IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

学問のすすめ 現代語訳 レビュー

      2014/08/21

「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」

あまりに有名な一節ですが、
諭吉さんは、なにも平等を問いたいわけではありません。 


つまり、人はみな同じ権利を持ち、
生まれによる身分の上下はない。

しかし、現実問題として、
賢い人も愚かな人もいる。
貧しい人も豊かな人も、社会的地位の高い人も低い人も。

この差はなにか。
理由ははっきりしていて、
賢い人と愚かな人との違いは、
学ぶか学ばないかによってできるもの
なのだ。


これが、諭吉さんの言いたいことです。

つまり、人は生まれたときには、貴賤や貧富の区別はない。
ただ、しっかり学問をして物事をよく知っているものは、
社会的地位が高く、豊かな人になり、 
学ばない人は貧乏で地位の低い人となる



そして、学問というのは、実用性のない学問ではなく、
普通の生活に役に立つ実学である。
そう続けています。

こうした学問をすることで、
個人的に独立し、家も、また国家も独立することができるのだと。

基本的な考え方は、今の世の中でも通用するものでしょう。
そして、現在の、自分における「普通の生活に役に立つ実学」とは何か、
考えてみる必要がありそうです。

 
この現代語訳、すごく読みやすい言葉で書いてくれているので、

まだ学問のすすめを読んだことがない人には、お薦めします。

学問のすすめ 現代語訳 (ちくま新書)
福澤 諭吉
筑摩書房
2009-02-09



 - 書評

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

61VPHU89nDL
自分メディアとかセルフブランディングとか

先日の企業法務戦士さんとの対談の後に、ブログのあり方について色々と考えました。 …

なぜ、日本の知財は儲からない ヘンリー幸田

日米知財の専門家で、エジソン研究家としても知られる、ヘンリー幸田氏の新書を読みま …

51-ZMyFkTwL
弁護士ドットコム 成功の要因

弁護士でありながら独立起業をし、マザーズ上場にまで「弁護士ドットコム」を成長させ …

proantipatent
IT分野の知財書籍 : ITを巡るプロパテント/アンチパテントの潮流

著者の小山田先生より、「ITを巡るプロパテント/アンチパテントの潮流」をご恵贈頂 …

システム開発紛争ハンドブック
システム開発紛争ハンドブック―発注から運用までの実務対応 レビュー

著者の一人である伊藤雅浩先生より、「システム開発紛争ハンドブック―発注から運用ま …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

なんだか最近、集中して長時間本を読めなくなってきている気がします。ビジネス部分的 …

電子書籍とWebマンガ

最近、電子書籍リーダーを買いました。小説やビジネス本や青空文庫やマンガなど、いろ …

本
今月読んだ本(ビジネス、知財、小説)

今月はVR特集でした。ビジネスVRを中心に取材しているジャーナリストのレポート。 …

51Lw+T5Aq1L
お金で買えるもの・買えないもの

2chにこんな有名なコピペがあります。 「お金より大切なものなんて無い。誰か反論 …

知財立国が危ない
知財立国が危ない/荒井寿光 レビュー

「知財立国が危ない」 日本企業は知財で勝って事業で負けるなどと叫ばれて久しいが、 …