インダストリー4.0、IoT、オープン・クローズ戦略~

      2015/10/03

面白そうな勉強会があったので紹介します。

以前に対談させて頂いた湯浅さん(TechnoProducer株式会社)と平塚研究室の共催によるものです。

 
 

テーマは「我が国の産業競争力」ということで、
ドイツ特許制度と産業革命などのこれまでの歴史と、インダストリー4.0とIoTなどの未来世界をフックに、日本が進むべき道と日本企業のあるべき姿を考えようというもの。

インダストリー4.0もIoTも、非常に重要そうなキーワードですが、ここからパネリストがどのような見解を述べられるのか、楽しみです。


そしてパネリストが非常に豪華。

石井正先生は、元特許庁技監で、大阪工業大学の初代知的財産学部長。

もう一人のパネリストである小川紘一先生は、「オープン&クローズ戦略 日本企業再興の条件 」の著者で、東京大学政策ビジョン研究センター シニア・リサーチャーです。


オープン&クローズ戦略という言葉は、今や知財業界で非常に流行しています。バズっていると言ってもいいかもしれません。

バズワードとなったオープン&クローズ戦略は、一昔前の「三位一体」のように、「とりあえずオープン・クローズって言っておけばいいんだろ」的な使われ方がされてしまっているように感じます。


インダストリー4.0やIoTと知財といった難解なテーマの文脈で、小川先生がどのような言葉を語られるのか、とても興味があります。

参加無料という良心的な勉強会ですが、参加者定員が10名です。
10名を超えると抽選ということなので、私も申し込んでみました。

興味のある方は是非。

【日程】
2015年6月19日(金) 18:30~21:30  ※開場は18:00
 
【会場】 
MIP(東京理科大学イノベーション研究科知的財産戦略専攻) C3 教室
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-25-1-12 MIP セントラルプラザ2階

 

【スピーカー(敬称略)】
・パネリスト:石井正(特許業務法人 深見特許事務所)
・パネリスト:小川紘一(東京大学 政策ビジョン研究センター)
・メイン司会:平塚三好(東京理科大学専門職大学院知的財産戦略専攻MIP)
・モデレーター:湯浅竜(TechnoProducer(株) 知財戦略部)

 

【講演内容】
第1部 パネルディスカッション 18:30~21:00
第2部 懇親会(参加任意)   21:00~22:00

 

【講師略歴】
石井正(Wikipediaより一部抜粋) 参考
大阪工業大学名誉教授・知的財産学部長(初代)、元特許庁特許技監、弁理士。
 
大阪工業大学に日本で初めて設置された知的財産学部の初代学部長として、大学における知的財産専門教育の確立に貢献した。1974年の特許庁電子計算機業務課機械化企画室時代、特許審査システムのデータベース化案を「TOPAS」としてまとめ、のちの特許庁の審査の機械化システムの基礎を築いた。

 

【当日のテーマ(予定)】
1.はじめに
2.ドイツにおける近代特許制度の創設
3.ドイツ国民経済会議におけるシーメンスの功績
4.第2次産業革命時期におけるドイツと特許制度の関係
5.そこから学び取る、我が国が進むべき道、日本企業のあるべき姿
6.ドイツにおけるインダストリー4.0とIoTの未来世界
※ 適宜、質疑応答や討議時間を確保する予定です
※ 討議内容により、テーマが前後する場合があります。ご了承ください。
 
【その他】
参加料:無料(参加予約制、定員10名)
※定員がございますので、お早めにお申し込みください。
※定員を超えるお申し込みを頂いた場合、抽選にて受付させて頂きます。
 抽選の結果は、6月8日(月)頃にお送りさせて頂きます。
 
 

 - 特許

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

特許公報への直リンクと、特許公報の著作権

例えば、Googleがこんな特許を取りましたよー、とTwitterでつぶやきたい …

プロダクト・バイ・プロセス・クレーム 明確性要件に関する審査基準と今後の審査の進め方・判断

プロダクト・バイ・プロセス・クレーム(PBPクレーム)の最高裁判決が出て、知財業 …

特許のスコアリング・指標 ~特許の質評価・分析~

特許の評価(価値評価)と言う時、大きくは定性評価と定量評価に分かれ、定量評価の中 …

ベンチャー・スタートアップが特許を取る5つの意味と、効果的な特許の出し方

ベンチャー企業やスタートアップ、中小企業などは、目先の事業を拡大させるのが急務で …

STAP細胞、特許審査へ 登録の可能性は

STAP細胞の特許出願、いずれ取り下げられるか、少なくとも国内移行はされないだろ …

湯浅竜×IPFbiz ~知財教育と最強の知財マン~

対談シリーズ第13回目は、弁理士の湯浅竜さんです。前回の野崎さんからご紹介いただ …

カプコン対コーエー
カプコン対コーエーテクモ 戦国無双シリーズ特許訴訟 特許の内容

ゲームソフト「戦国無双」シリーズのシステムが特許を侵害しているとして、カプコンが …

3i研究会 中間報告

今日は、野崎さんのご招待で、3i研究会の中間報告会に参加してきました。3i研究会 …

特許情報フェアの歩き方

さて、来週はいよいよ特許フェアですね。特許フェア初心者の方のために、特許フェアの …

特許検索
中国韓国特許を無料で日本語調査する方法 ~中韓文献翻訳・検索システム~

IPDLからJ-PlatPatへとサービスが移転するなど、特許庁の情報基盤強化が …