IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

弁理士試験合格体験記 1年合格に向けて、ゼミの活用

      2014/08/21

先日の記事では公認会計士試験の合格体験記をアップしましたが、
同じように、弁理士試験の合格体験記も(5年前ですが、、)
作成・アップしておこうと思います。

何かのお役に立てば。 



1.弁理士を目指した理由と時期

元々は研究者を夢見て物理の勉強をしていましたが、やはり社会に出て実業界で働きたい、しかも技術知識をビジネスへ活かせる業界が良いと思い、知財業界のど真ん中に就職し、社会人2年目に弁理士試験の勉強を始めました。


2.LECを選んだ理由

いくつかの予備校を回りましたが、一番利用者が多そうかな、という理由でLECを選びました。
特段の理由が無ければ、マジョリティに入っておくのが間違いないでしょう。

ところで、最初に受講の相談・申込に行くのって、ちょっと勇気がいりますよね。
定期的に説明会をやっているので、タイミングが合えば、それに参加するのが気軽そうですね。


3.LECのカリキュラムの良かった点・活用方法

パッケージコースに入っている講義に加えて、Lゼミと短答ゼミを受講しました。
短期合格や勉強の継続を図る上では、ゼミの活用がポイントとなります。

私は入門講義が始まった直後から、Lゼミに参加しました。もちろん最初は答案の書き方も分からないうちから上級者に加わって勉強することになるのですが、結果的にはそれが良かったです。
始めのうちから経験のある勉強仲間ができ、最終的に到達すべき像をイメージすることもできます。
また勉強のモチベーションを保つためにも、ぜひゼミに入って、勉強仲間を作るのが良いと思います。


4.LECの教材(テキスト、問題集、レジュメ、模試など)の良かった点

教材や模試は、他の予備校とも適宜組み合わせましたが、
模試以外は、LECの一般教材のみで十分足りると思います。


5.LECの講師に指導されて良かった点

入門講義などインプットは佐藤卓也先生、ゼミなどアウトプットは納富先生に習いました。
素晴らしい組み合わせでした。


6.これから始める方へメッセージ

最近の弁理士試験合格者の平均年齢は、40歳に近づくほど上昇しているそうです。
知財業務経験をつんだ上で取得を目指すことが多い資格なので、安易に他資格と比べることは出来ませんが、やはりちょっと平均年齢が高すぎる気がします。

一方で、学生のうちから弁理士を取得する人も増えていて、二極化しているように思います。

知財業界で働く上で、やっぱり弁理士資格を持っていると、何かと有利です。
本業をしながらでも、しっかり頑張れば1年で合格できる資格なので、
若手で、知財業界に関係する人は、さっさと取得してしまうことをお勧めします。
=======================

具体的な勉強法などは、またの機会にまとめようと思います。

弁理士短答式攻略法
納冨 美和
法学書院
2011-09


 

 - 弁理士

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

キャリアアップ
弁理士の新しいキャリア

弁理士のキャリアの広がりについてと、新しい道を切り開く友人の応援。 弁理士 職業 …

弁理士会と公認会計士協会の連携

今年度から、日本弁理士会の委員会に、「公認会計士連携委員会」が設立されています。 …

花
独立開業してからの3か月を振り返って

今年の頭に特許会計事務所を独立開業してから、3か月が経過しました。無事に(?)、 …

勉強
社会人が働きながら勉強するコツ・方法

これまで、弁理士試験や公認会計士試験の対策などについて、それぞれバラバラと書いて …

納冨美和
LEC弁理士講師 納冨美和 ×IPFbiz ~弁理士試験 合格の秘訣~

今年から企画している対談シリーズ「○○×IPFbiz」ですが、 第1回の企業法務 …

弁理士試験合格者推移
弁理士試験最終合格発表 合格者数は385人と半減

弁理士試験の最終合格発表がありました。 合格された方は本当におめでとうございます …

bsLIG86_tukamiaubiz
税理士会と公認会計士協会は仲悪いのに、弁理士会と弁護士会は仲悪くない理由

ふと疑問に思ったので。何書いても、どちら側からか怒られそうですが、空気読まずに書 …

瀧田証×IPFbiz ~公認会計士と弁理士~

対談シリーズ第5回は、公認会計士で弁理士の瀧田証さんとの対談です。 公認会計士と …

勉強
弁理士試験勉強を始めるのに必要な教材と勉強法

弁理士試験では、知財法の体系的な知識と試験のノウハウが求められるため、市販の書籍 …

career
知財業界の就職・転職事情 文系出身者の悩み

前回の知財業界の就職・転職事情の続きです。 採用担当なりOB訪問なりをやっていて …