IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

日本版IFRSの是非

      2015/10/03


IFRS
日本版IFRSの草案
が公開されました。

 

日本版IFRS、
正式名称は「修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会による修正会計基準によって構成される会計基準)」で、英語表記の英語表記は「Japan’s Modified International Standards」から、「JMIS」と略されることになりそうです。

 

ピュアIFRSからエンドースメントされたものですが、IFRSの関係者からは、JMISはIFRSではないと明言されています。
IFRSとの違い・修正された点は、のれんと当期純損益の2つで、その箇所についてはASBJが策定した修正会計基準を適用するということです。

 

具体的には、
のれんについては、IFRSは「非償却」であるのに対して、修正会計基準では「償却」とする、
当期純損益(IFRSでは純損益)については、IFRSは「ノンリサイクリング」であるのに対し、修正会計基準は「リサイクリング」とする。
ということです。

 

M&A等の活動を活発にしていくには、のれんは非償却にすべき、という論調がありましたが、やはり日本の考え方には合わないのでしょうか。

 

元々、IFRSの趣旨は世界共通の会計の物差しを提供すること。

 

現在、世界では120か国以上がIFRSを採用しており、2008年のG20では単一で高品質な国際会計基準を作ることが提唱され、日本もそれに賛同しています。

 

日本ではすでに27社がIFRSを導入しており、16社が使う予定を発表しています。
水面下で検討している企業を合わせると、50~60社がIFRSに移行する可能性があるそうです。

大分導入が進んでいるのですが、大きな思惑としては、日本企業全体にIFRSを適用して欲しい。 

 

しかし、IFRSは日本基準と大きく異なる点も多く、これを日本企業に強制適用するには反対意見が多い。それでもIFRS導入に前向きな姿勢を示す必要もある、という葛藤の中で、エンドースメントされた日本企業向けのIFRSを作ろう、という流れだったと思います。

 

ところが、最終的にできた日本版IFRSであるJMISは、明確にIFRSではないと。

 

結局、日本企業が採用できる会計基準は、
日本基準、米国基準、ピュアIFRSと、日本版IFRSであるJMISの4つということになります。
共通の物差しどころか、かなり混乱してしまいそうです。

また、JMISを適用する企業が増えるほど、IFRSの導入はある意味遅れていくことになる矛盾もはらみます。

日本版IFRSの成立という「ニュース」をきっかけに、ピュアIFRSの適用が進むことが期待されているらしいですが、それだけだとすると、なんとも中途半端で無駄なものが出来てしまった、という感想が拭えません。

これから、JMISを適用する企業が出てくるのか、
あるいはこれをきっかけにIFRS適用企業が増えていくのか、
日本版IFRS作成の成果に注目します。 

 - 知財会計

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

知財融資 特許権による資金調達

知財融資、特許権などの知的財産権を担保とした資金調達が、にわかに盛り上がっている …

4-1-3.寄与率の考え方

損害賠償額_目次へ 102条3項における寄与率は、1項・2項とは多少話 …

パテントボックス制度とは? 目的と実体

パテントボックス制度について、諸外国で導入が続き、日本でもその導入が検討されてい …

IP Valuation松本浩一郎 × IPFbiz ~知財価値評価の専門家~

対談シリーズ第9回は、IP Valuation特許事務所で知財の価値評価を専門に …

岩下卓司×IPFbiz ~弁理士×税理士、特許会計事務所という形~

対談シリーズ第18回目は、弁理士・税理士の岩下卓司さんです。全国的にも非常に珍し …

評価人候補者制度とは? 知的財産価値評価推進センター

弁理士会の知的財産価値評価推進センターが取りまとめている、評価人候補者に登録申請 …

1-1.特許権侵害における金銭的請求

損害賠償額_目次へ 特許権侵害に対する民事的救済としては、差止請求(1 …

invention
職務発明規定改正「対価⇒報酬」による会計税務的影響・所得区分について

最近はTPPに押されてか報道が落ち着いていますが、職務発明規定の改正による税務的 …

工藤一郎
工藤一郎×IPFbiz ~YK値と特許価値評価~

対談シリーズ第11回目は、工藤一郎国際特許事務所、所長弁理士の工藤先生です。 工 …

知財移転価格にDCF法の共通ルール グローバルタックスマネジメントに終止符か

OECDの合意により、多国籍企業の知財移転価格について、日米欧主要国での共通ルー …