IPFbiz

知財・ 会計・ビジネスニュース

知財融資 特許権による資金調達

      2014/08/21

知財融資、特許権などの知的財産権を担保とした資金調達が、にわかに盛り上がっているように感じます。

 

気になったニュースをいくつかピックアップしておきます。




・千葉銀行、2014年5月に知財活用融資を開始、
特許の経済的な価値を反映させた三菱総合研究所の「企業特許レポート」を使って、融資先の企業を分析する。
6月に第一号として、三立機械工業に1,000万円の貸し出し。



・特許庁、地銀の融資多様化支援-知財ビジネス評価書など作成費を全額負担



・特許庁、地銀・信金と中小企業支援モデルを研究



・知財を活用した中小企業向け融資について
特許庁 中小企業・地域知財支援研究会



・金融機関等から見た企業の知的財産を 活用した資金調達に関する調査研究報告書 2013年2月



・2014年4月8日、シンガポールで知財担保融資のスキームが成立
CHANNEL NEWSASIAシンガポール特許庁は、企業の知的財産権を担保とした100万シンガポールドルの銀行借入スキームを構築した。知的財産権の評価はAmerican Appraisal、Consor Intellectual Asset Management、Deloitteを始めとして、認定された者が行う。当該スキームによる融資は、今年の第2四半期末から第3四半期初頭にかけて受け付けて2016年4月まで利用可能とし、その後はスキーム拡張のための見直しが行われる予定。





しかし、知財融資は新しいようで古い話題。
 
日本でのそもそもの始まりは、1995年に日本政策投資銀行が知的財産担保投資を導入したのが最初のはずです。

 

その後、少しずつ実績を積み上げながらも、参入する企業が移り変わり、知財融資や知財信託はだんだん盛り下がっていって、なんとなく失敗に終わった、というのが当時から関わっていた人の心証ではないかと思います。



色々とニュースは盛り上がっていますが、
知財融資の根本的な困難性には変わりありません。

 

それは、評価の難しさと、換価性の難しさ。
テクニカルな評価のスキームや、流動性のスキームは出来ても、本当にそれが知財をキーにして上手くいっているのか、判断が難しいところです。



国がサポートしながら、銀行が仕組みを作って、企業がそれに乗っかる。
ただ間に入っている重要なプレイヤーは、調査・評価・コンサル企業。
実はこういう企業がスキームを考えて各所を先導(煽動)しているのかな、と想像しています。

 

今後の動きが楽しみ。


 - 知財会計

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

特許権侵害訴訟における損害賠償額算定についての考察 (目次)

知財権と金銭評価が関わる領域は多々あるが、訴訟における損害賠償額の算定、特にその …

OECD
移転価格税制と知的財産の論点整理・解説(OECD、BEPS)

移転価格税制と知的財産の問題について、情報をまとめます。 誤りや、不足点、新しい …

特許価値評価
知的財産価値評価 概説 ~特許売買を例に~

1.知財価値評価とは 企業価値に占める無体財産の割合が高まり、知財の活用や流通の …

4-1-3.寄与率の考え方

損害賠償額_目次へ 102条3項における寄与率は、1項・2項とは多少話 …

知的財産権のBS資産計上について(特許権・具体例編)

前回は特許権の資産計上について、 その取得ルートに分けて説明をしてきました。 & …

iPodクリックホイールの特許権侵害 3億円の損害賠償額は妥当か

iPodのクリックホイール特許権侵害で、日本の発明家がAppleを訴えていた件で …

OECD
知財脱税対策 OECD

以前からOECDが知財取引価格に新ルールの適用を検討していましたが、これらの検討 …

4-2.近年の判例抽出(102条3項)

損害賠償額_目次へ 直近2年間ほどで、102条3項の損害賠償額が認定さ …

4-1-2.実施料率認定の考慮要素

損害賠償額_目次へ 実施料率の認定に当たっては、様々な要素が考慮される …

日本版IFRSの是非

日本版IFRSの草案が公開されました。 日本版IFRS、正式名称は「修 …